33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

日光市議会 2020-03-05 03月05日-一般質問-04号

そして、その内容によっては恐喝とかあるいは強要、暴力という刑事的な問題に発展しますよと、そういうものにつながりますよと。この5ついじめ防止基本理念だと思うのです。いじめ防止5つ理念、これを再確認すると同時に、結局はいじめはどんな理由があろうとも絶対に許されないこと。そして、いじめはあると、そういう認識を子供たち、そして我々教職員に根づかせることだと思うのです。

小山市議会 2017-02-20 02月20日-03号

非行少年若年犯罪者の再非行、再犯の現状、少年一般刑法犯検挙人員に占める再非行少年比率平成10年以降毎年上昇しており、特に強盗恐喝においてその比率が高いとのことです。  一方、栃木警察本部によりますと、栃木県の再非行率平成26年刑法犯総数634人、再非行率27.6%、平成27年刑法犯総数474人、再非行率30.6%で、刑法犯総数減少傾向でありますが、再非行率増加傾向にあります。

さくら市議会 2012-12-12 12月12日-02号

いじめについては、子供たち同士のあつれきや仲間外れ、嫌がらせ、暴力恐喝などの犯罪に問われるものなど、多種多様になっております。そのため、いじめの実態を可能な限り把握しまして、その内容を分析した上で必要な対応早期に進めることで、いじめが深刻となり犯罪に展開することがないよう、そして子供たちの命をきちんと守るということができるよう、責任を持って対応していかなければならないと考えております。 

日光市議会 2012-09-12 09月12日-一般質問-04号

次に、2点目、こども110番の家の設置目的設置状況等でありますが、こども110番の家は子供が誘拐や痴漢、恐喝、つきまといなどの被害に遭った場合に一時保護をするとともに、学校や家庭、警察へ連絡するなどして、地域ぐるみ子供たち安全確保を図っていくものであります。また、この事業を広く展開することで、事件、事故を未然に防ぐ抑止力となるものです。

那須塩原市議会 2012-09-12 09月12日-04号

昨日、小学校で11件、中学校で8件、計19件、そのうち16件は解決をしているんだというお話だったんですが、この中に特に恐喝とか傷害とかいわゆる犯罪にかかわるようないじめというものの事例があったのかどうかということ、それともう一つは、ここでは一応子ども子どもいじめのことが主なんですが、全国的にいいますと児童というより生徒ですかね、中学校におきましては教師に対して、先生に対しての非常に陰湿ないじめもあるというようなことを

足利市議会 2012-09-10 09月10日-一般質問-02号

恐喝、暴行といった明らかな犯罪であると考えます。法務省が平成24年に発表した調査によると、学校でのいじめは前年比21.8%増の3,306件で、過去最多となっています。いじめられる側も、いじめる側も、ともに将来の日本を担う子供たちです。見逃すことのできない深刻な問題であると受けとめております。  そこで、お聞きします。

壬生町議会 2008-12-12 12月12日-03号

三つ目に、薬物乱用により幻覚妄想があらわれ殺人などの重大犯罪を引き起こしたり、薬物を手に入れるための金欲しさに恐喝事件窃盗事件を起こすようになります。また、そのために、みずから密売乱用の勧誘などの犯罪を起こすようになります。 四つ目に、覚せい剤取締法、麻薬及び向精神薬取締法、あへん法大麻取締法、毒物及び劇物取締法薬事法などの法律で厳しく禁止されていて重い罰を受けます。

小山市議会 2008-09-05 09月05日-04号

薬物乱用は、乱用者個人の心身をむしばむだけではなく、幻覚妄想などにより、乱用者殺人などの凶悪な犯罪や悲惨な事件を起こしたり、薬物を入手するため、恐喝、窃盗強盗事件などが発生したりするなど、社会全体に重大な脅威を及ぼします。薬物乱用を防ぐ手だては何が有効とお考えでしょうか。  (6)、また犯罪非行防止対策を各団体とどのように連携をとっておられますか。  2、障がい者の就労支援について。

那須塩原市議会 2007-03-08 03月08日-05号

肺炎だったら、これはもう入院しなくちゃいけませんし、この入院というのは、事件として報道されたり、恐喝、傷害、これはもう当然犯罪につながるし、入院にも匹敵するんですけれども、犯罪に至る前のプロセスとしてのいじめですね。早期段階発見、それに対しての早期対応がもちろん大事なんですけれども、早期発見が非常に難しいとされております。 

矢板市議会 2006-06-22 06月22日-04号

被害者は3名に脅かされ、恐怖の余り預金全額を引き出し、恐喝に応じました。その後、被告は罪のない被害者から遊興費を手に入れる目的に拉致、監禁を続け、被害者遺族から奪った金額は2カ月間におよそ700万円に達した。犯人たちは、被害者父親たち容疑者を特定し警察に相談していることを察知し、15年逃げ切れば時効だとして殺害し、山中に穴を掘り、コンクリート詰めにした事件である。

小山市議会 2006-03-02 03月02日-05号

また、小山警察署からの情報によりますと、平成17年中の1年の間に小山市の未成年者わいせつ傷害恐喝等の被害者となる事件が70件にも上っており、しかもこの種の事件が年々増加する傾向にあるという、まことに憂慮にたえない状況にあり、子供たちがさまざまな危険に身をさらして生活しているというのが現実となってしまっております。  

小山市議会 2006-02-28 02月28日-03号

また、小山警察署からの情報によりますと、平成17年1年の間に小山市の未成年者わいせつ傷害恐喝等の被害者となる事件が70件も発生しており、しかもこの種の事件が年々増加する傾向にあるという、まことに憂慮に絶えない状況にあり、子供たちがさまざまな危険に身をさらして生活しているというのが現実となってしまっております。  

栃木市議会 2005-06-10 06月10日-03号

強盗恐喝、殺人放火薬物自殺と、警察の仕事が多くなってきました。それらの支えとなるのは、65歳以上の高齢者であるとも思います。善悪の教育を受け、腹の減った時代を我慢してきた人たち、いや、させられた人たちであります。3世代の家族の長老であります。山本有三先生の物語をよく知っている人たちであります。  

真岡市議会 2005-02-28 02月28日-02号

新法施行前の弱みにつけ込み、県南の養鶏業者に対しふん尿が臭いと苦情が出ている、改善するつもりがないなら右翼が街宣車を出すと、100万円くらいなら出せるだろうと脅迫をし、金銭を要求したとして恐喝未遂事件自称政治団体代表らが逮捕されております。本市においては、このような事件はないと思いますが、家畜排せつ物等での市民苦情などあったのかどうか。

  • 1
  • 2