133件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

やっぱり人口とか、そういうのでも比例配分するので、横浜市が多いということで、何であんな都会の横浜市が一番多いのかなって、不思議に思うのですけれども、そういう意味では、変な話ですけれども、鹿沼市の木製品の販路拡大のチャンスというのもあるのかもしれないので、ぜひ、そちらも非常に頑張ってらっしゃると思うのですけれども、よろしくお願いをします。  

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

◆6番(森本彰伸議員) 先ほどの習熟度とちょっと比例しているのかなというふうに感じました。やはり好きだということは大切なんだなというふうに感じました。  今度は、その好き嫌いの部分で、これもやっぱり男女差というのはあるのかというのをちょっとお聞きしたいんですけれども、いかがでしょうか。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  教育長

市貝町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号

当町は東海村から50キロメートル離れており、放射線の強度が距離の2乗に比例して減衰すると言われておりましたが、東海村だけで4万人、5キロメートル圏内では6万人、さらに10キロメートル圏内になると30万人、そして20キロメートルとなると水戸市や日立市も入り75万人、30キロメートルでは100万人に近い住民が被害をこうむることになります。  

下野市議会 2018-02-26 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月26日−03号

現金で全て払っているかもしれませんけれども、あった場合、確定すれば比例配分での取り分となってしまうのかなということが考えられますが、本市の4,000万円、損害賠償ですね、訴訟費用に係る弁護士費用とまた強制執行の費用と全て合わせると四千ウン百万という金額になっていくと思いますので、うちのほうが一番多いのかどうかはわかりませんが、比例配分になるとその取り分としてどうなるのかなということで、もし四千数百万

那須塩原市議会 2017-12-01 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月01日−05号

◆7番(齊藤誠之議員) ここで年齢構成を聞きたかったのは、人口減少をどこの部分にクローズアップしているのかなということで聞きたかったということだったんですけれども、確かに人口減少は数値的には下がっていくというものは日本中どこでも考えていることなんですが、市営住宅の需要というものを果たして比例して考えていいものかどうかを改めてお聞きしたかったということでございますが、その辺についてはどう考えていらっしゃるか

那須塩原市議会 2017-11-29 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月29日−03号

当然、補助金をふやせば比例して定住者がふえるというような単純なものではないというふうにも思いますが、本市の考え方についてお伺いいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  企画部長。 ◎企画部長(藤田輝夫) 三世代同居の補助金額に対する本市の考え方というお尋ねだと思います。  

那須塩原市議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月06日−04号

総務部長(伴内照和) 自主防災組織の住民カバー率ということで、組織内のそれぞれの人口というものを精査しているところは正直持っておりませんが、215の自治会がございます、その中で自主防災組織を立ち上げているのが106ということでございます、率にしますと約49%台なんですが、人口比例するということではありませんけれども、基本的には、市民の半数はこの自主防災組織に何らかの形でかかわっているかなというふうには

那須町議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月05日−一般質問−03号

今那須町では1台が納入になっているかと思うのですけれども、その機能をふやすことによって、地区の対応力が高められて、いわゆる車両が11台ですか、それから小型が20台、その台数が比例するのではないかなという観点から今言ったわけです。それは、先ほど町長が言いましたように、分団でも考えていると思いますので、まさに機能性のよい分団編成をこれからも考えていただきたいと思います。  

那須町議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月06日−一般質問−03号

◆3番(高久淳平君) 農地の整備につながれば、比例して担い手の集積率が上がるということは言うまでもありません。ぜひ今後も、要望活動や制度運用の見直しを働きかけていただきたいと思います。  では、最後のテーマです。農業後継者対策であります。事前調査させていただきましたが、那須町の認定農業者は約280名であり、そのうち61歳以上が約50%であります。

那須塩原市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−06号

◆20番(山本はるひ議員) そういたしますと、市のほうでは年齢は、男女別はともかくとして年齢がこう変わっていく、上がっていくあるいは下がっているというのか、年齢別によって、それが業務をするうちの能力に比較して、それに比例しているというふうに考えての平準化なんですか。そこのところがよくわからないんですが。 ○議長中村芳隆議員) 答弁を求めます。  総務部長。

小山市議会 2017-02-28 平成29年  建設水道常任委員会-02月28日−01号

受益者負担金につきましては、管路の延長に比例しておりまして、今年度、管路につきましては、雨水を主にやっていたものですから、汚水管渠のほうが延長がちょっと短くなったもので、その分が減っております。  以上でございます。 ○篠﨑佳之委員長 山野井委員。 ◆山野井孝委員 予算だから、これからの話ですよね。 ○篠﨑佳之委員長 武関下水道課長

小山市議会 2017-02-17 平成29年  2月定例会(第1回)-02月17日−02号

都市近代化都市の構造の複雑化に比例し、災害事故の多様化及び大規模化、そして近年の自然災害の多発、気象環境の変化、住民ニーズの多様化等の変化により的確に対応し、市民生命、身体、財産を守る責務を全うし、市民生活の安全安心の向上及び市民パートナーシップによるまちづくりの推進として平成29年度に消防本部が掲げる重要事業の防災対策事業と消防力の強化についてお伺いをします。

鹿沼市議会 2016-12-19 平成28年第5回定例会(第5日12月19日)

地域づくり交付金」は、総額を市税収入の1%を目安とし、各地域への配分は、一定の額を各地域へ等しく等分する均等割りと地域人口面積に応じた比例割りを組み合わせる一方で、各地域の配分額に上限を設け、各地域づくり協議会で策定する地域づくり計画に基づいて執行することとしていて、21地区の地域づくり協議会へ交付しています。  

小山市議会 2016-09-12 平成28年  民生常任委員会-09月12日−03号

そうすると、医療費をどういうふうにして抑えるかということは、いろんなポイントでできるだけ検診をしてくださいと、いろいろ通知をしているのですが、なかなかそれがこの医療給付費に比例しないと、それを下げることができないということで、何かほかに対策があるのではないかと思うのです。