2797件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那珂川町議会 2020-12-18 12月18日-06号

新型コロナウイルス感染症による一斉休校の後、分散登校などが行われた期間には多くの学校で20人程度規模授業が行われ、全国で落ち着いて子どもたちに向き合える、授業も非常にスムーズに進むと教育現場から多くの歓迎の声が上がりました。感染拡大防止の点でも現在の40人学級は無理があります。子どもは直接触れ合って育つだけに、身体的距離のしゃくし定規な強要はできません。

日光市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

校長時代、今中では授業中にもかかわらず、子供たちがある女子高生を集団で囲んで裸にさせて、携帯で写真を撮り、拡散させた事件がありました。これはいじめどころではありません。犯罪です。連日新聞をはじめとするマスコミやテレビのワイドショーでも取り上げられました。普通の感覚であるならば、そのとき責任を取って校長を辞めるべきだと思うのですが、何もありませんでした。

足利市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

全国的に新型コロナウイルス感染症拡大する中、具体的な対応について、できるところから着実に準備を進め、同時双方向型のオンライン授業の実施についても、積極的に推進してまいる所存でございます。 ○議長柳収一郎) 鳥井康子議員。   (2番 鳥井康子議員登壇) ◆2番議員鳥井康子) ただいまの答弁の中に学校での少人数授業と合わせたウェブを使った授業の在り方について言及がありました。

鹿沼市議会 2020-12-11 令和 2年第6回定例会(第5日12月11日)

次に、児童生徒に配布されるタブレット活用についてでありますが、授業においては、インターネット等による調べ学習プレゼンソフト等を利用した児童生徒発表大型モニターによる教材等の提示、授業支援ソフトを利用した協働学習プログラミング教育など、ICTを活用した効果的な学習活動を推進してまいります。  

佐野市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-04号

学校再開後も新しい生活様式が示され、学校内でも感染予防対策に追われながら、一斉休校後の授業の遅れに取り組まれてきました。これから寒い冬を迎えるに当たり、教室環境についてまず質問をしたいと思います。  最初の質問でありますが、学校における環境問題について質問いたします。平成21年4月1日施行で学校保健安全法というのがあります。

日光市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

今般、コロナウイルス感染症拡大により、図らずもオンライン会議授業、オンライン申請、またキャッシュレス決済など、非接触生活を実施する上でのデジタル化への必要性がクローズアップされ、今部長のほうでも高齢者がなかなかという答弁もありましたけれども、高齢者の方でもスマートフォンに替え、使い方教室に通ったり、ズーム会議に参加しているとの声も聞かれます。

足利市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

今回の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金活用して本を選書し、貸出しに至るまでの作業は、臨時休業分授業時数を取り戻すための授業時間が増えている状況や、さらに感染拡大防止を気にしながら授業を行っている先生方たちのことを考えますと、御苦労が多かったのではないかと感じています。さらに、学校からも電子書籍を望む要望もありますので、早急な導入をお願いいたします。  

鹿沼市議会 2020-12-10 令和 2年第6回定例会(第4日12月10日)

特に、各教科におきましては、児童生徒によるグループ学習ですとか、発表等の機会を設けることで、児童生徒が自分で考えて問題を発見する力とか、お互いの考えを聞き合って、理解し合う能力、それを伸ばせるような授業を実施しておりますので、これからもそういった学習を通して、児童生徒発達段階に応じて、継続的に学習していくことが重要であると考えております。  以上で答弁を終わります。

佐野市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-03号

また、学校行事や体育の授業、部活動での暑さ対策といたしましては、大型扇風機等の使用や熱中症指数計データ等に合わせて休憩や水分補給を随時行うとともに、場合によっては活動行事の変更、中止をすることで対応してございます。今後も児童生徒の良好な教育環境を整備するため、暑さ対策について調査研究を進めるとともに、対策が図れるよう努力してまいりたいと考えております。  以上でございます。

鹿沼市議会 2020-12-09 令和 2年第6回定例会(第3日12月 9日)

もう本当に、小学校1年生から6年生まで、目がきらきらしていて、「あ、本当に、やはりこういう授業というのはすばらしいな」と改めて思わせていただきました。  それで、こちらが、5年生が、実際、体験でアイマスクをして、盲導犬に連れていかれたというか、盲導犬のそばで体験をさせていただきました。  こんな感じでやらせていただきました。  

佐野市議会 2020-12-08 12月08日-議案質疑・委員会付託-02号

次に、予定価格の関係で栃木市との差ということでご質疑いただいておりますが、こちらにつきましては端末に合わせまして授業で必要となるソフトウエア及びその設定費というものも設定をさせていただいております。栃木市さんで入札を行った内容が定かではございませんが、そういったところを加味したところでは、適正な価格であると判断をしております。  

真岡市議会 2020-12-08 12月08日-03号

その中で、電子黒板タブレット、それを使う時間は連続でも20分とか30分とか、最大でもその程度でありまして、時間の授業の流れというのは電子黒板を使う、そして教師の説明をする、あるいは普通の黒板を使う、こういうところもあります。あるいはノートを取らせる、こういうのが入っておりますので、連続して長い時間使うということは今の学校ではやっておりません。  以上、お答えいたします。

真岡市議会 2020-12-07 12月07日-02号

先ほど教育長の話の中に、今年度から始まった学習指導要領の中に取り込まれているということで、教科書にもそれが入ってきているというお話でしたが、今回2020年度、今年度から小学校はそれが導入されて、2021年度から中学校のほうで導入が始まると思われるのですけれども、そうした中で導入される前と導入後というのはどのような授業内容などに変化があったかお伺いいたします。 ○大瀧和弘議長 田上教育長

塩谷町議会 2020-12-07 12月07日-02号

日頃より教師は長時間労働が常とし、本年はコロナ流行等に伴い、学校休校等授業の取戻し、感染予防対策など極めて多忙であります。学校との連携を深め、課題を設けて教諭研修等を行い、効率的に負担軽減に向けてスキルアップを講じるべきと思料いたしますが、どう対応するのか。 3、教育行政について。 本年4月に教育が大きく変わりました。教育長もご承知と思います。

さくら市議会 2020-12-04 12月04日-04号

しかし、一方で、学校授業におきましても、対面授業も重視する必要性から、国会においては、オンライン授業を実施することも大切だけれども、オンライン授業対面授業を組み合わせた、いわゆるハイブリッド型授業環境について議論がされているということであります。読書についても同様であろうかなと私は考えております。 本市におきましても、「さくらと姫」、これは電子書籍として配信をしたものであります。