414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

1、「安全安心なまちづくり推進事業」について。  先の台風15号・19号の影響での防犯灯、LED灯の崩壊数、また、今後の設置計画を伺います。  2としましては、防災防犯のまちづくりに欠かせない、自治会加入率と自治会加入世帯に対して、加入に向けてどのようなアプローチをするのか。これは2日目の梶原議員質問にもあったかと思いますが、伺います。  

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

また、今年度、県が実施する「とちぎまるごと創業プロデュース事業」を活用し、3年間の計画で、創業者を既存の商業者がサポートし、新たな活力を生み出すまちづくり推進事業に着手いたしました。  今後、2年以内に創業を目指す人などを対象に、現在、実践的なセミナーなどを鹿沼商工会議所と連携して実施しております。  

鹿沼市議会 2019-11-20 令和元年第6回定例会(第1日11月20日)

まず、議案第78号 令和元年度鹿沼市一般会計補正予算(第3号)は、歳入につきましては、国県支出金、繰入金及び市債の増額を計上し、歳出につきましては、ごみ収集費、農作物活性化推進事業費、公立学校施設災害復旧事業費等の増額を計上したもので、この補正額を18億4,216万7,000円の増とし、予算総額を415億3,949万円とするものであります。  

鹿沼市議会 2019-07-31 令和元年第3回定例会(第2日 7月31日)

2つ目は、在宅医療介護連携推進事業において、多職種連携の推進や市民への普及啓発等を実施しております。  3つ目は、生活支援体制整備事業において、市全体の対応を協議する第1層協議体を平成29年7月に設置し、生活圏域ごとの対応を協議する第2層協議体については、現在17圏域中9圏域に設置済みであり、今年度中に全圏域に設置する予定です。  

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

特に、市債の発行に当たっては、合併特例債や公共施設等適正管理推進事業債といった有利な起債を厳選するなど、将来にわたる財政運営の健全性の確保に留意したものと評価するものであります。  また、歳出につきましては、限られた財源を対応すべき課題に重点的かつきめ細やかに配分され、各分野にわたり施策の推進が図られたものと考えられます。  

益子町議会 2019-03-11 03月11日-議案説明・質疑-05号

これは総合事業以外の医療介護連携推進事業及び日常生活支援などの事業に要するもので、負担割合は38.5%でございます。  37ページをお願いいたします。4目保険者機能強化推進交付金につきましては363万7,000円の計上で、平成30年度より創設された補助金で、介護の重度化防止事業等に交付されるものでございます。  5目介護保険事業費補助金につきましては、科目存置でございます。  

益子町議会 2019-03-05 03月05日-議案説明・質疑・討論・採決-02号

1節農業補助金のうち、経営所得安定対策推進事業補助金から多面的機能支払交付金までは、額の確定により減額をするものでございます。担い手確保・経営強化支援事業費補助金につきましては、先進的な農業経営の確立に意欲的な地域の担い手に対し、必要な農業用機械、施設の導入を支援するもので、補助率は2分の1でございます。

鹿沼市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

歳入につきましては、地方特例交付金、国県支出金、寄附金、市債等の増減額を計上し、歳出につきましては、各事業の実績等に基づくもののほか、東館解体工事等の新庁舎整備事業及び国の補正予算に伴う農作物活性化推進事業等の増減額を計上したもので、この補正額を2億8,037万3,000円の減とし、予算総額を385億6,502万6,000円とするものであります。  

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

産業課長農業委員会事務局長(赤坂孝夫君) 12月6日の一般会計補正予算の質疑の中で、坂口議員より、15ページの元気な森づくり推進事業のテーブル等の数量につきましてご質問がありました。市民農園車椅子用プランターの数を1基と申し上げましたが、正しくは2基の誤りで、訂正をいたしますので、よろしくお願いします。  

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

私は、後期プランを策定する際に、「かぬま21世紀学びのまち推進プラン検討委員会」で、副委員長を務めさせていただいたこともあり、これまでも、その推進事業を注意深く見守ってきました。  後期のプランは、平成26年度から平成30年度までのことを言いますが、今年度が後期プランの最終年度であり、つまり10年間にわたる推進構想の期間が終了することになります。  

日光市議会 2018-09-28 09月28日-委員長報告、質疑、討論、採決-07号

次に、環境美化事業費のごみ減量・資源推進事業費は約5,000万円で、前年度より約4,000万円増額されました。これは、家庭ごみ有料化導入のための委託料等が執行されました。家庭ごみ有料化制度の導入のため住民説明会が行われ、2017年5月から2018年3月までに188自治会で実施。1,134件もの多くの意見や要望が出されました。

日光市議会 2018-09-17 09月17日-委員長報告、質疑、討論、採決-05号

また、歳出2款1項4目の聖火リレー対策事業費について、「1,000万円以上の予算だが、国からは交付金など予定されるのか、あくまでも市の持ち出しだけなのか」との質疑に対し、「国や県からの財源は見込めない状況であり、特別交付税の中で特殊事情として申請し、交付を受けられないか要望している」との答弁が、同じく歳出2款1項11目の交通安全対策推進事業費について、「補助金600万円の詳細は」との質疑に対し、「高齢運転者安全装置搭載車購入費補助金

益子町議会 2018-09-11 09月11日-議案説明・総括質疑-05号

19節負担金、補助及び交付金につきましては、サロン5カ所への推進事業補助金でございます。公課費につきましては、公用車の重量税でございます。  4項その他諸費、1目審査支払手数料につきましては5万5,062円で、執行率87.4%でございます。保険給付費の中で総合事業に該当する部分の栃木県国民健康保険団体連合会への審査支払手数料でございます。  

益子町議会 2018-09-10 09月10日-議案説明・質疑-06号

5目在宅医療介護連携推進事業費につきましては、支出済額156万3,750円で、執行率は100%でございます。これは、平成30年度より始まりました事業で、医療から介護へのスムーズな移行を図るための事業で、全額芳賀郡市医師会への委託料でございます。  6目生活支援体制整備事業費につきましては、支出済額101万9,500円で、執行率は95.0%でございます。

益子町議会 2018-09-05 09月05日-一般質問・議案説明・質疑・討論・採決-02号

19節負担金、補助及び交付金として、自治会で実施する事業に対して補助しております地域整備推進事業補助金の不足見込み額を計上するものでございます。  以上です。 ○議長(髙野美晴) 企画課長。 ◎企画課長(日下田) 6目企画費につきましては、20万円の増額計上でございます。  8節報償費におきまして、地方創生関連講演会の講師謝礼を計上するものでございます。

鹿沼市議会 2018-09-05 平成30年第4回定例会(第2日 9月 5日)

また、各地区の推進委員会に対する土地改良推進事業補助金を交付をし、土地改良区に対する事務処理の負担軽減等の運営支援を行っております。  さらに、圃場整備事業後は、農業生産振興のための栽培技術や機械導入等の支援のほか、水路並びに農道等の保全活動を行う「多面的機能支払交付金事業」の導入も進めているところであります。  

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

本計画では、「市民が安心して利用できる“生活の足"を確保する」という基本理念を掲げ、この目的を達成するために、推進事業として、「予約バス運行のない地域への予約バスの導入の検討」を初め、「利用を喚起する広報・周知活動」や「運転免許自主返納支援事業」など8事業を位置づけ、積極的な事業展開を図っております。  

益子町議会 2018-06-07 06月07日-副議長の選挙・議案説明・質疑・討論・採決-03号

次に、歳出について申し上げますと、総務費では総務管理費において庁舎火災警報設備修繕費を追加し、地域整備推進事業補助金を増額いたしました。  また、徴税費では、町民税償還金を増額いたしました。  農林水産業費では、経営体育成支援事業補助金地域農産物商品開発事業交付金及び日本建築大賞受賞記念祝賀会業務委託費を追加し、多面的機能支払交付金事業補助金を増額いたしました。  

益子町議会 2018-06-05 06月05日-議案説明・質疑・討論・採決-02号

次に、歳出について申し上げますと、議会費では議員改選に伴い、消耗品費等を増額し、総務費においては官舎に係る費用や車庫改修工事を追加し、地域整備推進事業補助金を増額いたしました。  民生費では、プレミアムつき商品券事務費や幼児教育保育の無償化システム改修費を追加いたしました。