3867件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第6日目12月20日) 前々から同様の発言をしているが、住宅瑕疵担保履行法の制度や弁護士、建築士に相談できる制度があることから、そういった窓口の利用が望ましく、この陳情は不採択としたい」などの意見が多く、起立採決の結果、不採択と決定いたしました。   もっと読む
2018-12-19 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−08号 まず、関谷郷土資料館については、江戸時代末期から昭和初期にかけての民具や古文書等の資料を展示しておりますが、建物は平成6年、古民家風に建築されたもので、敷地については借地となっております。展示内容は那須野が原博物館とほぼ重複したものとなっており、その機能を那須野が原博物館に統合することはやむを得ないものと思います。   もっと読む
2018-12-18 さくら市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号 幾つかの法人に、あおぞら保育園の民営化の可能性についてお問い合わせをさせていただきましたが、あおぞら保育園は定員256名という、県内の公立保育園の中でも最大規模のカテゴリーに入っておりまして、今後の少子化の問題や保育士の確保の困難さが民間においても懸念され、ほかの2園に比べて建築年数も古いことから、芳しい返事を今の段階ではいただけておりません。   もっと読む
2018-12-17 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第5日12月17日) この予算額2,800万円は、市民情報センター4階のテレビ会議室、エンドユーザーコンピューティング学習室、スタジオの解体工事費、間仕切壁の撤去、撤去物の廃棄等550万円、建築工事スタジオ部分の天井の取り付け、OAフロア設置、南側出入り口付近の改修、パーテーション、ローパーテーション、書類棚の移設等1,580万円、電設工事設備等670万円であり、東館2階にある教育委員会事務局、教育長室を市民情報センター もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日)  田 典 功      同     小 林 紀 夫 同    鎌 倉 三 郎 ■欠 席 委 員(0名) ■説 明 員 廃棄物対策課長     岡嶋 清彦 建設部長        飯塚由貴雄 建設部参事(LRT担当)                      酒井 政憲 建設部次長       青柳 高行 建設部次長(LRT担当)                      矢野 公久 建設部副参事(建築担当 もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) 建築指導課も既に立ち入りしていますよという、うそをついて。でね、だから、この事業者は、言ってみれば、要注意の事業者だったというふうに、私、普通は認識するんじゃないかと思うんですね。  それに対して、次の年、平成26年5月にこういう情報があったにもかかわらず、何で通告してからの立ち入りだったのかと。 もっと読む
2018-12-11 塩谷町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月11日−03号 やはり仕事というのは雑とは言われませんけれども、今の時代ですから丁重にやっていただくんですが、やはりこの33年の設定が、私は無理なんではないかという立場、私も建築をやっていますので思うんですよ。だから、これありきでいくと、どうしても無理難題が出てくるんではないかなと思うんです。   もっと読む
2018-12-10 塩谷町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月10日−02号 後年度のリスク回避を図るために、町内81の建築物系公共施設の38.5%は建築後30年以上で老朽化が進み、耐震度不足も顕著であることからも、建築物系公共施設のマネジメントを最優先に実施すべきではないか。  2点目。  地域公共交通網形成計画についてです。   もっと読む
2018-12-10 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第4日目12月10日) そう思ったのは、平成29年1月8日から3月5日、宇都宮美術館開館20周年と市制施行120周年を記念して、「石の街うつのみや〜大谷石をめぐる近代建築と地域文化〜」と題した宇都宮美術館の展覧会に参加し、驚きと感銘を受けたからであります。  そのときの図録がこちらであります。これは大変好評で増刷されたということも伺っております。 もっと読む
2018-12-07 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号 現在、工事のほうは土木工事のほうが近く終了する予定でございまして、来年からは建築、こちらのほうの工事に移ると聞いております。  完成は2020年を目指して工事のほうを進めるということで、塩原温泉にとっては活性化につながるものと期待しております。 ○議長(君島一郎議員) 15番、櫻田貴久議員。 もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) 当該施設につきましては、建築後35年が経過しており、市民の皆様が安全・安心に御利用いただけるよう、宇都宮市公共建築物長寿命化推進計画に基づき、計画的に施設や設備等の改修、更新を行っているところであります。   もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) 市街化調整区域は、市街化を抑制すべき区域であり、建築できる建築物は、都市計画法により限定されております。  栃木県が5年ごとに実施している「都市計画基礎調査」によりますと、本市にはいまだ市街化区域内に農地・未利用地が多く存在しており、また「鹿沼市都市計画マスタープラン」においては、「コンパクトなまちづくり」を目指して、市街化区域への居住誘導を行っていくこととしております。   もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) そもそも新庁舎整備基本計画策定に当たり、新庁舎の位置、場所を決める候補地の条件は、市民の利便性が高い市街地(これは市街化調整区域を含む)、市街地に近い、家屋の立地の集積がなく、大規模建築が可能、敷地の高度利用が可能でありました。  この条件のもと、新庁舎整備事業の基本構想策定時、下水道事務所西側付近を、市街化調整区域と知りながら、候補地の1つとして選び、市民に提案したのは、佐藤市長でありました。 もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) まず1点目に、学校施設の計画的な更新についてお伺いいたしますが、本市の公共建築物は、1970年代ごろから1990年代にかけて、比較的安定的に投資がなされてきたこともあり、本市建築物の約半数となる48.1%を占める学校施設におきましては、平均築年数も高く、築40年を超える施設もありますことから、老朽度合いに応じた計画的な改修・更新が必要でありますとともに、同時期に建築された校舎等も多いことから、更新時期 もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 これはもう明らかに建築限界を出て張り出しているような場合は、私たちの責任になってしまいますので、そうこう言っていられませんので、これは直営でやらせていただきますが、ただ民地なのか、その道路なのかというような、そういうケースが今までなかったのでお話し合いもしませんでしたが、これからはふえていくと思いますので、やはりよく相談をしながら進めるしかないんだと思います。 もっと読む
2018-12-06 塩谷町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−01号 ◎建設水道課長(森田洋行君) ご指摘のありました部材の値上がり、そういう見通しの甘さがあったのではないかということでしたが、当然建築の部門におきましては職員も技術的にも精通している職員がいないということで、どの程度の予測というものは、建築関係に精通しているコンサルのアドバイスを受けての予算の計上でしたが、それがプロでも見抜けないという、専門家が判断する以上に物価、人件費が上昇してしまったという状況です もっと読む
2018-12-06 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号 このため、入札に参加できる者に必要な資格要件として、建築における市貝町格づけランクや経営事項審査決定通知書の総合評定値などを付し、当該条件を満たす者を入札参加資格としております。  本工事の概要でございますが、構造は鉄骨づくり・平屋建てで、床面積は541.91平方メートルの規模となっており、地質調査結果を踏まえ、地盤改良による直接基礎による施工を設計しております。   もっと読む
2018-12-05 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号 その後、建築工事区域内の支障物件の移転に不測の日数を要したことから、工事完成予定を平成31年9月末としておりました。  しかしながら、今般、鉄骨の柱とはり等を接合するための高力ボルトの納品が全国的な品薄を背景におくれており、平成31年9月末までの完成が難しい状況となってきております。  工事完了後、開館準備に一定の期間が必要でありますので、開館時期のおくれも想定しているところであります。   もっと読む
2018-12-05 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 初めに、発電事業者は、発電容量が50キロワット未満であれば、電気事業法の対象にならないこと、また、小口の太陽光設備は建築基準法上、工作物でもない。つまり法律の規制対象外であるために、事業者は施設に名前を示さなければいけないことが多く、誰がやっているのかわかります。  そこで、当町に10キロワット以上の大規模の太陽光発電の設置は何カ所ぐらいあるのか、伺いたいと思います。   もっと読む
2018-12-05 芳賀町議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−02号 生涯学習センター水橋分館は、昭和49年に建築されました。44年の経過がしております。建築後、維持管理は図られているのか、町内の公共施設としては、かなり古い施設であると思います。利用者から設備の改修や設備の充実の要望が出ております。  そこで、水橋分館の改修について、2点お伺いいたします。   もっと読む