618件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2020-01-29 令和 2年第1回臨時会(第1日 1月29日)

もし減額の分を調整するとすれば、市債の発行を抑制すると、借金を減らす、発行する予定だった市債を少なく発行するということになると思うのですけれども、今ご指摘いただいたように、財政の健全化ということでもって、借金を減らしつつ、また、庁舎基金等、あるいは財政調整基金等の積み立てに回してきたいきさつは、これは事実でございますので、そういったものを今後、皆さんの要望等も、市民の声も含めて、それらに応えて有効活用

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

次に、堆積土砂の処分をどのように進めるのかについてでありますが、河床整備で除去された砂利は、建設発生土等の有効利用に関する行動計画に基づき、公共工事で利用できるものは活用しております。  工事間流用の困難な砂利につきましては、建設発生土の処理先として、条例に基づき、特定事業の許可を受けた土地に搬入していると聞いております。  

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

ただ、今藤田議員の言われましたとおり、「なぜできないか」とか、そういう点については、なかなか今まで、そのご提案をいただいた方に、返せてない、フィードバックできてないところはありますので、今後は、そういう点について、十分検討しながら、せっかくご意見、ご提案をいただいた関係もありますので、有効に連携をとりながら、やらせていただければなというふうに思っています。  以上で答弁を終わります。

鹿沼市議会 2019-12-04 令和元年第6回定例会(第2日12月 4日)

公共交通だけで全市域をくまなくカバーすることは難しいところもありますので、福祉有償運送移送サービス地域住民が運営する地域交通など、地域の状況に応じた有効な手法についても研究してまいります。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  阿部秀実議員。 ○10番 阿部秀実 議員  答弁をいただきました。  

鹿沼市議会 2019-08-02 令和元年第3回定例会(第4日 8月 2日)

もっと、場合によっては、その限られた30問の中で、もっと有効質問というのがあるかもしれないのですよ。  例えば、では、今、総務部長から、いろいろ各部局から上がっていると聞きました。  これ、僕が考える理想の議会行政のかかわりの中では、議会の中には、それぞれ対応した常任委員会というのがあるわけですよ。  

鹿沼市議会 2019-08-01 令和元年第3回定例会(第3日 8月 1日)

その後、コンクリートによる法枠であったり、植生を実施しているわけですが、どうもあの状況を見ますと、山の裏側から随分と出水が見られるような状況になっておりまして、なかなか通常の植栽がその場に適するかというのはちょっと疑問な部分はございますのと、やはりその法面自体を植生する、新たに掘って植物を植えるというのが、果たして法面の保護に対して有効であるかというのを、ちょっと勉強する部分もございますので、その件

足利市議会 2019-06-28 06月28日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

足利市議会議員     栗 原   収   同     同        斎 藤 昌 之   同     同        平 塚   茂   同     同        金 子 裕 美   同     同        尾 関 栄 子    公共施設建設・整備検討特別委員会の    設置について             本市の限られた財源の中で、南部クリーンセンター等の公共施設のあり方や適正管理、有効活用等

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

そういうことからも、回覧板や各世帯に配布物を配布するというのは、ご近所で顔と顔を合わせる機会でもありますし、地域のつながりを保つための有効な手段だということであります。  情報の提供を抑制するだけではなくて、工夫をしていただいて、大量の配布物による負担軽減を考えていただきますようにお願いしたいと思います。これは要望になります。  では、次の質問に移ります。  

鹿沼市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日 6月13日)

いずれも、公共交通が十分にカバーしきれない地域交通手段の確保として、有効な方法であると考えております。  これらの方法は、利用者の利便性を高める上で有効な方法ではありますが、コストの問題や担い手確保の継続性など、引き続き民間事業者と調整をしながら検討してまいります。  以上で答弁を終わります。 ○谷中恵子 副議長  阿部秀実議員

佐野市議会 2019-06-07 06月07日-議長の選挙・副議長の選挙・議案説明-01号

そのうち有効投票24票、無効投票ゼロ票。有効投票中、春山敏明議員15票、飯田昌議員7票、鶴見義明議員2票、以上のとおりであります。この選挙法定得票数は6票であります。よって、春山敏明議員議長に当選されました。  当選されました春山敏明議員が議場におられますので、この席から佐野議会会議規則第31条第2項の規定による告知をいたします。  

益子町議会 2019-03-13 03月13日-議案質疑・討論・採決06号

子育て施策と一緒にそもそもの前段階として結婚していただいて家庭を築いてもらうということが、人口減少対策にとって一番有効政策だとは思います。その中で、実際にこの婚活事業町では一元化されまして、窓口一つになっていると思います。それに対して来年度どこにこの婚活事業としての強化策というところ考えているのか、お伺いしたいと思います。 ○議長(髙野美晴) 健康福祉課長

益子町議会 2019-03-11 03月11日-議案説明・質疑-05号

先ほどおっしゃっていました工事をやった次の年に入れてもほとんどが当然のごとく支障箇所が見られない、逆に言うと無駄になっていたので、そういうのよりもむしろ有効に管渠調査ができるように、今来年度以降計画的に考えております。  以上です。 ○議長(髙野美晴) 13番、黒子議員。 ◆13番(黒子秀夫) 次年度に入れていたというのは、もう最近やっていないと思うのだ。

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

いかにして、その水とか、森林を守っていって、なおかつ地域経済有効な形でそのお金を回していく仕組みを、それを使ってやれるかというのが、これから問われるのだと思うので、ぜひみんなで、力を合わせて、鹿沼の力の見せどころだと思うので、やっていけたらいいなというふうに思います。  

鹿沼市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

また、その優先順位の設定方法につきましても、PDCAサイクルを回しまして、随時見直しを行いながら、限られた予算効果有効な配分、これに努めてまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  上林浩二教育次長。 ○上林浩二 教育次長  再質問にお答えいたします。  

益子町議会 2019-03-06 03月06日-議案説明・質疑-03号

ですから、こういうフェア、先ほど企画課長言うように、たくさんの自治体等々参加なされるのであれば、そこで光るためにはやはり益子町の基本コンセプトと、それと訴えかけるPR、それを綿密に企画してもらって、ぜひこのフェアに参加する意義を最大限有効に使っていただきたいというふうに思っております。その辺のところで一言もしお考えがあればお願いします。 ○副議長(星野壽男) 企画課長