49件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

2016年に、広島県広島市安佐北区安佐南区においては、やはり豪雨により、雪崩が発生し、行方不明者の捜索は1カ月間に及び、災害における直接死は74人、災害関連死が3人加わって、死者77人となり、この災害死の数は、国土交通省の発表によりますと、人的被害としては過去30年間の日本で最多であり、1983年7月の島根西部で87人が死亡行方不明となった豪雨による土砂災害以来の大きな人的被害となり、広島市

那須町議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月02日−総括質疑−02号

私も参加した昨年の産業建設観光常任委員会の所管調査、視察先の島根南町でもコーディネーターが定住の大きな推進役を果たしている様子がうかがえました。今回の那須町でのこのコーディネーターの配置によって、どんな働きが期待されるでしょうか、お聞きします。 ○議長(松中キミエ君) 町長。 ◎町長(高久勝君) ただいまの小野議員質問に対してお答えを申し上げます。  

野木町議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月12日−03号

島根の邑南町に視察に行ってまいりました。島根の山間部に位置し、交通の便の非常に悪いところであります。しかし、町に入って最初に気づくことは、石州瓦と呼ばれる赤みがかった色の瓦です。それで町の民家の屋根が統一されておりまして、日本離れした風景というか、そういうふうなものすごく印象が強い景観でした。日本スイスと呼ばれているゆえんだそうです、それが。  

市貝町議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月07日−03号

議員の先生方も茂木町で地方創生田園回帰シンポジウムでしょうか、ありましたけれども、そのときに日ごろ会えない方が島根雲南市からやってまいりまして、市長さんがお話しになったのを皆さんも覚えていらっしゃると思うんですが、小塙議員がご指摘するとおり、空き家バンクは実績は本当に2-3割しかないんですけれども、そういう中で成功例をおさめているところは専従の職員がいて、さらに専用の窓口があると、そういうことを控室

那須町議会 2017-09-04 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月04日−一般質問−02号

7月に議会で、先進地視察として島根南町の取り組みを見てきました。人口1万2,000人の静かで景色のよい農山村です。邑南町では、若い世代の移住者がふえています。13年前に2市2町1村が合併してできた町です。日本一の子育て村推進基本計画をつくり、取り組んできたその成果として、合併10年目で初めて人口が20人ふえ、その後も人口の出入りをあらわす社会動態が3年連続で増加しています。  

野木町議会 2016-12-07 平成28年 12月 定例会(第8回)-12月07日−03号

また、11月3日の下野新聞に、栃木県那珂川町に、島根の小さな島でございます海士町の山内道雄町長の講演があったとの記事が載っておりました。海士町の町おこしと我が町との違い、また参考にできることがあればと調べてみますと、町民の参加が大きな鍵で、これが町を活性化する要因であることなど参考にすべきことがあると思い、次の質問を行います。  1、まちづくりについて。  

鹿沼市議会 2016-07-13 平成28年第3回定例会(第2日 7月13日)

これを地域分権型事業として調べますと、全国ではいくつかの地域で取り組まれており、主な自治体といたしましては、先の3月議会定例会において大貫毅議員から例示のありました島根雲南市のほか、大阪府池田市愛知県豊田市富山県南砺市などが挙げられます。  これらの取り組み内容につきましては、池田市豊田市予算提案制度補助制度の併設になっており、雲南市、南砺市では、補助制度として実施しております。  

野木町議会 2016-06-09 平成28年  6月 定例会(第3回)-06月09日−03号

さらに、島根浜田市では、高校生までの子供がいるひとり親世帯保護者介護職につくことを条件に移住を促す移住促進策があります。茨城県利根町では、若者の定住や町外からの転入者の増加を目的に、民間銀行と連携し金利を優遇する提携ローンを開始しました。具体的には、住宅取得プラン、リフォームプラン、住みかえプラン、3種類があります。我が町も参考にしてはいかがかと思うんですけれども、いかがでしょうか。

下野市議会 2016-06-03 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月03日−03号

熊本市もそうでしたが、島根鳥取県あたりもたしか全ての自治体地下水水道水を補っているというふうにも聞いているので、代替水源を求めるというよりは、地下水が枯渇しない施策に力を注ぐことのほうが私は市民幸福につながるのではないかと考えます。  そのために、やっぱり水源涵養策といいますか、水源地の保全策、保護策をとっていくことが必要と思います。

那須町議会 2016-03-04 平成28年  3月 定例会(第1回)-03月04日−総括質疑−02号

ある例として、島根海士町という小さな島では、町長の施政方針や振興計画を絵本仕立てにして島民と共有しているというような例もございます。リーダーの思いを共有することにより、みんなが同じ方向へ目を向け、同じ歩みをしていくということが大事になってくるかと思います。ここで、施政方針や振興計画をより広く町民の方々へ伝えていくのか、どのようにお考えになっているのかお聞かせいただきたいと思います。

那須塩原市議会 2016-03-03 平成28年  3月 定例会(第2回)-03月03日−04号

島根の海士町や宮崎県の綾町は、離島や山間地域でも人口増を実現させています。自治体行政権限を産業住宅、若者定着にしっかりと生かしているというのも大きな特徴です。  那須塩原市と同じような規模の自治体では、新潟県上越市静岡県掛川市など、合併して人口がほぼ那須塩原市に近い状況で小学校区別に地域づくりを計画し、策定を進めています。

那須町議会 2015-12-01 平成27年 12月 定例会(第8回)-12月01日−一般質問−02号

廃校を利用した加工品工場、総菜、それから肉加工、乾燥品とか、いろいろ加工について、島根の海士町では、特産品の販路を開拓し、加工場を整備。肉牛のブランド化や6次産業を発展させるために、個人ではリスクの高い加工工場の建設は切り離せられない。加工場の集約化によって、少量でも商品化できる6次産業化あるいは那須ブランドの開発によって海外市場を開拓することができる。

那須塩原市議会 2015-09-28 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月28日−06号

岩手県議会が廃止、島根大田市議会が撤回を求めて意見書を既に提出しました。国民的共同で戦争法を一刻も早く廃止に追い込み、その大もとにある昨年7月の閣議決定を撤回させていきましょう。それを実現する新しい政府をつくるために力を合わせるよう訴えて、陳情第12号を採択するよう求める討論を終わります。 ○議長中村芳隆議員) 次に、2番、星宏子議員。    

鹿沼市議会 2015-06-12 平成27年第3回定例会(第4日 6月12日)

これは全国区で有名なところですけれども、島根の海士町ですか、あそこの島根県隠岐島高等学校は、越境入学をたくさん受け入れたりしているのですよね。農業も、私はそういう潜在力があるのではないかと思うのです。意外と農業は、私なんかは嫌いでしたけれども、きついし、汚いなと思うのですけれども、今思うと、意外と農業はクリエイティブな仕事なのかなと思うのです。

栃木市議会 2015-06-03 平成27年  6月定例会(第2回)-06月03日−一般質問

島根農村集落では定住化に成果を挙げているのだと、そしてその新聞には人口減少回復の兆しの大見出しであります。全地域の3分の1の73の地域で4歳以下の子供が増加したといいます。島根中山間地域研究センター、これは県の研究センターのようでありますが、小学校区のような一次的生活圏、平均人口1,370人のような小さな生活圏を単位に分析したものであります。

那須町議会 2014-06-09 平成26年  6月 定例会(第4回)-06月09日−一般質問−02号

◆15番(深沢宏美君) 国による教育への政治介入、これまでもいじめの隠蔽、また大阪市に見られた「君が代」の強要、また島根図書館で行われた「はだしのゲン」の撤去、こうしたものに対して防波堤になってきたのが教育委員会でありました。教育委員会改悪法案を反対の立場を私は明確にし、反対の要望を国に上げるべきではないかと思いますけれども、最後に教育長にもう一度伺います。 ○議長(尾台一成君) 教育長

那須町議会 2014-03-03 平成26年  3月 定例会(第2回)-03月03日−一般質問−03号

島根奥出雲町とJA横田で実施しているインターン事業は、2年間の技術修業をし、その間月15万の生活費のほか、格安の家賃で住宅を提供し、2年後に1人に200万程度の出資をしてもらい、生産法人をつくって、共同経営で果樹、野菜、花木などを扱うことにしております。農業に従事することを希望していても、こうした情報がないため悩んでいる若者もいるはずです。

小山市議会 2013-12-05 平成25年 12月定例会(第6回)-12月05日−05号

一方、トキは、農林水産省国土交通省環境省平成16年1月に策定いたしましたトキ保護増殖事業計画に基づいて、新潟県佐渡市において個体の増殖、飼育、保護が、出雲市トキ分散飼育センター、島根出雲市、長岡市トキ分散飼育センター、新潟県長岡市の2カ所の地方自治体において分散飼育が実施されておりますが、関東地方地方自治体ではいまだ実施されていない状況です。