23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

今回の保護費の削減の中に該当するものは、過支給などの返済には天引きが可能になった、医療では後発医薬品(ジェネリック)が原則化されました。定額給付だった学習支援費、これは部活動に限定されたと、そのほかも定額支給であった学習支援費を通信教育費や参考書は領収書が必要な実費支給になったと、こう私のほうは理解しております。  そこで伺っていきます。

小山市議会 2018-02-23 平成30年  民生常任委員会-02月23日−01号

2項保健事業費、1目保健衛生普及費、医療費通知業務、後発医薬品差額通知事業、健康しおりの作成業務、第3期特定健康診査等実施計画及び第2期データヘルス計画に基づき、PDCAサイクルに沿った保健事業の実施とエイズ予防に関する知識の普及啓発に取り組んでまいります。  2目疾病予防費、人間ドック健診費用の一部助成を行います。  8ページをごらんください。

那須塩原市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月06日−06号

新規で、後発医薬品差額通知を出す理由は。あと、対象者はどのような人で、何人を見込んでいるかお尋ねします。 ○議長中村芳隆議員) 答弁を求めます。  保健福祉部長。 ◎保健福祉部長(菊地富士夫) それでは、後発医薬品の差額通知を出す理由とその対象者についてお答え申し上げます。  

真岡市議会 2017-02-27 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月27日−議案質疑、一般質問−02号

国においては、国民保険制度を維持するため、平成25年12月に持続可能な社会保障制度の確立を図るための改革の推進に関する法律を制定し、健康の維持増進、疾病の予防及び早期発見を積極的に促進することにより、負担の増大を抑制しつつ、必要な医療を確保するため、情報通信技術診療報酬請求書などを適正に活用しながら、地方公共団体保険者や事業者などの多様な主体による保健事業などの推進、後発医薬品使用及び外来受診

栃木市議会 2016-09-29 平成28年  9月定例会(第3回)-09月29日−委員長報告・討論・採決

また、後発医薬品利用差額通知事業費に関し、栃木市のジェネリック医薬品の普及率と他自治体との比較について質したのに対し、普及率は46.9%であり、国の指針よりも若干下回っているとの答弁があり、これを受けて、ジェネリック医薬品の啓発方法について質したのに対し、保険証の交付時に啓発資料を同封しているとの答弁がありました。   

小山市議会 2016-06-08 平成28年  6月定例会(第2回)-06月08日−04号

さらに、厚労省では、2016年度後発医薬品使用割合や特定健診の実施率などの医療費関連のデータについて、地域間で比べられる形で都道府県情報提供を始めます。医療データをグラフ化して各都道府県の位置づけが一目でわかるように、地域間で競い合いながら医療費削減に取り組んでもらう、さらに医療費の低い地域の取り組みを調べられるようにするとのことです。

真岡市議会 2016-02-01 平成28年  2月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

84 市   長 2.後発医薬品(ジェネリック)の普及促進について (1)後発医薬品の普及促進のための制度の導入について ①現在の後発医薬品使用割合について、いつまでに、どれだけの普及率を目指しているのか。 ②後発医薬品は、新薬より低価格で患者経済的な負担軽減につながる。普及促進に取り組んではどうか。

鹿沼市議会 2014-09-29 平成26年第3回定例会(第5日 9月29日)

2点目、ジェネリック医薬品後発医薬品)の利用を心がける。  ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が満了後、厚生労働省承認を得て製造・販売される薬のことです。新薬に比べて開発費が大幅に削減できるため、新薬と同じ有効成分・同等の効き目でありながら薬の価格を低く、先発医薬品より3割から5割以上安く抑えることができます。

小山市議会 2014-09-05 平成26年  9月定例会(第3回)-09月05日−04号

また、医療扶助の適正化の手段として、後発医薬品、ジェネリック医薬品使用を促すよう努めることと定められており、医療扶助の削減のために長期外来患者を初めとして、医師会や医療機関等に働きかけ、ジェネリック医薬品の利用を推進してまいります。   以上、よろしくお願いいたします。 ○大山典男議長 30番、山口議員。                   

小山市議会 2014-09-04 平成26年  9月定例会(第3回)-09月04日−03号

さらに、医療費削減に効果があらわれるという後発医薬品、ジェネリック医薬品に切りかえた場合の医薬品差額通知事業の進捗状況もあわせてお伺いいたします。 ○大山典男議長 森谷市民生活部長。                   〔森谷昌敏市民生活部長登壇〕 ◎森谷昌敏市民生活部長 ただいまのご質問にお答え申し上げます。   

栃木市議会 2014-03-20 平成26年  3月定例会(第1回)-03月20日−委員長報告・討論・採決

人間ドック検診事業、歯周疾患検診、そして特定健康診査等につきましても引き続き力を入れていただくこととともに、後発医薬品の利用差額通知、マルチペイメント口座振替受け付けサービスなど、医療費適正化や収納率向上のための事業を強力に進めていただきたいと思います。   国民健康保険事業は、市民の皆様が安心して医療を受け、市民健康を守るためのものであります。

小山市議会 2013-12-02 平成25年 12月定例会(第6回)-12月02日−02号

呉市は、医療費削減に効果があるとされる患者を対象に、継続服用している先発医薬品を安価な後発医薬品、いわゆるジェネリック医薬品に切りかえた場合の患者の負担額の減額を通知し続けたところ、約8割の方が切りかえたことにより、先ほどの薬剤費削減効果を上げております。しかし、この差額通知を行った当初、医師の間から、こんな通知を出してくれるなという声も上がったようであります。

栃木市議会 2012-09-05 平成24年  9月定例会(第4回)-09月05日−一般質問

医療医薬品として初めて発売された先発医薬品特許が切れた後に、厚生労働省認可のもとで製造販売された後発医薬品のことをジェネリック医薬品と呼んでおりますが、先発医薬品と比較して3割から5割くらい安いと言われております。現在日本でのジェネリック医薬品の普及率は20%前後で、欧米諸国と比較して進んでいないとされております。

鹿沼市議会 2011-08-02 平成23年第4回定例会(第3日 8月 2日)

この後発医薬品、ジェネリック医薬品、どういうものか、若干触れておきたいのですが、もう皆さんご案内だと思うのですが、後発医薬品に対して、いわゆる先発医薬品というのは、俗に言う新薬と思っていただいて結構なのですけれども、1つの新しい薬をつくるのには10年とか、15年とか、非常に長いサイクルで、研究期間に物すごい時間がかかる。

壬生町議会 2009-09-15 平成21年  9月 定例会(第4回)-09月15日−01号

まず、歳出の主なものから取り上げますと、1款の総務費では、国がジェネリック、いわゆる後発医薬品と言われておりますが、ジェネリック希望カードの配布を全市町村に求めたことによりまして、栃木県国保連では一括作成をすることになったために、その経費を新たに計上したわけであります。  

真岡市議会 2009-03-01 平成21年  3月定例会 一般質問-質疑・一般質問通告書

定額給付金の地元消費目指し) ・地域の活性化・消費拡大に向け、定額給付金の実施に合わせ、プレミアム商品券の発行を ・市内すべての物やサービスに使えるよう工夫し、商店街の振興など、より効果的な事業を展開し最大限に波及効果引き出して頂きたい 145 市   長 2.ジェネリック医薬品後発医薬品

  • 1
  • 2