59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2022-09-07 令和 4年第3回定例会(第2日 9月 7日)

夏の気温上昇が毎年厳しくなる中、エアコン必須設備となっており、本市設置状況は、先ほど石川議員のほうでも答弁がありましたように、全普通教室では設置済み、残るは特別教室答弁がありましたが、屋内運動場設置計画は残念ながら今のところありません。  熱中症警戒アラートが出た場合、プールを初め、校庭や屋内運動場では運動は制限をされております。  

那須塩原市議会 2022-03-02 03月02日-03号

特に北半球の中・高緯度では顕著な気温上昇が見られます。 また、海面水位は海水の熱膨張や氷河や氷床の融解や流出により上昇しており、海洋内部の水温も上昇しています。 日本平均気温も年による変動が大きいものの長期的に上昇傾向で、100年当たり1.15℃の割合で上昇しており、世界平均を上回っています。また、日最高気温が35℃の猛暑日最低気温が25℃以上の熱帯夜の日数もそれぞれ増加傾向にあります。 

鹿沼市議会 2021-06-09 令和 3年第2回定例会(第2日 6月 9日)

持続可能な社会とは、人やものを大切にして、鹿沼の美しい自然の財産を次世代に引き継いでいく社会、そして、二酸化炭素排出抑制などの温暖化対策に取り組み、気温上昇を抑え、豪雨、その他の異常気象から市民の命や財産を守る社会であると考えております。  次に、鹿沼気候非常事態宣言の具体的な施策と予算についてお答えします。  

那須町議会 2021-06-07 06月07日-02号

通告文にありますとおり、気温上昇産業革命以前より2度を十分に下回る水準に抑えるという2度目標を達成するためには、日本において2040年までに14.5兆円、世界においては同じく2040年までに75兆ドルの投資が必要であるという試算があります。まずは、このような巨額の資金が気候変動を止めるために必要であることを認識するべきであると思います。 

那珂川町議会 2020-12-14 12月14日-04号

しかし、地球温暖化による気温上昇、生態系の変化で葛被害が起きる懸念を感じ、今回の質問を行いました。今後も森林整備、ぜひ行っていってほしいと考えます。 続いて、香害について質問を行います。柔軟剤などに含まれる人工的な香りで体調を崩す人は化学物質過敏症として知られ、全国自治体対応を強化しています。これは揮発性有機化合物による健康被害で、その患者数は急増しています。

足利市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

国連気候変動に関する政府間パネル特別報告書では、気温上昇を1.5度に抑えるためには、2050年までにCO2実質排出をゼロにする必要があるとされております。本市においてもCO2削減に向けた取組を強化するため、CO2排出実質ゼロを目指す旨の宣言を行うべきと考えますが、御所見をお聞きいたします。 ○副議長横山育男) 和泉 聡市長。   

那須塩原市議会 2020-12-03 12月03日-05号

2015年に合意されたパリ協定では「世界平均気温上昇産業革命前と比較して2度未満とし、1.5度に抑えるよう努力する」という目標が国際的に広く共有され、地球温暖化対策の新しい国際ルールパリ協定が今年からいよいよ実施段階に入りました。 近年は気象災害が頻発し、今まで経験したことのない記録的な大雨による水害など、地球温暖化影響による危機は全世界で高まっています。 

那須塩原市議会 2020-12-02 12月02日-04号

また、IPCC国連気候変動に関する政府間パネル特別報告書では、気温上昇を1.5度に抑えるためには、2050年頃にCO2排出量実質ゼロにする必要があると示されております。 このようなことから本市では、地球温暖化などの地球規模課題地域レベルで考え、これらの課題への理解や問題意識を深める契機として、2050年までにCO2排出量実質ゼロを目指して昨年12月に宣言しました。

矢板市議会 2020-11-30 11月30日-02号

2018年に公表されたIPCC国連気候変動に関する政府間パネル特別報告書で、気温上昇を2度よりもリスクの低い1.5度に抑えるためには、2050年までに二酸化炭素排出量実質ゼロにする必要があることが示されております。この目標達成に向け、小泉環境大臣から地方公共団体における重要性と広がりへの期待が表明され、2050年二酸化炭素排出実質ゼロへの参画が促されております。 

那須町議会 2020-05-29 05月29日-01号

なお、本定例会において、気温上昇により議場内が暑くなってくると思われますので、上着を脱ぐことを認めます。 △報告第1号の上程、説明、質疑 ○議長薄井博光君) 日程第3、報告第1号 令和年度那須一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。 報告内容説明を求めます。 町長。          

市貝町議会 2020-05-08 06月02日-01号

苦情等に対する自治体アンケート調査結果では、全554事業に対し、1番目は「土砂災害」で101事業、約18%と最も多く、2番目は「景観」で67事業、12%、3番目は「水の濁り」が52事業、9%、4番目は「反射光」で45事業、8%、5番目は「動物、植物、生態系への影響」が39事業、7%、6番目は「気温上昇が28事業、5%と続いております。苦情等があった項目は多岐にわたっております。 

那須塩原市議会 2020-03-04 03月04日-03号

何も対策を取らなければ、地球平均気温上昇は3℃を超え、あらゆる生態系に悪影響を及ぼします。既に、気候変動が暴風雨や災害、さらには紛争の原因となりかねない食料不足や水不足などの脅威を悪化させる要素を目の当たりにしています。 何もしなければ、すぐに対策を取った場合よりも多くのコストを被ることになります。

矢板市議会 2020-03-03 03月03日-02号

5番目、気温上昇や干ばつによる食料不足食料安全保障の問題、これ実は重要なんで、世界が貧困することによって食料不足とか農家で内戦とか、そういったリスクが高まり、国の安全保障にまで影響することになります。 6番目、水資源不足農業生産減少。 7番目、陸域、さらに川、湖の生態系とか生物多様性への影響。 8番目、海ですね。

下野市議会 2020-02-26 02月26日-04号

2015年11月に合意されましたパリ協定では、「産業革命前からの世界平均気温上昇幅を2度未満とする」目標が国際的に広く共有されるとともに、2018年10月に公表されましたIPCC国連気候変動に関する政府間パネルの1.5度特別報告書においては、「気温上昇を2度よりリスクの低い1.5度に抑えるためには、2050年までにCO2実質排出量をゼロにする必要がある」ことなどが示されたところです。