29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

栃木市議会 2017-09-06 09月06日-03号

また、都市計画マスタープランでは田園環境と調和した新たな定住拠点として、また栃木南部地域整備基本計画では住宅地公共公益施設整備を推進する地域として位置づけられておりまして、今回整備されたとちぎメディカルセンターしもつがなどの医療施設教育あるいは福祉施設施設とした整備を進めていく地域であります。

栃木市議会 2015-12-01 12月01日-02号

また、平成8年に旧栃木市と旧大平町、それから栃木県の3者により栃木南部地域整備推進協議会を組織いたしまして、平成11年には高等教育施設文化施設医療福祉施設などの公共公益施設施設に位置づけることなどを盛り込んだ、ただいま議員からご紹介のありました栃木南部地域整備基本計画を策定したところでございます。

日光市議会 2015-09-24 09月24日-一般質問-05号

この事業への批判的ご意見は、ゲートタウンづくり施設になり得る事業内容なのか、事業展開を図るに当たり、面積が狭くて、立地場所として適していない、船村徹記念館活性化できるのかなどさまざまでした。  この事業は、まちなかはこのままではどうにもならないのだと、何か活性化につながるものはできないものかと強い地元要望から始まり、やっと実現した事業であり、失敗は許されない現実があります。

小山市議会 2015-06-10 06月10日-02号

駅西のあるべき姿、構想等について必要ではないかというご質問だと思いますが、現在ロブレ対策については庁内一丸となって新たな施設の導入ということで検討しているところでございますが、あわせまして、駅西構想ということでございますけれども、これにつきましては、平成18年に地元商店街自治会あるいは学識経験者議員、何名かで構成していただきまして、小山駅西口街なか居住推進懇談会というものを立ち上げていただきまして

栃木市議会 2014-09-25 09月25日-06号

次に、陳情第8号 原子力発電所および施設廃止海外諸国への輸出廃止を求める陳情書であります。  審査の過程では、陳情書を不採択とすべき立場から、地球温暖化ガスの増加による気温の上昇により、天候異変が起きている。原子炉停止以前と比較し、CO2の排出量が2,000万トンから4,000万トンも増えているとのデータがある。

栃木市議会 2012-02-28 02月28日-02号

栃木市において、中心市街地活性化基本計画の策定こそ、本市商業再生には必要でないかと考えますし、市長のマニフェストにもございます、「中心市街地施設となる共同住宅と、商店コミュニティ施設が一体となったテナントミックス施設整備促進を目指し、シンボリックシティー構想未来型ニュータウン構想を」という一節がございます。

栃木市議会 2011-09-07 09月07日-03号

この施設が今後どのような、機能分担をしておりますので、特段これが今後肥大化するということは基本的にあり得ないとは思うのですが、それはそれとして、議員のご懸念のようなこともあろうかと思いますが、地域の今後の整備計画を定める中で、そこら辺も視野に入れまして検討はしてまいりたいと考えております。 ○議長大川秀子君) 海老原議員。               

真岡市議会 2010-09-13 09月13日-02号

選定事業者には、施設の効果的、効率的な設計、建設運営を行うことにより、地域農林水産業地域活性化施設として市の発展に大きく寄与する施設整備した。  本市におきましても、今回の計画されている真岡市総合運動公園整備運営維持管理PFI事業として取り組むのか。また、できない場合は、なぜできないのかお伺いをします。  3つ目になります。

栃木市議会 2010-09-08 09月08日-03号

その魅力ある中心市街地行政が一事業を支援するという立場でなく、新生栃木における中心市街地のシンボル的な施設の再活用を図ることにより、活力あるまちづくりを継続していくという視点で行政の支援を求めるものであります。  このようなことから早急に栃木店施設活用について取り組むべきと思いますが、市長はどのようにお考えになっていますか、お伺いいたします。

さくら市議会 2007-09-06 09月06日-03号

しかしながら、農協の組織再編によりまして、それまで中心部の1つの施設でもあった喜連川の支所が地区センターとして統合したことによりまして、市街地活力低下が懸念されて、去る8月8日に喜連川商工会、21商業まちづくり委員会スリーバードマーケット実行委員会の三者連名によりまして、まちづくり活性化要望書が提出をされたところであります。 

鹿沼市議会 2005-12-07 平成17年第6回定例会(第2日12月 7日)

また、中心市街地においては、市街地への来訪者や集客の施設として、高齢者の利用しやすい店として、その役割は大きいものがあります。また地元商店街との共存については、多くは地元商店会の一員として街路灯など商業環境整備に協力をしていただいているとともに、テナントとして地元商店も多く出店しております。

  • 1
  • 2