14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

佐野市議会 2018-02-28 02月28日-一般質問-03号

総合政策部長加藤栄作) 初めに、旧野上小学校跡地活用についてでございますが、プロポーザル方式で特定した民間事業者につきましては、東京区に所在する株式会社プレストでございます。当該事業者は、農産物の生産、加工、販売、生産指導及び不動産関係の仕事をしている会社でございます。今回の跡地活用に当たり、実績のあるキクラゲ専門業者業務提携のもと、本事業を実施いたします。  

野木町議会 2017-03-08 03月08日-04号

私も、我が家が貧しく極貧生活を強いられましたので、大学に行くお金がなく、東京区浜松町の新聞店に住み込み、両親の学は光なりとの期待を一身に受け、朝夕刊の配達で学費と生活費を稼ぎました。入学金16万円の小切手と引きかえに、これからの4年間、私の体を朝日新聞奨学会に預けた、むしろ捧げたとの思いは鮮明に覚えております。

野木町議会 2015-12-04 12月04日-02号

余談ですが、東京のそのあたりの高潮予防のためのところにもお聞きしましたところ、それは基本的には東京都が管轄しているんだと思いますが、そこも今まで何十年やってきて、こういう理由でとまったことは一度もありませんということなんですね。ですから、野木町はほかのところではありえないような理由でとまってしまった。

佐野市議会 2015-06-11 06月11日-一般質問-04号

本市は、東北自動車道北関東自動車道などの広域交通結節点にあり、特に東京までは約80キロ圏内に位置しております。また、高速道路網の整備により常陸那珂港や新潟港へのアクセスも格段によくなっております。その特色である立地条件を最大限に生かす佐野インランドポートを整備することで貨物の集積が図られ、物流を軸とした交流拠点が形成されるものと考えております。  以上でございます。

佐野市議会 2012-12-11 12月11日-一般質問-03号

次に、前に戻りますが、「インランドポート通信」の第3回、「コンテナ貨物取り扱い量は、東京が国内の港で一番多く、コンテナを運ぶトレーラーで東京入り口周辺では毎日渋滞しており、効率的なコンテナ貨物輸送ができていない状況です。そこで、コンテナ貨物輸送効率化に貢献できるものとして内陸部に港の機能を持ったインランドポートが重要な役割を果たすことが期待されています」、このように記載されています。  

小山市議会 2012-09-10 09月10日-05号

〔30番 山口忠保議員登壇〕 ◆30番(山口忠保議員) 今市長からご答弁ありましたように、東京区など東京都下自治体、それから栃木県においてはことしから高根沢町が助成を始めています。各住宅メーカーも、いわゆるスマートハウス、こういう仕様で太陽光発電とか、さらに蓄電池をセットにした取り組みが今展開されております。節電とかそういうことも含めまして非常にタイムリーな時期に入ってきている。

佐野市議会 2012-02-28 02月28日-一般質問-03号

特に東京はそういう意味では内陸に基地をという考え方。私も何回も行っていますので、東京都、国交省、それから川崎、そしてそのほか私も足を運んでいるわけですけれども、大変熱心でございまして、そうしますと京浜港、要するに横浜も含めた川崎東京、これは京浜港でございまして、荷の扱いも日本一でございます。そういうところが飽和状態になってきていると。

佐野市議会 2011-06-09 06月09日-一般質問-05号

横浜港も東京民間に、経営形態株式会社形態に移行が予定されてしまっていると。これは国土交通省港湾局かわかりませんよ。そういう文章になっている。だから、「インランドポート民間資本による特定目的会社を予定することになると考えられる」と先生は言っているのです。だけれども、「公的管理主体であることが望まれる」とも述べているのだからどう考えるのですかと言ったのですけれども、ちょっとお聞きいただきたい。

鹿沼市議会 2010-06-08 平成22年第2回定例会(第2日 6月 8日)

東京区の消防署は、社会福祉協議会と連携をし、緊急医療情報キットとして、また夕張市では命のバトンと呼んで、日ごろから既往症や服薬情報かかりつけ医、緊急時の連絡先診察券の写しなどを書き込んだものを、わかりやすい円筒形プラスチック容器に入れて冷蔵庫に保管しています。  なぜ、冷蔵庫なのかといいますと、冷蔵庫はどの家でも決まって台所にある、すぐわかるからだそうであります。

佐野市議会 2004-12-08 12月08日-一般質問-04号

し上げた太田国際貨物ターミナルのようにインランドデポ、つまり内陸通関施設と訳すそうですが、インランドデポとしての荷主企業や工場の最寄りで通関手続を行うという限定的な機能とは違って、大量のコンテナ及びコンテナ貨物通関、検疫や国の総合保税地域の指定を受けた保税蔵置など、文字どおり港湾地区での機能を総合的に手がける我が国初内陸港湾エリアとのことでありますから、わかりやすく言えば日本の5大港と言われる東京

佐野市議会 2003-06-11 06月11日-一般質問-04号

1999年11月の海上コンテナ取り扱い量は、全国で1,102万TEU東京横浜港で全国の42%を占め、460万TEUを取り扱っております。7年後の2010年度には、全国取り扱い量が1,700万TEU東京横浜港で600万TEU取り扱いがふえると予想されております。東京横浜港の取り扱い量は、名古屋、大阪神戸の3港の取り扱い量に伍しております。  

  • 1