15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

国土交通省は、堤防などの限界を超える集中豪雨が多発する現状を踏まえ、2017年に水防を改正、30項目以上の緊急行動計画をとりまとめるなど、ソフト面の対策に力を入れました。  内閣府が、2017年度にまとめた調査では、事業継続計画(BCP)策定済みの企業のうち、洪水を想定した計画があるのは、3割にとどまります。  

益子町議会 2017-12-07 12月07日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

13節委託料につきましては、水防の改正により、今月8日、あしたですが、公表となります小貝川の想定最大規模雨量による浸水想定区域の変更に伴うハザードマップの作成業務委託料を計上するものでございます。こちら150年に1度の確率で、最大想定雨量を今まで318ミリだったのを647ミリに想定するものでございます。  以上でございます。 ○議長(髙野美晴) 学校教育課長

野木町議会 2012-09-11 平成24年  9月 定例会(第5回)-09月11日−01号

この一部改正は、水防の一部改正により、水防協議会の法的根拠条文が議案書のとおり第33条であったものが第34条に改正されたためによるものであります。  附則として、この条例公布の日から施行するものであります。  参考資料として新旧対照表を添付しておきましたので、ご参照いただければと思います。  以上で説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。

鹿沼市議会 2012-09-03 平成24年第3回定例会(第1日 9月 3日)

議案第95号 鹿沼市水防協議会条例の一部改正につきましては、水防の一部改正に伴い、引用する同法の条項を整理するためのものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長(冨久田耕平君) 提案理由の説明は終わりました。  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。  お諮りいたします。明日4日から7日まで及び10日、11日を議案調査のため休会いたしたいと思いますがご異議ありませんか。  

鹿沼市議会 2008-09-11 平成20年第4回定例会(第4日 9月11日)

まず、任務についてでありますが、水防第3条により、市は、その区域における水防を十分に果たすべき責任を有することとなっており、本市水防計画では、水防団を置かず、消防機関が水防に当たることになっております。消防団の任務は、水防巡視及び水防作業に関することと明記されており、河川の水位の観測及び堤防の巡視並びに被害防止の各作業として土のう積みや木流し等を行っております。

鹿沼市議会 2008-09-09 平成20年第4回定例会(第2日 9月 9日)

洪水危険箇所につきましては、県が水防に基づき、黒川と思川の浸水想定区域を指定しております。土砂災害危険箇所につきましては、県が土砂災害危険箇所を公表しているほか、土砂災害防止法に基づき、土砂災害警戒区域を指定しております。  本市では、これらの危険箇所を市民に周知をするため、今年度中にハザードマップを作成し、来年の3月に市内全戸に配布をする予定となっております。

佐野市議会 2008-02-22 02月22日-議案説明・質疑・委員会付託・表決-01号

次に、議案第8号 佐野市水防協議会条例の改正についてでございますが、水防の改正に伴い所要の規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  次に、議案第9号 佐野職員育児休業等に関する条例等の改正についてでございますが、職員育児休業に係る規定を整備するため本条例を改正したいので、提案するものでございます。  

鹿沼市議会 2006-09-05 平成18年第5回定例会(第1日 9月 5日)

議案第127号 鹿沼市水防協議会条例の一部改正につきましては、水防の一部改正に伴い、引用条項を整理するためのものであります。  議案第128号 鹿沼市教育委員会委員の任命につきましては、本市教育委員会委員秋山康雄氏が平成18年10月4日をもって任期満了となるので、新たに中田義雄氏を任命するためのものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長(阿見英博君) 提案理由の説明は終わりました。  

鹿沼市議会 2005-09-15 平成17年第5回定例会(第3日 9月15日)

本市の水防計画は、水防第32条の規定に基づき水防上必要な具体的活用方法を定め、洪水等に際し適切、円滑な水防実施を期するために作成しております。水防活動に当たっては、この水防計画に基づき水防本部の設置、重要水防箇所や河川の水位標の監視及び警戒や水防資材の輸送等、関係機関と十分連携を図りながら、水防上の万全を期するものであります。  

  • 1