1049件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

壬生町議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月12日−03号

県道羽生田上蒲生線と主要地方道宇都宮・栃木線の交差点の渋滞、特に通勤時、帰宅時は羽生田側に車両が連なり、壬生インター、そしてインター北通りからの右左折がままならない状態で、さらに交差点内に無理やり進入しようとする車両も多く、宇都宮・栃木線の通行の妨げとなっております。  聞くところによると、県としても十分検討いただいているとのことですが、改めて渋滞解消に向けた県との連携を二点目に伺います。  

宇都宮市議会 2018-12-12 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日)

それから,通勤通学等で連なる柳田大橋の渋滞対策が,まず効果ない,これはそのとおりでありますし,それから鬼怒川越えの柳田大橋の渋滞対策と同時に,道路橋の架橋,それからですね,冬期のですね,降雪時など,大変心配なことがございます。したがって,あるいは,なんか事故が起きた場合の柳田大橋上の待避所の問題とかですね,詳細なものがほとんど出てまいりません。  

宇都宮市議会 2018-12-11 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日)

前回、現在、工事中である周辺の道路整備が完了することにより、交通の円滑化が図られるものと考えているとの答弁をいただきましたが、工事がある程度進んでいる現状と完成時の図面を合わせ見ると、お迎え渋滞が解消できるのか疑問を感じております。  

宇都宮市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日)

、先ほどお話ししたように、イベント、あるいは今後、ろまんちっく村の指定管理者と一緒に打ち合わせをしながら、地元のいろいろ観光も含めてさまざまなことを取り組んでいくということを、答弁をいただいたわけなんですが、周辺部についても、特にろまんちっく村については、進入路は、北側は国道293号、西側が新里街道ということになっているんですが、特に大きなイベントがあると、始まり、あと、終わったときなんかも結構、渋滞

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

次に、駐車場やトイレの状況など、今後の課題についてでありますが、交通関係につきましては、駐車場の一部有料化やシャトルバスの運行により、渋滞も緩和され、一時的に集中する時間帯を除き、良好に運営されております。  トイレにつきましては、女性専用仮設トイレを増設するなど、改善を図っております。  

宇都宮市議会 2018-09-12 平成30年建設常任委員会(第1日目 9月12日)

○委員(小平美智雄)  また意見をちょっと申し上げる前に,事実関係だけちょっと確認をさせていただきたいところがあるんですけれども,ちょっと交通麻痺に拍車がかかるというものは,たぶん,恐らく周辺道路を相当改良を進めて,交通渋滞が起こらないような対策のほうがとられているというふうな認識でおります。  ただ,この大谷のパーキングエリア側に設置をしたほうが費用が安いと。

宇都宮市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(第4日目 9月10日)

工事中の地域にお住まいの皆さんに対し、何の工事をしているのか、工事期間はどれくらいかかるのか、工事する時間帯はいつなのか、工事することによる影響はどれほどか、また、交通渋滞などの緩和策はどのようなことが考えられるのか、などを明確に表示、周知していかなければなりません。  特に、地域の住民や道路利用者が心配していることは交通渋滞であると考えます。

宇都宮市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日)

まず、宝木地区における山崎街道及び宇都宮環状線との交差点付近の渋滞緩和について伺います。  現在、山崎街道及び宇都宮環状線との交差点付近では、朝晩の通勤通学の時間帯で非常に渋滞しております。  平成27年第6回定例会で、仮称大谷スマートインターチェンジ開通に伴う周辺道路整備について一般質問をさせていただきました。

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

それで、悪いところは、言いますね、そうすると悪いところは「道路が悪い」、「狭い」、「段差」、「危険箇所」、「交通渋滞」、「坂が多い」、「バス本数が少ない」、「鹿沼駅が暗い」、「建物の数に地域差がある」、「自然災害が大きい」というようなことがありました。これもある意味で、鹿沼市の今の現状の核心を突いているのではないかなと思いました。若者の感性の鋭さというのを改めて感じました。  

宇都宮市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第2日目 9月 6日)

昭和40年代の後半ごろからマイカー時代の幕開けとともに、自動車が飛躍的に伸び、道路に自動車があふれてしまったことにより、交通渋滞の問題が取り沙汰されるようになりました。交通問題がまちづくりにとって、交通障害になってきたことと同時に、欠くことのできない課題になってきたと言えます。  

鹿沼市議会 2018-09-05 平成30年第4回定例会(第2日 9月 5日)

一方では、交通渋滞や関連店舗の進出、あるいは新住民の増加などといった課題も新たに出ています。  それらのことを課題とするのではなく、地域発展の可能性の要素として捉えることが重要になると思うのですが、すると、市としてのまちづくり、あるいは地域づくりの考え方がどうなっているのか確認したいと思いました。  最初の中項目は、総論として、北犬飼地区の整備状況について伺います。  

那須町議会 2018-09-04 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月04日−一般質問−03号

◎企画財政課長(大沼和彦君) 現在のところ那須高原スマートインターチェンジにつきましては、那須街道の渋滞緩和や大谷地内などへの観光施設へ向かう方に多く利用されており、ほぼほぼ観光がメーンなのかなと考えております。  私どももそういった意識でいましたけれども、改めてインターチェンジという社会資本でございますので、観光以外での視点も持つことが重要であると思います。

那須町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号

また、晩翠橋や那須街道の渋滞緩和にもつながる。また、那須町を訪れる人にとっても利便性が向上すると思われます。そして、最も期待したいのが、今話にもありましたが、移住者の増加であります。8月30日の下野新聞で、那須町の転出者が転入者を上回る人口社会動態のマイナスが継続しているという報道がされておりました。

宇都宮市議会 2018-06-20 平成30年建設常任委員会(第1日目 6月20日)

区画整理事業地内は抜けて,今,多くのスーパーなんかも,商店がすごく多く出店されていて,非常に居住区としても人気になっていますので,ぜひ,ちょっとこれ,国庫の補助のつきぐあいで,なかなかどこまで進められるか決まってしまうもので,なかなか思うとおりには進められないと思うんですけれども,継続して区画整理のほうを進めていただきたいと思うんですけれども,最近,住居が増えた要因もあって,周辺の道路環境が,ちょっと非常に渋滞

宇都宮市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第5日目 6月19日)

この総合スポーツゾーンが整備されることは、本市においても大変うれしいことではありますが、同時に、今後、施設の段階的な供用に伴い、さまざまなスポーツイベントが数多く開催されることになり、スポーツゾーン周辺の道路の交通渋滞が予想されるなど、地域住民の皆様からは不安の声も聞こえてきているところであります。  

宇都宮市議会 2018-06-18 平成30年第2回定例会(第4日目 6月18日)

今後は駅西側の再編が検討されると思いますが、観光地大谷周辺への利便性の強化や渋滞対策、高齢化による交通不便地域の解消から、バス路線の再編を早期にお願いしたいとの声が聞かれています。また、高校生の保護者の方たちからは、「鹿沼市の高校に通学しているが、バスを利用すると授業の開始時間に間に合わない。鹿沼市と連携を進めてほしい」との声を聞きました。