1982件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那珂川町議会 2021-06-14 06月14日-04号

一緒に避難する人の人数や災害時の死亡率の男女差があることを行政でも地域でも共通の認識としていただきたいと思います。那珂川市では昨年度より市民防災リーダー育成講座が始まりましたが、その目的についてお聞かせください。 ○議長高原隆則君) 川口市民生活部長。 ◎市民生活部長川口省二君) お答えいたします。

日光市議会 2021-06-11 06月11日-一般質問-03号

調査に当たっては、経済的な扶養可能性のほか、定期的な訪問、入院や手術の際の同意、死亡時の対応など、精神的支援経済面以外の対応についても確認することとしております。調査に対する回答のほとんどが、一切の支援を行えないまたは精神的支援や、経済面以外の対応は可能といったものであり、扶養親族から経済面での支援を受けているのは、本年4月末現在、被保護世帯607世帯うち13世帯であります。  

那珂川町議会 2021-06-11 06月11日-03号

新型コロナウイルス感染症に係る予防接種については、アナフィラキシー及びその他医師が予防接種との関連性が高いと認める症状であって、入院治療を必要とするもの、死亡、身体機能の障がいに至るもの、または死亡もしくは身体機能の障がいに至るおそれのあるものを積極的に報告することとされていますが、現時点においては、そのような報告はございません。

下野市議会 2021-06-07 06月07日-03号

2つ目緊急在学奨学金制度につきましては、申請を行う1年以内に、主たる家計支持者死亡、疾病、失職、被災等、やむを得ない事情により家計に著しい影響を受け、経済的な理由により修学の継続が困難になってしまった方を対象としております。また、償還につきましては、貸付金額により、貸付期間の2倍から2.5倍の期間を設定しております。 

下野市議会 2021-06-04 06月04日-02号

なお、令和2年の自転車が関係する死亡事故は12件発生し、うち11件が高齢者となっております。 本市における自転車が関係する交通事故発生件数は、令和元年が32件、令和2年は24件、令和3年においては5月末時点で7件の交通事故発生しており、うち1件は、高齢者が運転する自転車と自動車による死亡事故となっております。 

壬生町議会 2021-03-17 03月17日-03号

新型コロナウイルス感染拡大が続く中、死亡者や重症者を減らし、感染拡大防止目的としたワクチン接種が始まります。 1、ワクチン接種のスケジュールは、また、接種についての概要を伺います。 2、ワクチン接種における人員確保への考えを伺います。 3、直接、接種会場に来られない方への移動手段考えはありますか。 4、住民への周知をどのように行いますか。 

佐野市議会 2021-03-15 03月15日-委員長報告・質疑・討論・表決-05号

死亡者数も265万人に達しており、さらに拡大の様相を呈しております。日本では、感染者数44万7,000人、死亡者数8,500人に至ってしまいました。この新型コロナウイルスを抑止するためには、検査免疫治療の3大原則を見ることが必要だと言われておりますが、検査ではPCR検査抗原検査ができ、免疫ワクチンが各国で開発をされております。そして、世界中で接種が始まりました。

高根沢町議会 2021-03-12 03月12日-03号

コロナフレイルとは、高齢者コロナウイルスに感染すると重篤化し死亡率が高いといわれていることから、コロナ禍の中でひたすら自宅に閉じこもる方が多くなっている。こういった過度の行動自粛によって、加齢に伴い筋力や活力が徐々に低下し、介護が必要な状態へとなり、フレイルは健康と要介護の中間の虚弱状態をいいます。 コロナ禍における地域での支え合い事業現状。 

足利市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問-02号

新型コロナウイルスワクチン接種目的は、新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者発生をできるだけ減らすことであり、結果として新型コロナウイルス感染症蔓延防止を図ることが期待されております。令和3年4月から始まる予定の高齢者へのワクチン接種について、公共施設集団接種医療機関での個別接種を中心に、会場選定等準備が必要でございます。  

那須塩原市議会 2021-03-05 03月05日-06号

(2)出生、死亡数の推移についてはどのような状況にあるか。 (3)とちぎ結婚支援センター那須塩原利用状況と成果について伺う。 (4)財政へ影響は出ているか。 (5)今後の対策をどのように考えているか。 よろしくお願いします。 ○議長吉成伸一議員) 答弁を求めます。 企画部長。 ◎企画部長小出浩美) 3の人口ビジョンについて、順次お答えいたします。

栃木市議会 2021-03-03 03月03日-03号

昨年10月30日付、台風19号関連状況報告(第86報)の最新報告によりますと、本市における人的被害は、死亡1名、重傷2名、住家被害は、床下浸水4,016世帯床上浸水3,961世帯土砂災害など26世帯、市全体で8,003世帯に上りました。うち、全壊が14世帯、大規模半壊96世帯半壊2,751世帯であり、大部分が栃木地域大平地域に集中しております。  ここで、お伺いいたします。

那須町議会 2021-03-03 03月03日-03号

インフルエンザ予防接種につきましては、定期接種として高齢者肺炎等合併症による重症化防止死亡者数減少、また子供においては蔓延防止脳症等合併症予防の観点から助成を行っているところでございます。重度心身障がい者全員がいわゆるハイリスク郡とされていないことから、障がいをお持ちであっても16歳以上65歳未満の障がい者へ助成する考えといったものは、今のところございません。 以上です。

栃木市議会 2021-03-02 03月02日-02号

平成28年度の厚生労働省調査において、虐待死亡した児童のうち、何とその65%がゼロ歳児となっています。意外なことにゼロ歳児が最も犠牲となっているのです。ですから、虐待を未然に防ぐための手段として、産後のお母さんをしっかりとサポートすることが最も効果的であると考えます。  本市においては、EPDS、エジンバラ問診の方法で産婦の精神状態の確認を行っております。

那須塩原市議会 2021-03-02 03月02日-03号

世界ではがん死亡率が、本当減少しているんですね、世界で。日本では、がん死亡率がどんどん増えているんですね。これはすごい現象ですね。 アメリカのスピッツ博士電気技師父親を持つ子供神経細胞発現率は、通常の11.75倍だったと。それからスウェーデン、ノーデストロング博士が、高圧線の変電所で働く父親子供先天異常児が多いと、親も脳腫瘍が13倍もあったと。 

下野市議会 2021-03-01 03月01日-04号

ワクチン接種につきましては、新型コロナウイルス感染症による死亡者や重症者発生をできる限り減らし、新型コロナウイルス感染症蔓延防止を図ることが目的であります。また、新型コロナウイルスワクチン接種事業につきましては、予防接種法附則第7条の特例規定に基づき、定期接種とみなして実施するものでありまして、接種費用に係る国及び県の負担規定を除いて同法の各規定が適用されることとなります。 

さくら市議会 2021-02-24 02月24日-02号

アンケート集計については、256名に配布した結果、8名が住所不在死亡等による返却となり、回収は133名で、回収率は53.6%でありました。 次に、今回のアンケート調査によって改めて把握できた本地区の現状について、また、今後のまちづくり計画において特に重要視しなければならないと思われる回答について、順にお示しさせていただきます。