38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

益子町議会 2019-03-06 03月06日-議案説明・質疑-03号

2節衛生手数料につきましては、狂犬病予防注射済票交付手数料など4件の計上でございます。  3目農林手数料につきましては、科目存置でございます。  以上でございます。 ○議長(髙野美晴) 観光商工課長。 ◎観光商工課長(髙濱) 4目観光商工手数料につきましては、7,000円の計上でございます。煙火消費許可審査手数料として、手筒花火の審査1回分でございます。  以上です。

野木町議会 2017-09-15 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月15日−04号

また、牛に注射をするわけですが、1頭当たり240円で34頭に注射しましたためにそちら掛けた金額が全部で1万6,660円という形になります。 ○議長(鈴木孝昌君) 針谷武夫君。 ◆2番(針谷武夫君) ただいま牛ということなんですけれども、このほかに獣医師ということになれば、ほかの家畜、豚とかそういうものもあるのかと思うんですけれども、これというのは一応、予防ということでしょうか。

益子町議会 2017-09-07 09月07日-議案説明・質疑-03号

2節衛生手数料につきましては79万2,650円の収入で、狂犬病予防注射済票の交付手数料、犬の登録手数料でございます。  3目1節農林手数料につきましては、林業種苗生産事業者の申請手数料でございますが、収入はございませんでした。  以上です。 ○議長(髙野美晴) 観光商工課長。 ◎観光商工課長(髙濱) 4目1節観光商工手数料7,900円につきましては、煙火消費許可審査手数料1件分でございます。

野木町議会 2016-12-08 平成28年 12月 定例会(第8回)-12月08日−04号

それ以外の感染として以前は、輸血、集団予防接種注射器の使い回しによる感染がありましたが、現在は感染予防対策がとられ、ほとんど感染例はなくなってきております。しかし最近は、B型肝炎ウィルスが汗や唾液にも存在するとの研究もあり、まれに保育園での感染例も報告されております。そのため集団生活に入る前に予防することが必要と言われております。  

益子町議会 2016-09-08 09月08日-議案説明・質疑-04号

2節衛生手数料につきましては87万2,250円の収入で、狂犬病予防注射済票の交付の手数料や犬の登録手数料でございます。  続いて、3目農林手数料でございますが、18ページをお願いいたします。3目1節農林手数料につきましては、林業種苗生産事業者の審査手数料で計上いたしましたが、収入はございませんでした。  以上でございます。 ○副議長(髙野美晴) 観光商工課長

鹿沼市議会 2015-07-30 平成27年第4回定例会(第3日 7月30日)

まず過料を実施する部署につきましては、犬の登録、または狂犬病の予防注射を担当しております健康課が窓口となっております。  次に、過料に対する周知ということでありますが、市の条例には過料を付与することによりまして、抑止力の効果を期待することで、秩序罰として過料としたものであります。  あくまでも指導・勧告に従わない場合の最終手段として運用していきたいと考えております。  

鹿沼市議会 2014-09-11 平成26年第3回定例会(第3日 9月11日)

るということなので、やはり事故というのは起こるのだということをしっかり前提にした上で、やっていかなければいけないのかなと思うのですけれども、そういう意味では学校としてきちんとその緊急時の対応ということで、担任の先生はそういったことで今研修を受けたりとか、いろんな形で対応というのもあると思うのですけれども、当然担任の先生がいない場合なんかも想定されますので、本当にその緊急時、やはり誰もがアドレナリン自己注射

益子町議会 2014-09-05 09月05日-議案説明-04号

2節衛生手数料につきましては、狂犬病予防注射済票交付手数料並びに犬の登録手数料でございます。  3目1節農林手数料につきましては、林業種苗生産事業者審査手数料でございますが、収入はございませんでした。  以上でございます。 ○議長(黒子秀夫) 観光商工課長。 ◎観光商工課長(髙濱) 4目1節商工手数料7,900円につきましては、煙火消費許可審査手数料1件分でございます。  以上です。

野木町議会 2013-12-05 平成25年 12月 定例会(第7回)-12月05日−03号

幼稚園小学校、また小学校中学校の連携、専門医療機関との連携、また先生、生徒の連携を、また栄養士や調理員の連携などさまざまな連携を図りながら、食物アレルギーの正しい理解をするための基礎知識の習得、またアナフィラキシーショック症状を緩和するエピペン注射の実習講習会などさまざまな対策を考えた上で、マニュアル構築を考えていると思いますが、進捗状況についてお聞きします。  

益子町議会 2013-09-05 09月05日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

ただ、アレルギーについて、これは全国的にアナフィラキシーショックと、そういうことが起こったりすると、エピペンという医者に処方された注射、これを持っている子供が益子町にもいます。それで、そういったアナフィラキシーショックが起こった場合のエピペンの使い方、これについては教職員の研修を行っています。

鹿沼市議会 2013-06-13 平成25年第2回定例会(第3日 6月13日)

生徒や児童も含め、認識をしてもらうということが、またそういったいじめにつながったりとかする部分も軽減されると思いますし、そういったことでは、しっかりとした職員研修ということが大事になってくるのだと思うのですけれども、先ほどのお話ですと、職員研修ではなくて、研修会を行った、多分、養護教諭の方とかが戻ってきて、学校の中でまた先生のほうに研修会を行うというようなお話だったのですけれども、例えば、エピペンの注射

鹿沼市議会 2013-03-06 平成25年第1回定例会(第2日 3月 6日)

ごちそうさまの約30分後、女児は気持ちが悪いと訴え、担任は女児のランドセルからアナフィラキシーショックをやわらげる自己注射薬エピペンを取り出したが、女児が嫌がったため、打つのをちゅうちょした。結局校長がエピペンを打ったのはその10分後、まもなく到着した緊急隊員から心肺停止を告げられた。大変に悲しい結果となってしまった。

益子町議会 2012-09-07 09月07日-議案説明-04号

2節衛生手数料につきましては87万4,550円の収入でございますが、狂犬病予防注射済票交付手数料61万6,550円、それから犬の登録手数料25万8,000円となっております。  以上です。 ○議長(小杉守利) 農政課長。 ◎農政課長(櫻井) 3目産業観光手数料、1節農林手数料につきましては、歳入がございませんでした。  以上です。 ○議長(小杉守利) 観光商工課長

益子町議会 2011-09-08 09月08日-議案説明-05号

2節衛生手数料100万300円につきましては、犬の登録手数料及び狂犬病予防注射済み交付手数料でございます。  以上でございます。 ○議長(小杉守利) 産業観光課長。 ◎産業観光課長(高野) 3目産業観光手数料、1節の農林手数料につきましては歳入がございませんでした。2節商工手数料7,900円につきましては、煙火消費許可審査手数料でございます。  以上です。 ○議長(小杉守利) 健康福祉課長

益子町議会 2011-03-04 03月04日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

2節衛生手数料105万2,000円につきましては、犬の登録手数料130頭、狂犬病予防注射済票交付手数料1,200頭を見込んでおります。  以上でございます。 ○議長(仁平孝芳) 産業観光課長。 ◎産業観光課長(高野) 3目産業観光手数料につきましては8,000円の計上でございます。1節農林手数料でございますが、林業種苗生産事業者審査手数料としまして、科目存置でございます。

鹿沼市議会 2009-09-10 平成21年第6回定例会(第2日 9月10日)

ワクチン接種により、約5年間、免疫効果が持続すると言われておりますが、接種により、半数を超える人に、注射部位が強くはれるなどの副反応の出現が報告されております。  また、2回目の接種を行うと、さらに重篤な副反応が出現するため、我が国では、生涯で1回の接種のみしか、認められておらず、何歳の時点で接種をすればいいのかの判断が、任意の接種であるがゆえの、接種履歴の管理が難しいものと考えられます。  

  • 1
  • 2