6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日 6月15日)

そういう意味で、なかなかこの問題、どこまでが悪質クレームなのかとか、いろいろ非常に難しい問題がありますけれども、また行政でもどこが対応するのかという、非常に難しい問題もあるのかもしれませんが、非常にこういう問題が社会問題化しているということも含めて、ちょっと皆さんも考えていただきたいということも含めて、また消費者行政も市役所でやっておりますし、消費者行政消費教育の中で、こういうものを取り上げることが

鹿沼市議会 2005-06-15 平成17年第4回定例会(第3日 6月15日)

次に、高齢者を対象とした消費教育についてでありますが、ことし、ただいま説明しましたように、消費生活センターと民生委員が連携し、高齢者実態調査時にリーフレットによる啓発を行います。また、老人クラブ等への出前講座、さらには独居高齢者認知症契約能力に疑問がある場合など、必要に応じて親族等に成年後見制度を説明するなど、トラブル防止に努めております。

鹿沼市議会 1998-09-10 平成10年第3回定例会(第3日 9月10日)

それは、消費者権利の確立ということでありまして、一つには、生命及び健康を害されない権利、二つ目は、適正な表示を行わせる権利、三つ目は、不当な取引条件を強制されず、不適正な取引行為を行わせない権利、四つ目は、不当に受けた被害から救済される権利、五つ目は、情報を速やかに提供される権利、六つ目は、消費教育を受ける権利となっております。

日光市議会 1967-06-22 06月22日-一般質問-05号

しかし、今回の東日本大震災を受けまして、当市だけでなく、全国的にもエネルギー教育環境教育消費教育などのさらなる充実が求められております。そこで、当市におきましては、校長会、教頭会などの機会に、日光市環境配慮率先行動計画を初め、国や県の節電取り組み方針を説明し、より一層努力するよう協力を依頼したところであります。

日光市議会 1955-03-06 03月06日-一般質問-06号

さらには、国の地方消費者行政活性化支援事業の活用による消費教育、啓発強化を目的とした詐欺防止啓発活動用のパンフレットやリーフレットの作成配布、そして議員ご提案の電話機周辺に張れる注意喚起や連絡先等のステッカーなどその作成、配布による啓発活動を実施するとともに、今市、日光両警察署及び消費者団体と連携し、有効的な啓発活動を繰り返し実施してまいりたいと考えております。ご理解をお願いいたします。  

  • 1