42件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市貝町議会 2019-05-10 06月10日-01号

この渡り鳥であるサシバ保護しようという気持ちは宮古島市民市貝町民もみんな同じです。私も交流都市調印式の後に、現地小学校を訪問して小学生たち交流をしてまいりました。本年は、市貝町の小学生12名、引率の教師4名が宮古島に行き、現地小学生交流をする計画ではありますが、その内容を伺います。 第2に、沖縄本島での平和教育の実施とはどのような内容であるのかを伺います。 

市貝町議会 2019-03-05 03月05日-02号

サミット開催期間は、5月24日から26日までの3日間で、第1日目の24日は来賓関係者との交流会、2日目の25日は小貝小学校体育館会場とし、東京大学名誉教授樋口広芳様による、題名はまだ仮でございますが、「サシバ渡り鳥が結ぶ人と自然」についての基調講演のほか、宮古島市、台湾、フィリピンなど、各地域からのサシバ保護研究報告パネルディスカッション等を行い、町長によるサミット宣言を行うこととなっています

市貝町議会 2018-12-06 12月06日-03号

サシバの問題の一番困るのは、サシバ絶滅危惧種で、渡り鳥なんですよ。これ、保護するというのは本当に大変なんですよ。今はいいですよ。これ、20年後、30年後どうなっていくかって考えてみてくださいよ。市貝の予算はたかだか45-6億円ですよ。これが膨大なやつを盛って、人口が減る、農業をやる人は少なくなる、どうするんだというときに、単純な発想だけでは済みませんよ。

市貝町議会 2018-12-05 12月05日-02号

サミットの第1日目、24日は、来賓関係者交流会を開催し、2日目の25日は、役場多目的ホールさわやか広場会場とし、東京大学名誉教授樋口広芳氏による(仮題)「渡り鳥が結ぶ人と自然」についての基調講演宮古島市、フィリピンなど、各地域からのサシバ保護研究報告パネルディスカッションを行い、町長による「サミット宣言2019」を行うこととなっております。 

市貝町議会 2018-11-01 12月04日-01号

渡り鳥ではできないです。ですから、こういった点で、本当によく町として専門のオオタカ基金とか野鳥の会とかいうのに頼らず、この町独自できちんとしたサシバ生息数やいろんな点も含めて調査して、確実な情報と自信を持って言えるような資料をつくっておいていただきたいのですが、最後にその点だけを伺って、終わります。 ○議長小泉栄一)  入野町長

市貝町議会 2017-07-31 09月05日-01号

きょうも幾度となくサシバという言葉をお聞きしましたけれども、渡り鳥でありますサシバが取り持つ縁ということで、宮古島姉妹都市を締結しようとしている市貝町であります。町としてそのサシバ繁殖についてどのような環境づくりをされているのかという点がまず1点であります。 町にはサシバ里守り人という組織がございます。サシバ里守り人はボランティアなんですね。

市貝町議会 2017-05-08 06月06日-01号

非常にサシバの縁というのが、本町にとりまして昔は飛んでいる鷹の仲間、当然これ渡り鳥でございます。そういう中で、今、本町で子育て真っ最中でございます。 私どもが昨年10月に町長を初め5人ほどで表敬訪問をさせていただいて、ぜひとも市貝町と姉妹都市を結んでいただけないでしょうかとこういう経緯の中で、10月に訪問して参ったわけでございます。

市貝町議会 2016-12-07 12月07日-02号

このように考えてまいりますと、サシバ渡り鳥のように、生まれ育ったふるさと子供たちを戻すことが最も理にかなった方策であると考えています。 市貝町には高校がないので、市貝中学校卒業式成人式で、将来子供を産み育てることができる世代と接する機会がございます。私たち親世代が熱くふるさと市貝を語ることができる貴重な機会です。

市貝町議会 2015-09-04 09月04日-02号

第2に、渡り鳥の飛来や生息地として保全が求められる地域では、水田乾田化を抑え、冬季水張り水田湿地保全し、レンゲソウを裏作に組み込み、養蜂との連携を図る地域を進めることです。地球温暖化によると見られる夏季の高温障害に対しては、4月、5月の田植え早期米稲作を6月田植えへの普通期作に戻すことなど、麦作等を加えた水田をフル活用した環境保全型農法の展開へと道を開くことであります。 

小山市議会 2015-02-23 02月23日-03号

ラムサール条約は、たくさんの渡り鳥、水鳥ですが、利用する湖や沼など、国際的に重要な湿地や、そこに暮らすさまざまな生き物を動植物の保全ということで守るための条約となっています。いわゆる適正な利用として賢明な活用の促進が目的ということになります。本州以南では、渡良瀬遊水地最大低層湿原です。トキ・コウノトリの野生復帰を掲げていますが、実際のところどのような方法を考え、現状はどうなっていますか。

小山市議会 2012-12-05 12月05日-04号

世界じゅうの湿地開発行為などで消えていく中、渡り鳥生息地関連諸国が協力して守ろうとする機運の高まりから、昭和46年、イランのラムサールで行われた会議でつくられた条約です。ラムサール条約は、ほぼ3年に1度開かれ、ことしの夏、7月、ルーマニアの首都ブカレストで第11回ラムサール条約締約国会議、COP11といいますが、開催され、そこで新たに日本の9カ所の登録地が追加決議されました。

栃木市議会 2011-12-01 12月01日-04号

そういった事細かな、今テレビでもしばらく、1カ月以上前になるかと思うのですけれども、ニュース番組の中で取り上げていた富士五湖周辺のカナダマガンというのですか、かなり大きな鳥で、これは渡り鳥ではないので、まだ見たことはないのですけれども、そうしたのが何羽か河口湖周辺にいて、かなりすごい食欲があるらしいのです、その鳥が。

栃木市議会 2011-09-09 09月09日-05号

これは、環境基本計画における記述、平成18年度追加版ですけれども、ラムサール条約湿地を初め、渡り鳥渡来地などとして重要な湿地については、国際的な視点に立って保全を推進しますという、これは河川法の一文でございます。ですから、ある部分では今の河川法でも環境保全は私は図れるのかなという気がするのですが、いかがでしょうか。 ○議長大川秀子君) 答弁をお願いします。  鈴木市長

市貝町議会 2011-09-06 09月06日-02号

渡り鳥でございまして、春に来て秋に帰ってしまうというようなことです。帰るといってもフィリピンバタン諸島とかインドネシアですか、そちらのほうに行って越冬するというような生態を持つ動物でございます。 そういったことで、宮古島のほうでは、以前食用としてとらえられたという経緯があったというようなことでございまして、ただ今は当然、禁猟でございまして全然とってはございません。 

鹿沼市議会 2011-03-09 平成23年第2回定例会(第2日 3月 9日)

南下してきた渡り鳥感染源になったと見られ、感染は全国どこでも起こり得るかつてない事態です。野鳥感染していないのかの監視はもちろん、全国的な防疫体制の強化や被害を受ける養鶏農家への補償などの支援が求められています。見過ごせないのは昨年末以来各地で相次いだカモハクチョウなどの野鳥感染に続いて、ことしになって養鶏農家での感染が全国的な広がりを見せています。

市貝町議会 2011-03-04 03月04日-02号

農産物等の販売に有利になるように、渡り鳥であるサシバが当町最大繁殖地としていることから、サシバブランドを確立するため、既存の市貝ブランド支援事業に加え、サシバ里商標登録事業を起こします。 また、厳しい地方経済の中で、中小企業が経営を継続できるように中小企業融資制度貸付金並びに中小企業融資保証料補助事業を引き続き実施します。