264件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

それで、古峰原線はそこそこバスが通っているので、1時間に1本くらいはあるので、東武鉄道とリーバスを活用して、古峯神社から横根山まで行くのは、よほどの健脚の人ではないとなかなか行けないのですよね。  だから、あそこを何か、ハイシーズン、土日だけでも、ちょっと検討するといいのではないかなというふうには思います。  それと、これは再質問で1つ、2つぐらい聞きたいのですけれども。  

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

今、ご指摘があったように、まさに、やっぱり東武日光線の問題だろうというふうに思っています。  多くの皆さんから、再三指摘はされます。「もうちょっと早い電車があればいい」、そして「スペーシアが、せめて午後9時発の、浅草発のがあれば、もう少し東京で用を足して」。 ○16番 増渕靖弘 議員  午後9時ありますよ。 ○佐藤 信 市長  10時か。 ○16番 増渕靖弘 議員  9時あります。

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

また、スーパーマーケットに近く、東武新鹿沼駅から徒歩でアクセスできるなど、車を持っていない首都圏在住の方にも利用しやすい環境に位置しています。  次に、行政のサポート体制についてでありますが、仕事を探している方には、求人情報企業情報を提供し、お住まいを探している方には、空き家や空き店舗、不動産事業者の物件情報を提供するなど、利用者のニーズに応じた支援を行っております。  

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

当町の公共交通機関は、下館駅と茂木駅を結ぶ真岡鐵道真岡線と、宇都宮市の作新学園と茂木駅を結ぶJRバス東武宇都宮駅と益子駅を結ぶ東野バス、市貝温泉と烏山駅を結ぶ那須烏山市営バスが運行されています。次世代路面電車LRTは今年度着工しまして、JRの宇都宮駅から、東口から芳賀工業団地までの工事を進めております。

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

では、次に、東武日光線西側沿線地区の振興についてであります。  東武線が南北に通り、それを並行するように、小藪川が流れております。  東側は、住宅地がひしめき合っておりますが、西側を見てみますと、新鹿沼駅周辺は開発が進み、住宅が立ち並ぶようになってきました。  また、その南側ですけれども、その南から、その南押原地区にかけては田園風景と山並みがあり、多くの堰等が点在しているのがうかがえます。  

壬生町議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−03号

町内では東武鉄道おもちゃのまち駅から獨協医科大を結ぶバス路線がありますが、それ以外の公共交通機関としてはデマンドタクシーみぶまるがあるだけです。町内で高齢者や外出に助けが必要な方々の交通権保障する手段として巡回バスを求める声もありますが、それだけではなくて、デマンドタクシーみぶまるの充実は喫緊の課題です。  町内のデマンドタクシーみぶまるの利用者数は現在年間約9,000人と聞いております。

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

東京電力ホールディングス株式会社鬼怒川発電所、塩原発電所、塩谷発電所発電停止となっており、鉄道においては、東武日光線は下小代駅の土砂流入、新鹿沼駅‐北鹿沼駅間の盛り土流出、新鹿沼駅‐下今市駅間での運休になりました。  また、東日本大震災の教訓を取り入れて、2014年に竣工したばかりの常総市役所本庁舎が浸水したのをはじめ、全半壊家屋5,000棟以上という甚大な被害を受けました。  

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

まず、現在実施中の都市計画道路3・4・201号鹿沼中央通りの概要と目的についてでありますが、都市計画道路3・4・201号鹿沼中央通りは、現在市道0020号線の道路整備事業として実施しており、黒川の東側に位置し、東武駅前通りから県道鹿沼環状線までの約1.6キロメートル、幅員23.5メートルの幹線道路であります。  

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

また空き家率は市全体で4.5%となっており、板荷・西大芦・粕尾・永野地区では10%を超え、反対に、菊沢・北押原・北犬飼・東武台地区では2%未満となっております。  平成29年度からの2巡目の実態調査を行った西大芦・加蘇・南摩地区におきましては、前回調査と比べ、いずれの地区でも空き家数が増加していることから、今年度以降の調査地区でも空き家数は増加しているものと予想をいたしております。  

壬生町議会 2018-06-06 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月06日−03号

一点目、東武鉄道との連携ツアーなども報じられていましたが、本町観光事業の進捗状況、民間も含めた観光施設の利用状況、観光宿泊施設の集客状況、昨年、県内最大規模のホテルもオープンしました。これらの現状を伺います。  二点目、観光ボランティア、壬力の町ガイドボランティアの会等の組織形態と活動状況を伺います。  三点目、観光メニューの拡大、拡充、新たな拠点づくりやPR等、展望を伺います。  

壬生町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−02号

次に、第三点目の高齢者などの交通弱者が東武宇都宮線を利用する際、4駅にエレベーターなどのバリアフリー化が必要不可欠であると思われるが、現在の具体的な進捗状況についてでございますが、まずバリアフリー法に基づく、移動等円滑化の促進に関する基本方針では、1日平均利用者数3,000人以上の駅を原則として、全てバリアフリー化することが目標となっております。  

野木町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月08日−02号

次に、首都圏への通勤の補助なんですけれども、小山市でも先月からですか、新幹線を使った首都圏への通勤ということで、月額1万円を上限に補助を出すということで、あるいは栃木市においても、東武鉄道の特急を利用した場合の補助というものを出しております。  野木町でもJR宇都宮線を使って首都圏に通う皆様に何かそういった対応ができないかと思うんですが、いかがでしょうか。 ○議長(鈴木孝昌君) 産業課長

鹿沼市議会 2017-09-25 平成29年第3回定例会(第5日 9月25日)

4、まちなか(中心市街地)居住の推進、空き家の積極活用、中心市街地でのCCRC構想、東武新鹿沼駅周辺の開発なども検討すべきです。  5、災害地域の明確化(居住誘導地域からの除外)により、災害に強いまちづくりを進めることが必要です。  続いて、市街化区域以外の地域における集落機能維持についてです。  

鹿沼市議会 2017-09-08 平成29年第3回定例会(第4日 9月 8日)

そうするとアクセスもいいし、日光市栃木市、そういう東武沿線からも生徒さんに来ていただいて、それでその人たちが鹿沼市の病院やこの上都賀郡のいろいろなところの施設に再就職というか、就職できれば、両方ウィンウィンの形になるのではないかと思います。  そこら辺の、4番の定着率とか、准看護師育成も踏まえて、鹿沼市の投資的な形で市長のほうで答弁をいただきたいのですね。

那須塩原市議会 2017-09-04 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月04日−02号

次に、(2)東武鉄道が26年ぶりに新型特急車両「リバティ」を2017年4月21日から運行を開始しました。上三依塩原温泉口駅に停車する運行が始まり4カ月が過ぎましたが、次の点についてお伺いをいたします。  @「リバティ」による上三依塩原温泉口駅の乗降客数についてお伺いをいたします。  Aゆ〜バスとの接続連携による塩原温泉への誘客・誘導についての実績をお伺いをいたします。

鹿沼市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第3日 6月15日)

縦軸では東武線で栃木市日光市に挟まれております。その中で、鹿沼市に住むと、鹿沼市内での田舎暮らしを楽しめるだけではなくて、はっきり言いまして、栃木県北部は那須町があったり、日光市があったりして、隣は宇都宮市で、下は栃木市ということで、あるいは佐野市の佐野プレミアム・アウトレットなど、鹿沼市では大変にそこを拠点にして楽しめる地域であるということなのですね。

鹿沼市議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第2日 6月14日)

東武鉄道市内各駅とJR鹿沼駅の乗降客も見てみましたら、やっぱり平成25年ごろをピークにして、やっぱりその後は新鹿沼駅なんかでも、新鹿沼駅だけはちょっと増えていますけれども、東武日光線の利用者、樅山駅とか、北鹿沼駅とか、楡木駅とかを含めると、やっぱり東武日光線も落ちている、JR日光線の利用者も落ちています。  その中で、交通弱者に対する足の確保ということで、大変重要な役割を担っていると思います。  

那須塩原市議会 2017-02-28 平成29年  3月 定例会(第1回)-02月28日−03号

昨日の会派代表質問でも出ました、東武鉄道を利用して三依から塩原温泉観光客を誘致するお話がありましたが、公共交通を利用して訪れた観光客は、どのようにして温泉街を十分に楽しむことができるのでしょうか。安全に歩ける歩道が温泉街から離れた遊歩道やバイパスにメーンにあって、温泉街の中に安心して歩ける道がないというのは、大きな課題ではないのでしょうか、お伺いします。