28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

益子町議会 2018-03-12 03月12日-議案説明・質疑-05号

そのときには、今四町教育研究議会という組織を新たに立ち上げまして、そこで研修を共同でやっています。その中で他の3町についても働きかけたりしながら、4町としての指導力の向上というのも含めて考えていきたいと思っております。1回ではなくて、これから計画的に取り組んでいくということで、芳賀地区におきましては益子町が初めてこの研修会を実施したということでご理解をいただきたいと思います。

益子町議会 2017-09-08 09月08日-議案説明-04号

19節負担金、補助及び交付金296万413円につきましては、芳賀地区教育研究議会123万2,000円のほか、各種研究会等への負担金40万5,842円、幼稚園地域子育て推進事業補助金40万、英語検定補助12万3,900円のほか、各種団体等への補助金79万9,030円でございます。  2目事務局費につきましては7,149万5,740円の支出額で、執行率98.81%でございます。

益子町議会 2017-06-07 06月07日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

企画課分として公用車事故共済金を、学校教育課部分として芳賀地区教育研究議会からの公用車賃借料の負担分を、生涯学習課分ではコミュニティ助成事業助成金をそれぞれ計上するものでございます。  歳入については以上です。 ○議長(髙野美晴) 税務課長。 ◎税務課長(冨賀瀬) 7ページをお願いいたします。3、歳出でございます。

那須町議会 2017-06-02 06月02日-01号

今後におきましては、教育研究文化環境産業、まちづくり等のさまざまな分野におきまして、相互の緊密な連携と協力を図り、活力のある個性豊かな地域社会の形成と発展に努めてまいりたいと考えております。 また、那須高等学校にはリゾート観光科という特色ある学科がありますので、特色を十分に発揮できる環境づくりを進めてまいります。 以上で開会に当たりまして挨拶と行政報告とさせていただきます。

益子町議会 2016-03-07 03月07日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

いわゆる事実上の協議会ということで1市4町で進めておりまして、28年4月1日からは芳賀地区教育研究議会ということで、これあと予算のほうでも見ていただきたいのですけれども、法令外負担金で対応しております。そういうことがございまして、来年度につきましては1市4町が今までの研修、それから学校訪問、それからライブラリー一部残ります。

鹿沼市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3日12月 8日)

小中一貫連携事業の推進についてでありますが、本市では、小中一貫教育研究事業として、平成25年度・平成26年度は板荷小学校・板荷中学校をモデル校に指定し、実証研究を行いました。  また、新たに平成27年度から2年間、南摩小学校・上南摩小学校・南摩中学校をモデル校に指定し、研究を実践しております。  

野木町議会 2013-09-04 平成25年  9月 定例会(第6回)-09月04日−01号

19節負担金補助及び交付金2万8,000円は、同社会教育研究大会への参加者が増えるための負担金です。  2目公民館費263万9,000円の補正も人件費です。  22ページ、3目文化財保護調査費202万5,000円の補正は、8節報償費3万円、煉瓦窯保存にかかるふるさと納税寄附者への贈呈する特産品等でございます。  13委託料199万5,000円は、煉瓦窯保存活用計画策定業務委託料でございます。  

鹿沼市議会 2012-09-13 平成24年第3回定例会(第3日 9月13日)

さらに、いろいろな分野で雇用していただくことができるわけですけれども、特に今回、今年度は重点分野として、介護医療観光環境エネルギー・農林水産・地域社会雇用、未就学卒業者を対象とする事業などということで、未就学児を対象とする事業のうち、ほかに該当しないものとか、さらに物づくり、サービス教育研究というよううに、主な分野全てに対応できるというふうに考えております。  以上で答弁を終わります。

鹿沼市議会 2010-12-17 平成22年第4回定例会(第5日12月17日)

今回、長崎市立形上小学校平和教育研究発表会が行われるとのことでしたので、そちらに参加させていただくことになりました。  長崎市では、平和教育基本三原則を掲げ、これらに基づいて普遍的で、妥当な平和教育を推進することとしています。  そして、この普遍性・妥当性を踏まえ、原爆被爆都市としての特殊性を生かして、被爆体験を継承し、平和の大切さを発信できる児童生徒の育成に努めると言うことでした。  

鹿沼市議会 2009-12-11 平成21年第8回定例会(第4日12月11日)

また、理科の実験などの研究や研修については、学校情報提供し、栃木県総合教育センターが主催する研修や、上都賀地区小学校中学校教育研究理科部会による研修などに教員参加させ、指導技術の向上を図っております。  さらに、各学校からの要請に応じ、指導主事が訪問指導を実施し、各学校教員の課題に応じた研修を行っております。  次に、教育委員会総合教育研究所の整備についてお答えします。  

鹿沼市議会 2009-03-13 平成21年第2回定例会(第4日 3月13日)

これは教育研究をしていくその機能として、果たしてそれでいいのかどうか、これは非常に問題があるということで、提言書はなっているわけです。全くそのとおりだというふうに思いますので、この専任の所長、副所長あるいは人事体制を確立できないか、このことについて質問をいたします。  それと、今、相談室は、情報センター内にあるのだというふうに思いますけれども、情報センターは、さまざまな催しがあります。

鹿沼市議会 2007-08-01 平成19年第4回定例会(第2日 8月 1日)

次に、総合教育研究事業の推進についてをお伺いをいたします。この“ステップ・アップ”ビジョンの中に書いてあるのですが、この研究事業の詳しい内容と考え方についてお伺いをいたします。 ○議長(阿見英博君) 答弁を求めます。  教育次長、金子君。 ○教育次長(金子孝之君) 総合教育研究事業の推進についての質問にお答えします。  

鹿沼市議会 2005-12-16 平成17年第6回定例会(第5日12月16日)

広島県世羅郡世羅町では、大田小学校教育研究会を参観いたしました。世羅町教育委員会では、教育行政施策の基本目標として「自立」「挑戦」「躍進」をキーワードにして,「心豊かで未来を拓く人づくり」を教育理念としております。小中学校学校教育の施策方針としては、「基礎学力の定着」「教育研究の充実」「小中連携教育の推進」「教育情報化の推進」を挙げています。  

鹿沼市議会 2004-07-13 平成16年第2回定例会(第2日 7月13日)

まず最初に、地域学校、民間と行政一体の総合教育研究機関の設置、2、永住希望住宅等支援制度の創設、3、ニューファーマー(新規就農)の支援、4、ドライブスルー併設型物産直売所の整備、5、公的事業のワークシェアリング等による雇用促進、6、首都圏PRセンターの設置、7、庭園のまち(ガーデンシティ)の推進、以上の項目についてお考えをお聞かせください。  

鹿沼市議会 2000-03-08 平成12年第1回定例会(第2日 3月 8日)

次に、活動内容についてでありますが、教育研究所では、学校教育及び社会教育に関する専門的、技術的事項の調査研究に関すること、教育関係職員等の研修に関すること、教育相談に関すること、教育に関する情報・資料の収集及び活用に関すること、その他教育研究に関することを業務としております。なお、これまでの教育相談室は、教育研究所に統合いたします。  

  • 1
  • 2