24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

足利市議会 2020-06-11 06月11日-一般質問-03号

この令和2年第3回市議会定例会では、日本憲法25にうたわれる生存権の観点から質問したいと考えています。憲法第25条の条文には、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生向上及び増進に努めなければならない。」とあります。

鹿沼市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第5日 3月19日)

日本憲法25では、「すべて国民は、健康で文化的な最低限度生活を営む権利を有する」、そして、「国は、すべての生活部面において、社会福祉社会保障及び公衆衛生向上及び増進に努めなければならない」としており、ここで示す国民生活のアンダーラインとして、生活保護制度によって救済されていくというところでもありますが、こうした基準も下回る相対的な貧困率の中で、高齢者の方が含まれているということが危惧されているところです

那珂川町議会 2018-03-16 03月16日-07号

生活保護制度は、一生懸命働いていても生活できないときや病気や事故、その他さまざまな事情のため生活が苦しくなってどうにもならなくなったときに、日本憲法25に基づき、その困窮程度に応じて国は最低限度生活を保障するとともに、一日も早く自分たち生活していけるように手助けをすることを目的とした制度でございます。以上でございます。 ○議長(高原隆則君) 平山議員

小山市議会 2015-12-01 12月01日-03号

生活保護は、日本憲法25すべての国民は、健康で文化的な最低限度生活を営む権利を有する」と。この権利を具体化した最後のセーフティーネットとして1950年に開始いたしましたが、近年高齢者世帯増加、給付の約半分を占める医療扶助増加貧困化による生活保護増加など、生活保護世帯数生活保護費の市町村歳出占める割合の推移は、年々多くなっております。

日光市議会 2014-09-29 09月29日-委員長報告、質疑、討論、採決-06号

日本憲法25が保障する生存権を侵害し、暮らしの土台を掘り崩す保護基準引き下げは直ちにやめるべきだと思います。  2つ目図書館指定管理の問題です。私どもは、3つの図書館指定管理制度導入に対し、職員の専門性やサービスの一貫性、運営の継続性などの問題点を指摘し、導入に反対の立場をとりました。

那須町議会 2013-06-04 06月04日-02号

保健福祉課長平山公一君) 生活保護の削減についてでございますが、生活保護法日本憲法25規定する理念に基づきまして、国が生活困窮する全ての国民に対しまして、その困窮程度に応じ必要な保護を行い、その最低限度生活を保障するとともに、その自立を助長するということを目的としているところでございます。

足利市議会 2012-06-14 06月14日-一般質問-04号

御存じのとおり、日本憲法25第1項に規定されている生存権条文でありますが、これはすべての国民に対し、健康で文化的な最低限生活を保障するもので、国に対しては同条第2項の規定で「社会福祉社会保障及び公衆衛生向上及び増進」を義務づけているものであります。とはいえ、国民のだれもが国に対し健康で文化的な生活を請求できるものではなく、これを具体化する法律として生活保護法が制定されております。  

壬生町議会 2010-03-10 03月10日-04号

陳情は、日本憲法25で保障している「健康で文化的な最低限度生活を営む権利」、同条第2項で規定している「国は、すべての生活部面について社会福祉社会保障及び公衆衛生向上及び増進に努めなければならない」を基礎とした、雇用労働社会及び生活基盤を維持するための、健康保険雇用失業保険年金生活保護等社会的セーフティネット拡充目的とした陳情であります。 

壬生町議会 2010-03-10 03月10日-04号

陳情は、日本憲法25で保障している「健康で文化的な最低限度生活を営む権利」、同条第2項で規定している「国は、すべての生活部面について社会福祉社会保障及び公衆衛生向上及び増進に努めなければならない」を基礎とした、雇用労働社会及び生活基盤を維持するための、健康保険雇用失業保険年金生活保護等社会的セーフティネット拡充目的とした陳情であります。 

鹿沼市議会 2007-03-09 平成19年第1回定例会(第4日 3月 9日)

生活保護法第1条、「この法律は、日本憲法25規定する理念に基づき、国が生活困窮するすべての国民に対し、その困窮程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする」とありますように、法律目的に沿って進めているところであります。  

那須塩原市議会 2005-03-08 03月08日-03号

2点目の生活保護制度についてでありますが、生活保護日本憲法25規定する理念に基づき、国が国民に対し、最低生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的としております。 しかし、保護はまず自己の利用し得る資産、能力など、あらゆるものを活用することを要件とします。また、民法に定める扶養義務者からの援助や他の法律に定める社会保障制度を優先することになっております。

小山市議会 2000-06-21 06月21日-05号

今、国民健康保険税収入率、前年度分滞納繰り越し分と合わせ70.7%に落ち込む中、過料2万円から10万円に引き上げるのは、日本憲法25の精神からいっても許されないものだと思います。国民健康保険、20年前は本人負担無料でした。それが、今は2割負担となり、老人医療無料から有料になりました。このような流れの中で導入された介護保険

  • 1
  • 2