81件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2022-09-08 09月08日-05号

また、度々市長もよく御紹介いただいているところでございますが、森林二酸化炭素吸収の割合でございますが、間伐などの手入れがされている、人工林が主に吸収量が大きいそうでございますが、その中でも樹齢の11年から40年までの比較的若い樹木がより多く二酸化炭素吸収するというふうな答えがこれ、示されております。 

大田原市議会 2021-09-10 09月10日-04号

屋根瓦が吹き飛ばされたり、トタン屋根が持っていかれたり、与一の里おおたわら名木101選の宇田川温泉神社のサワラ、これ報道では樹齢200年となっているのですが、平成の初めにつくったので約200年となっていますから、もしかしたら250年ぐらいあったのかもしれないです。これが倒れたり、若草では民家の中に防風林主屋を直撃しているところもあったりして、回ってみると言葉を失ってしまうような状況です。

那須町議会 2021-06-07 06月07日-02号

現在樹齢約60年を超える杉、ヒノキが植栽されているところでございます。この伐採につきましては、町有林伐採計画により町森林組合を通じまして、一般木材市場に出荷して町の歳入にしている、これが現状でございます。 ご質問町内建築事業者に供給することでございますけれども、現在の木材の流通を考えました場合に町が町内建設事業者に直接供給することは、ちょっと難しいものと考えているところでございます。

高根沢町議会 2021-06-01 06月01日-02号

園地現状を見ると、主要品種の移り変わりに伴い、栽培樹樹齢に幅はあるものの、30年を超えた経済樹齢老木園が増加しておりますので、協議会として担い手への園地集積集約化に向けて、栃木県農地中間管理機構を活用しながら園地維持支援するとともに、改植に係る費用助成を行う国庫補助事業果樹経営支援対策事業を活用した支援を行ってまいります。 

足利市議会 2021-03-10 03月10日-一般質問-02号

損害額は7億8,300万円で、植林されていた木々は樹齢40年から60年ほどの建築材で、本市では2億1,500万円の損害でありました。  また、令和元年10月12日には、令和元年東日本台風の大雨により住宅への浸水や冠水、土砂崩れなど大きな被害が発生いたしました。本市におきましては1947年、昭和22年9月に発生したカスリーン台風以来の大きな被害を被ったわけであります。災害は、忘れた頃にやってくる。

佐野市議会 2021-02-25 02月25日-一般質問-03号

そして、校門のところにそびえ立った大木は、樹齢およそ125年のクスノキであります。根元を見てみますと、こんな感じです。この太さであります。これが50年前以前に枯れかかったそうであります。枯らしてなるものかと養生すべく根元を発掘したそうであります。そうしたら何と洪水氾濫時の扇状地が一帯から発見されたそうであります。今も昔も洪水時の水の流れは変わらない。

さくら市議会 2021-02-25 02月25日-03号

これまで地域のシンボルとしてきた樹齢100年になる巨木に代わりまして、しばらくの間は若木となりますが、歩道や沿路も設置され、より広大となったスペースを生かしていくためにも、植樹帯に草花を配するほか、斜面景観形成を図ります。併せて、周辺に駐車場、あるいは憩えるスポットを追加整備することも考えて取り組んでまいります。 

塩谷町議会 2020-12-07 12月07日-02号

◆9番(橋本巖君) それじゃ、庁舎建設に関するあれなんですけれども、それぞれ木材の利用についてはいろいろどこどこに使う、どこどこに使う、天井とか、吹き抜け、本体の吹き抜けだとか、天井、床、内装、それから躯体内装という形で約50%の材木を使うという、町産材を使うということなんですが、これはそれぞれその構築物に使う材料というのはそれぞれ樹齢があるんだと思うんですけれども、大体その樹齢何年もののやつを使

大田原市議会 2020-12-04 12月04日-04号

そして、那須神社境内には樹齢450年とも言われるご神木をはじめとする杉並木が建ち並んでおります。また、神橋の南方東側に据えられた石造の手水舟、拝殿前の石灯籠は芭蕉が訪れた際に実際に目にした歴史的な風致景観を今に伝えるもので、往時の荘厳な雰囲気を感じさせることができます。  しかし、現在では社殿群の多くが経年による軸組の弛緩や極彩色の退色、剥落、彫りものの劣化、欠損などがかなり進行している状態です。

大田原市議会 2020-12-03 12月03日-03号

施設に入るかどうか分からないのですけれども、学校内に植えてある桜の木とか、そういった庭木といいますか、そういった木も結構老木になっているのではないかなということで、ソメイヨシノの木ですと、やはり樹齢30年から40年ぐらいがピークで、そのあとはだんだん枯れていくとは言わないのですけれども、減退傾向になっていくということも言われておりまして、そういった木なんかもその計画に入るのでしょうか。

那須塩原市議会 2020-12-02 12月02日-04号

御存じのとおり、森林樹木樹齢が若ければ若いほどCO2吸収力が高くなり、だんだんと吸収力が減ってきます。森を循環するために間伐あと皆伐など必要となりますが、森林に対してこのCO2削減に向けて、現在の森林対応あと今後の対応、どういうふうなことを考えているか、お伺いいたします。 ○議長吉成伸一議員) 答弁を求めます。 気候変動対策局長

大田原市議会 2019-09-05 09月05日-03号

1、小中学校校庭の桜など樹木樹齢分布について伺います。  2として、学校校庭及び隣接する道路などを考慮した樹木の植えかえ計画があるか伺います。よろしくお願いします。 ○議長高野礼子君) 教育部長。 ◎教育部長斎藤達朗君) 質問事項の3、小中学校の桜などの樹木老木化及び植えかえについてのうち、(1)、小中学校校庭の桜など、樹木樹齢分布についてとのご質問にお答えをいたします。  

さくら市議会 2019-06-06 06月06日-03号

この春は天候の影響で1週間以上満開が保たれておりまして、樹齢を考えるとこれほど多くの花がつくものかと、その光景には感激をいたしておりました。 この後、大改修については決定をしておりまして、検討の中では勢いのある何本かを残すことができないか、道路の法線や工事の方法などについて検討をお願いしてきているという経緯もございます。