4315件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那珂川町議会 2021-02-16 02月16日-03号

したがいまして、事業の中でご提案いただいた手法のほか、様々な手法を活用した戦略的な情報発信について検討を行い、また新聞あるいはテレビなどのメディアについても積極的に活用しながら、事業効果を高めてまいりたいと、このように考えているところでございます。 ○議長高原隆則君) 吉野議員。 ◆4番(吉野博君) 次は、今後の情報発信についてです。

下野市議会 2021-02-03 02月03日-01号

ですから、開業医さんで、かかりつけ医といいますか、そういう接種でやっていけば、早い期間で接種が終わる可能性もありますし、最終的には開業医さんのほう、医師会のほうとの相談もあるでしょうけれども、練馬とか、今日の新聞にも、佐野でもうやるというような形で出ていますが、この下野市、医師数日本一といううたい文句で、そういう形でやっていったほうが、コンパクトなまちですから、緊急事態に対しても対応できるかと思いますので

栃木市議会 2021-02-03 02月03日-01号

また、広報とちぎやホームページ、FMくらら等を使った通常の広報に加え、私自らの音声による防災行政無線や消防車による巡回広報新聞折り込みチラシの発行など、あらゆる手段を使って外出自粛の要請や感染防止対策周知に努めた結果、徐々に感染者が減少してきたところでありますが、本日発表の本市の感染者数は5名となっておりまして、まだまだ予断を許さない状況でございます。  

市貝町議会 2021-01-29 02月03日-01号

そして、これらのコロナ対策に関わる費用というのは、国から交付される新型コロナウイルス感染症地方創生臨時交付金ということで、国の第3次補正予算では、市町村全体で1兆5,000億円が追加となるということで、今のところ、今日の下野新聞なんかでは、栃木県全体で85億円が交付されるというような新聞報道がなされていたかと思います。 

佐野市議会 2020-12-18 12月18日-委員長報告・質疑・討論・表決-05号

例えば高齢者施設職員、これが当初2,500人の予定でありましたけれども、この中で希望者ということでありますと、新聞報道ですと2,000名弱という状況になっております。その高齢者施設職員の考え方、改めて予算上のことでお聞きしたいのと、それから議案説明書の中では市立の小中学校及び義務教育学校職員及び児童生徒ということになっております。

那珂川町議会 2020-12-15 12月15日-05号

しかしながら、新聞テレビ等でも報道されているとおり、令和3年度の国の概算要求では来年度から結婚新生活支援事業補助上限額を倍増するほか、年齢要件の緩和や世帯年収要件の拡充などが盛り込まれており、本制度の利用の拡大を期待しているところでございます。このため、今後の国の動向及び近隣自治体動向に注視してまいりたいと考えております。以上でございます。 ○議長高原隆則君) 津留議員

日光市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

先日の下野新聞栃木国体記事が載っておりました。その内容を一部抜粋させていただきますと、ホッケーは1980年の栃の葉国体から普及が進みましたが、スケートはさらに長い歴史と伝統があるとの記事でありました。ホッケー競技はまだまだ歴史が浅いため、だからこそ行政が携わり、市の特色スポーツとして支援されてきたのだと思います。

足利市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

令和2年11月19日、20日、26日、3度にわたり多くの新聞でこの問題について記事掲載されたわけであります。同僚議員からもありましたが、足利市のよい話題が掲載されるのであれば、大変すばらしいことでありますが、全く逆の市長資金管理団体会員への金券配布足利市の食事券配布問題、会員113人に金券配布など、大変ショッキングな内容掲載でありました。

野木町議会 2020-12-10 12月10日-04号

国のほうでも第1弾、第2弾という形で地方のほうに財政支援という形で交付金が参っているわけではございますが、先日ですかね、12月8日に国のほうでも閣議決定いたしまして、今後の経済対策、その中で地方創生臨時交付金の関係につきましては、規模で1.5兆円という形の交付が閣議決定されたということで、新聞報道等でも出ているところでございます。

鹿沼市議会 2020-12-10 令和 2年第6回定例会(第4日12月10日)

翌26日の下野新聞には、「論戦も情熱的に」とか、「一般質問議員市執行部の激しい攻防も約束された」とか、大変あおるがごとく、記事掲載されておりましたが、後期高齢者に近づきました年齢を鑑みまして、充実した1時間の一般質問にしたいと思いますので、市長さんを初め、答弁者の皆様には、よろしくお願いいたします。  それでは、一般質問を始めます。  災害復旧事業費に反対した議員はいない。