174件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

2番目は、選挙投票の向上についてでありますが、この質問に関しては、光栄にも船生哲夫議員と重複しておりますし、船生議員に対する答弁を聞いたところ、趣旨もわかりましたし、今の時点ではそれ以上、補足をして私が提案するようなこともあまりありませんので、若干コメントを私が申し上げた上で、答弁は求めずに、次の質問に移ることをお許しいただきたいと思います。  よろしいでしょうか、議長

真岡市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−03号

近年選挙投票は低下傾向にあり、特に若年層の選挙離れや政治に対して無関心なことが問題視されております。政治選挙は、自分には関係ないとか政治がどう動こうが自分の生活は変わらないと思っている人もおります。しかし、私たちの日常生活でのさまざまな問題の解決に政治がかかわることは厳然たる事実でございます。   

市貝町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号

まずは、これ、実施されたと仮定したときに、これ、投票が50%に満たなければ開票できないというのは、これ、憲法95条の中でうたわれておりますよね。1つの自治体のみに適用される特別法は、住民投票で過半数の同意を得なければ制定できないとなっております。この辺は、もう明確にうたわれているのであれば、何かの添付かなんかで示しておかなければならないのではないかと思うんですよ。  

芳賀町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−02号

しかしながら、平成10年の公職選挙法の改正によりまして、投票時間が2時間延長となったその趣旨は、有権者に対して投票の機会を拡大することで、投票の低下傾向に歯どめをかけることにあったと認識しています。  本町の各種選挙投票の推移を見ましても、決して高い投票を維持しているとは言えない中、投票時間の繰り上げにつきましては、慎重に考えていきたいと思っています。  

小山市議会 2018-06-12 平成30年  6月定例会(第2回)-06月12日−03号

(1)、投票向上施策について、①、公共施設以外への期日前投票所の開設について伺います。本件については、ほかの議員の方からも質問があったようでありますけれども、改めてご質問させていただたいと思います。選挙における投票は毎回下がり続け、小山市議選をとってみれば、過去には90%を超えていた投票が、前回、平成27年4月の選挙では、ついに50%を切りました。

小山市議会 2018-06-11 平成30年  6月定例会(第2回)-06月11日−02号

  ① 通学路の危険箇所の状況について    ││ 5 │ │市民派21 │23│山野井   孝│                       ││   │質│      │  │       │  ② 通学路の危険箇所の改善状況について  ││   │問│      │  │       │3.選挙制度について             ││   │ │      │  │       │ (1) 投票向上施策

壬生町議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月05日−02号

選挙投票向上のための主権者ニーズの把握について。  平成30年3月20日告示、25日投開票の壬生町長選挙、壬生町議会議員選挙が行われ、壬生町議会議員選挙においては、有権者数が3万2,725人に対し、当日、不在者投票及び期日前投票者数が1万5,961人、投票にして48.77%でした。投票の低さは本町だけではないものの、選挙を通じて町政への関心を高めることは、民主主義基本だと考えます。  

真岡市議会 2018-02-28 平成30年  2月 定例会(第1回)-02月28日−議案質疑、一般質問−02号

特に投票向上策等についてお伺いいたします。平成28年7月に行われた参議院選挙から選挙権が18歳以上に引き下げられました。平成28年7月の参議院選挙の県内抽出による年代別投票では、10代が46.78%、20代が35.6%、30代が44.24%であり、真岡市は10代のみの投票が42.9%でした。

小山市議会 2018-02-21 平成30年  2月定例会(第1回)-02月21日−05号

小山市の投票のアップは重要課題であると思います。期日前投票の比率が増加しているという昨今の投票状況を踏まえまして、投票アップのためには投票しやすい環境づくりが何よりも必要と思います。   そこで、有権者の皆さんへ郵送している投票所入場券の裏面に期日前投票申請書を印刷し、ご自宅でご記入の上で、ご持参いただいたほうがよいのではないかと思います。宣誓書の記入場所には法的な規定はございません。

真岡市議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月11日−議案質疑、一般質問−02号

総務省の調査によると、昨年参議院選挙で、子供のころに親の投票についていった若者はそうでない人と比べて投票が20ポイント以上高かったという結果が出ております。   そこで、政治選挙への関心を高めるため、中学生に対して、どのような取り組みを行っているのかお聞きいたします。   

真岡市議会 2017-12-01 平成29年 12月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

選挙権が18歳以上に引き下げられてから、参議院選挙栃木県知事選挙衆議院選挙の3回選挙があったが、その投票をみて、主権教育に反映されるのか伺う。 ③真岡西中学校では、生徒会選挙で街頭演説会(廊下で演説)を実施するなど、実際の選挙により近づけた様々な取組をしている。これを市内全中学校に広めてはどうか。  

那須塩原市議会 2017-12-01 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月01日−05号

こちらの点でも先ほどの児童生徒にかぶってはしまうんですが、実際、執行部に投げかけられる場所の提供であったり、あるいは地域間で生徒同士が話し合って今の模擬投票につなげるであったりというところにおきましては、議会という言葉をつけながらやっていくという体験もよりリアルにやることによって効果が上がると思うのですが、そこに投票を絡めてしまいますとちょっと酷な質問にはなってしまうんですが、実際、社会的関心がなければ

那須塩原市議会 2017-06-22 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−06号

それから、この今選挙投票が低いという、若い世代投票が低いという中で、やはり聞けば給食費は隣がやっているからではなくて、大変な中で無料化してもらうのはありがたいと、そういう声を聞く中で、本市が取り上げる、こういったことを検討して取り上げるのであれば、やはり若い人の政治に対する意欲も増すであろうと思います。  

那須塩原市議会 2017-06-05 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月05日−02号

(1)本市における市議会議員選挙投票期日投票、当日の投票をお伺いいたします。  (2)投票を上げるためにどのような取り組みをしたのかお伺いいたします。  (3)選挙に要した主だった費用についてお伺いいたします。  (4)投票への関心を高めてもらうために、未来の有権者の小中高生を対象にどのような取り組みをする考えがあるのかお伺いいたします。  

那須塩原市議会 2017-03-16 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月16日−07号

また、昨今の地方選挙の結果を見ると、投票は低下傾向にあるとともに、無投票当選者の割合が高くなるなど、市民の関心の低さや地方議会議員のなり手不足が深刻な問題となっております。地方議会議員議員活動に専念できるよう、社会保障制度を充実させることは、監視機能の強化、ひいては地方自治のあるべき姿を実現するために必要不可欠であると考えます。

小山市議会 2016-12-22 平成28年 12月定例会(第4回)-12月22日−06号

一方で、統一地方選挙の結果をみると、投票が低下傾向にあるとともに無投票当選者の割合が高くなるなど、住民の関心の低さや地方議会議員のなり手不足が深刻な問題となっている。   よって、国民の幅広い層からの政治参加地方議会における人材確保の観点から、地方議会議員厚生年金加入のための法整備を早急に実現するよう強く要望する。   以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。   

鹿沼市議会 2016-12-09 平成28年第5回定例会(第4日12月 9日)

特に今回は、投票において、市長選挙のあった宇都宮市を除く栃木県内13市の中で、鹿沼市が唯一前回よりも投票が向上するなど、市民の関心度の変化がプラスの数値として表れたことは、大きな成果の一つだったというふうに受け止めております。  今後も福田栃木県政との緊密な連携のもと、市政発展に力を尽くしてまいります。