1750件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5日 6月21日)

地方自治法第121条の規定による出席要求によって出席した者  市長       佐  藤     信   経済部長    杉  江  一  彦  副市長      福  田  義  一   環境部長    金  子  信  之  総務部長     糸  井     朗   都市建設部長  茂  呂  久  雄  財務部長     渡  邉  政  幸   水道部長    坂  入  弘  泰  市民部長

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

本市の市民1人当たりの教育費の他市との比較と考え方についてでありますが、昨年度の「決算特別委員会参考資料」に掲載の「平成28年度歳入歳出の款別の市民一人当たり決算額調べにおける県内各市との比較表」の10款教育費の本市の市民1人当たりの額は4万4,865円、決算総額の11.2%であり、14市中8番目に位置しております。  

鹿沼市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日 6月13日)

袖山稔久市民部長。 ○袖山稔久 市民部長  おはようございます。  それでは、公共交通についての質問のうち、公共交通の活用と拡充についてお答えをいたします。  まず、地域公共交通網の整備計画についてでありますが、本市では、平成29年度に「鹿沼市地域公共交通網形成計画」を策定いたしました。  計画の基本理念は、「市民が安心して利用できる“生活の足”を確保する」であります。  

鹿沼市議会 2019-06-03 令和元年第2回定例会(第1日 6月 3日)

市民の皆様の信頼を著しく失墜させましたことにつきましては、心よりおわび申し上げますとともに、今後はより一層職員の服務規律交通法規の遵守を徹底するとともに、職員一丸となって、市民からの信頼回復に全力で取り組んでまいります。  次に、この春に行われました一連のイベントについて、議員各位におかれましては、多大なるご支援・ご協力を賜りましたこと、まずは厚く御礼を申し上げたいと思います。  

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

市民のさらなる活動を支援する必要性に照らし、市民情報センターから、市民の利活用を奪うことは避けて、教育委員会教育委員会事務局を本庁舎内に収める新庁舎整備を行うべきであります。  平成31年9月、今から6カ月後に、実施設計が完了し、工事の内容が明確となり、工事費が明らかとなり、予算の調製はなされます。  

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

小太刀亨市民部長。 ○小太刀 亨 市民部長  市民部についての質問にお答えします。  まず、市民部の概要についてでありますが、市民部は、生活課、地域活動支援課、市民課、人権推進課、保険年金課の5課及び14のコミュニティセンターで組織しており、主に日常の市民生活に密接に関係する業務を中心に担当しております。  

鹿沼市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1日 2月25日)

また、昨年は、市制施行70年の節目の年であり、一年を通して、市民の皆さんとともに様々な記念事業に取り組んでまいりました。  2月には、「いちご王国とちぎ」の一員である「いちご市かぬま」が初めて「いちごのもり」を開催し、約7,000人の皆さんに「いちご尽くしのオモテナシ」をさせていただきました。  

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

市民農園の車椅子用プランターの数を1基と申し上げましたが、正しくは2基の誤りで、訂正をいたしますので、よろしくお願いします。  また、館野議員から、元気な森づくり推進事業の今回の予算づけにつきましてのご質問の中で、県の補正予算によるものとお答えいたしましたが、本年度に入って木製品整備支援事業の追加事業があったためということで訂正をし、おわびを申し上げます。  以上です。

那須塩原市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

博物館もしくは市民、地元、それから役所、こういうものの連帯感が、本当に連携がとれているのか。それをここでは十分に行われていないということを言っているんですね。しかしまた、それらの芸術の資源に対する認知度は高いとは言えないと。本市のアート資源に対する市民認知度を高める必要があるんだと、ここで言っているんです。もう本当にそのとおりだと思いますよ。

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

◆25番(山本はるひ議員) 市民に寄り添っていろいろなサービスをしていくに当たりましては、やはりお知らせをすることがどのくらい市民の方々に届くかということはとても大切なことですので、どの人にも届くことはないんですが、ターゲットを絞ることができるものにつきましては、そこの部分にも、簡単でいいので、お知らせしていただければいいかなというふうに思います。  

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

要綱につきましては、栃木県市民環境部のほうと調整をさせていただきまして、要綱に関する詳細につきましては県のほうとすり合わせをした結果、指示をいただきまして、面積要件等設置したところでございます。  なお、これらに関します取り扱いにつきましては、県の開発基準に基づきまして数値のほう定めたところでございます。 ○議長(小泉栄一)   11番、高徳義男議員

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

次に、事業実施の目的についてでありますが、市民が自ら健康づくりのための活動を実施・継続することで、健康増進に努め、健康寿命の延伸を図ることを目的としております。  ポイントをためることにより、健康診断やがん検診・歯科健診の受診者を増やし、市民が継続的に運動や食事等の健康づくりに取り組むきっかけづくりをしていきたいと考えております。  

那須塩原市議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月04日−03号

◆2番(中里康寛議員) あの周辺一帯のまちづくりについて、市民の意見や考えなどを伺った上で地区計画の決定がなされたものと思います。  その後、16年余りが経過し、目指している市街地像とはなっていない中で、地区計画の考え方について改めて市民専門家の意見を伺うなど調査はなされているのでしょうか。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  建設部長