402件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2022-06-10 令和 4年第2回定例会(第4日 6月10日)

さらに、道路橋梁などの長寿命化によるライフサイクルコスト最小化を図るため、効率的・効果的な維持管理市民協働による道路河川愛護推進し、公共施設整備による良好な居住空間の創出、定住促進市街整備を図ってまいります。  今後とも国庫補助などの財源を確保しながら、道路などの整備を進め、都市基盤の充実を図ってまいります。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  木村正人上下水道部長

芳賀町議会 2022-03-11 03月11日-05号

議案第30号 令和4年度芳賀一般会計予算中、他の常任委員会の所管に属さない全ての歳入歳出 審査の結果 原案可決 審査の意見または特に留意すべき事項 令和4年度は、LRT整備事業芳賀第2工業団地造成等完成を迎える見込みであるが、祖母井地区市街整備、北部第2地区土地改良事業等は継続中であり、全体事業費は増加している。 

矢板市議会 2020-12-10 12月10日-03号

初めに、議案第10号については、片岡市街整備事業に伴い、JR片岡駅周辺市営駐車場配置等について見直しを行った結果、片岡駐車場を廃止することとしたため、条例の一部を改正するものであります。 採決の結果、全会一致原案のとおり可決いたしました。 次に、議案第16号については、公の施設指定管理者指定について、法の定めるところにより、議会の議決を求めるものであります。 

栃木市議会 2020-12-02 12月02日-03号

都市建設部には、道路河川整備課道路河川維持課都市計画課市街整備課、公園緑地課及び住宅課建築課を再編し建築住宅課建築指導課を配置いたします。なお、道路河川整備課には、喫緊の治水対策事業を国や県と連携しながら的確に推進していくため、治水対策室を新たに設置いたします。  次に、経営管理部につきましては、総務部財務部の大部分の業務を移管して設置いたします。

矢板市議会 2020-11-27 11月27日-01号

議案第10号 矢板市営駐車場条例の一部改正については、片岡市街整備事業に伴い、JR片岡駅周辺市営駐車場配置等について見直しを行った結果、片岡駐車場を廃止することとしたため、条例の一部を改正するものであります。 議案第11号 矢板児童館設置及び管理条例の廃止については、矢板市子ども未来館の設置に伴い、矢板東児童館令和3年3月31日をもって廃止するため、条例を廃止するものであります。 

小山市議会 2020-09-03 09月03日-01号

次に、小山駅周辺における市街整備についてでございますが、駅東通り一丁目第一地区市街整備事業につきましては、旧東口駅前広場の駅に隣接した立地利便性を活用し、街なか居住推進周辺開発先導的役割を担う事業として、住宅135戸、医療及び子育て支援施設からなる17階建て複合施設整備平成30年3月から進めてまいりました。  

高根沢町議会 2020-06-04 06月04日-02号

委員会が所管する事務の中から、1、土地利用見直しに関すること、2、宝積寺市街整備に関すること、3、都市計画道路整備に関すること、4、雨水対策に関すること、5、地域振興に関すること、特に農業、工業、商業、観光です。6、上下水道に関すること、7、高根沢町議会委員会条例第27条に基づく日常調査に関すること。以上7項目の特定事件を調査することにいたしました。 

芳賀町議会 2020-03-05 03月05日-02号

中部地区は、中央通りの拡幅を中心市街整備を進めております。北部地区は、住民参加型のまちづくり推進してまいります。 強みにつきましては、主要公共施設の集まる祖母井市街地居住拠点として、土地利用の誘導により、都市的機能が集約された市街地を形成することができると考えております。課題といたしましては、関係する他事業進捗などの影響もありまして、事業が長期化している点が挙げられます。 

小山市議会 2020-02-19 02月19日-02号

つのまちづくり基本理念を実現するため、人口減少対策と持続可能な社会づくりに積極的に取り組むとともに、令和元年台風第19号被害からの復旧、復興対策推進令和2年度末竣工予定の新庁舎建設の着実な推進など、国の安心と成長未来を拓く総合経済対策と連携を図りながら、確実に実行するための予算としまして、第1に圏央道開通を契機とした新規工業団地開発による企業誘致及び若者の雇用の確保、駅周辺コンパクトシティ市街整備

那珂川町議会 2019-12-16 12月16日-04号

◆4番(吉野博君) 国土交通省報告書で、今後の市街整備の目指すべき方向によると、右肩上がり人口増加住宅宅地需要経済、これを前提としたこれまでの都市政策は既に役目を終え、今後緩やかな経済成長成熟社会の中で、より質の高い社会を形成するために、都市政策において持続可能な都市を構築する具体的な方策が求められているとあるように、今後人口推計に大きく影響を与えるほどの人口増加策は、過去の成功事例を参考

小山市議会 2019-11-29 11月29日-02号

また、主な取り組みとしては、計画期間最終年度となる第7次小山総合計画令和2年度を初年度とする第2次小山まち・ひと・しごと創生総合戦略などを踏まえて、新規工業団地開発市街整備開発実施などによる人と企業を呼び込む施策や河川排水強化対策実施など、安全安心なまちづくりなどを掲げ、これを積極的に推進することで、将来にわたる持続的な発展を堅持し、「夢」「未来」あふれる新しい小山市を創造していくとの

小山市議会 2019-11-27 11月27日-01号

次に、小山駅周辺における市街整備についてでありますが、「駅東通り一丁目第一地区市街整備事業」では、現在、14階躯体工事施工中で、11月末の進捗率は約54%であり、来年9月の完成に向けて順調に工事を進めております。  また、「城山町二丁目第一地区市街地開発事業」は、現在、2階躯体工事施工中で、11月末の進捗率は約29%であり、来年度末の完成に向けて順調に工事を進めております。