4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2019-06-12 令和元年第2回定例会(第2日 6月12日)

現在、鹿沼市観光物産協会が法人化を計画しており、それに合わせて旅行の取り組みを開始する方針であります。  さらに、鹿沼市観光物産協会では、今後、このような日常の小さな観光資源を活用したツアーを企画、開催する考えもありますことから、市も積極的にこれを支援していきたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  横尾武男議員

益子町議会 2018-06-05 06月05日-議案説明・質疑・討論・採決-02号

それから、現状実は道の駅ましこの場合、今4部門がありまして、一般の商品の物販の部門と言われるところ、それから飲食、レストランとかやっている、それからもう一つがこの加工、そしてもう一つが交流、その他売り上げになっているのですけれども、着地型旅行免許を取りましたので、こういったことを、例えば自転車のツアーであるとか、グリーンツーリズムであるとか、そういったことをあそこを拠点にしてやっているわけなのですけれども

鹿沼市議会 2004-12-09 平成16年第4回定例会(第3日12月 9日)

観光は、平和使者であり、民間大使とも言われているそうですが、産業としての観光は、旅行、宿泊業、運輸業にとどまらず、飲食業、小売業、農業工業建設と、その経済的影響は多大なものがあると思います。この一連の交流により、来年早々に修学旅行生の派遣のために先遣隊が訪日され、そのとき栃木県にも来られるとのことでした。  

小山市議会 1969-02-22 02月22日-05号

このキャンペーンの実施により、多くの旅行の方々に現在のまちのセールスポイントをアピールできるよい機会だと思っております。しかしながら、これまでの栃木県観光PRの仕方を見てきますと、どうしても県北地域寄りの考え方に偏っているように感じられます。

  • 1