175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益子町議会 2022-06-04 06月04日-一般質問-01号

ちょうど同じような小山市と野木町の関係ですけれども、野木町の公共デマンドタクシー小山市民病院の直接乗り入れ、これが優先課題となっています。小山市のほうからは、小山市の南部から市営バスJR野木駅まで直接乗り入れ、これを検討課題としています。ネックとしては、どこもそうですけれども、タクシー会社民間公共交通事業者同意等が必要となっていることです。  

小山市議会 2021-09-04 09月04日-02号

病児保育事業につきましては、平成28年4月から、小山地区定住自立圏における連携利用が開始され、特に結城市とは協定により小山市民病院城西病院病児保育室相互利用できるなど、独自の取り組みを推進しております。平成28年5月に開園したキッズランドおやまは、関東最大級屋内運動遊び場です。年間約20万人が来場され、安心して子供を遊ばせることができると大変好評をいただいております。

小山市議会 2021-06-07 06月07日-04号

病児保育小山市民病院、こばとキッズの2カ所で実施しており、定員は合わせて6人、平成30年度の利用実績は延べ350人でありました。1日当たりの利用平均は1.4人程度ですが、インフルエンザ等感染性疾患の流行時期に利用が集中する傾向にあります。また、広域連携協定を締結しておりますお隣の結城城西病院病児保育室利用することができます。

小山市議会 2020-09-06 09月06日-04号

主要3部門のうち医療介護部門におきましては、2018年度小山市民病院地方独立行政法人移行後、6期連続の黒字を確保することができ、小山市の医療の質の向上に寄与しております。また、小山はとむぎ実証研究におきまして、小山ハトムギ生活習慣病予防等に効果があることが示唆され、ハトムギ健康長寿100歳を目指すまちづくりを推進しております。  

小山市議会 2020-09-05 09月05日-03号

主な成果といたしましては、小山市民病院結城市の城西病院病児保育施設相互利用の推進により、他市町から18人の方が小山市民病院利用し、306人の小山市民城西病院利用することができました。各市町公民館等実施する生涯学習講座につきましては、154人もの市町民が相互受講したほか、圏域内の図書館は全て相互利用できるようになりました。

小山市議会 2020-09-02 09月02日-01号

◎初澤正実事務局長 次に、小山都市開発株式会社の第28期事業報告及び決算書並びに第29期事業計画一般社団法人小山観光協会平成30年度事業報告及び決算書並び令和年度事業計画及び予算書一般財団法人小山勤労者共済サービスセンター平成30年度事業報告書及び収支決算書並び令和年度事業計画書及び収支予算書平成30年度地方独立行政法人小山市民病院業務実績に関する評価結果及び経営状況がお手元

小山市議会 2020-02-21 02月21日-04号

また、主な目標達成事業としましては、畜産防疫情報交換連携における圏域内緊急連絡網整備及び畜産農家所在地情報交換病児保育事業連携における小山市民病院及び城西病院病児保育施設相互利用、大規模災害時における相互協力及び消防体制連携強化における広域的訓練相互参加実施等がありますが、中でも大規模災害時における相互協力における広域的訓練実施につきましては、令和元年台風第19号の際に

小山市議会 2020-02-20 02月20日-03号

ワクチン再接種の助成制度につきましては、市のホームページや「おやまっ子開運子育てナビ」へ掲載して周知を図るとともに、小児がん骨髄移植等診療を行っている自治医科大学附属病院獨協医科大学病院のほか、小山市民病院小山地区医師会へも制度周知を図ってまいります。  以上、よろしくお願いいたします。 ○福田洋一議長 10番、佐藤忠博議員。                  

小山市議会 2020-02-19 02月19日-02号

これまで行財政改革子育て支援対策高齢化対策、道の駅思川、間々田のしらさぎ館、桑のマルベリー館工業団地造成誘致活動小山市民病院移転新築小山地区定住自立圏形成協定の締結や絹義務教育学校小山駅周辺の再開発事業、新庁舎の建設など、人と企業を呼び込むための多くの事業に取り組み、実現してきました。また、人口も増加し、栃木県の南都として小山も大きく変わりました。

下野市議会 2019-09-27 09月27日-06号

続いて、4款1項1目保健衛生総務費における地域医療体制整備事業について委員から、「以前から小山市民病院は遠いので、下野市・上三川町方面に夜間休日病院設置をお願いしているが、現在の対応を伺う」との質疑があり、執行部の答弁は、「救急の場合、一次救急小山広域で1カ所、在宅当番医制で2つの医療機関が交代で毎日行っている。