5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿沼市議会 2020-09-10 令和 2年第5回定例会(第3日 9月10日)

なので、本当にこういう柔らかい感じで、「大丈夫ですよ」って、「安心して電話してくださいね」って思ってもらえるような、そういったものを再度つくり直して掲示していただけたら、もうそれだけで、その相談窓口にさえつながれば、その後は本当に専門のスタッフが、栃木県の「とちぎ暴力被害サポートセンター(とちエール)」であったりとか、いろいろな団体がございまして、そこにつなげることが重要ですので、そこはぜひお願

那珂川町議会 2019-09-24 09月24日-05号

また、その相談窓口といたしましては、福岡犯罪被害者総合サポートセンター暴力被害支援センター犯罪被害相談心のリリーフ・ラインがございます。まず、福岡犯罪被害者総合サポートセンターでございますが、これは福岡県が福岡市、北九州市と共同で設置している機関でございまして、電話、面談による相談対応行政機関を含む各種支援機関や制度の紹介、裁判所、警察、検察等への同行支援などを行っております。

那珂川町議会 2018-12-17 12月17日-04号

相談があった場合には、福岡県の暴力被害支援センター・ふくおかや法務局福岡人権擁護委員連合会女性人権ホットラインなどの専門支援機関をご紹介することにしております。支援機関の周知につきましては、チラシなどを男女共同参画推進センターあいなかに設置しております。以上でございます。 ○議長(高原隆則君) 伊藤議員。 ◆5番(伊藤智子君) 性被害チラシは何種類か窓口に置いてあるようです。

佐野市議会 2014-03-06 03月06日-一般質問-05号

また、関東甲信越地区婦人保護事業研究協議会では、講演の後、3分科会に分かれ、暴力被害への支援DV被害者への支援デートDV等への支援を受講しております。  次に、DV被害を受けた方のメンタルケアのお尋ねでございますが、DV被害者に対しましては、専門相談員による月2回のカウンセリング相談と月1回の女性相談男女共同参画推進センターで、被害者の気持ちに寄り添い、相談を受けております。

  • 1