運営者 Bitlet 姉妹サービス
23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2016-09-13 足利市議会 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月13日−一般質問−04号 平成26年3月の中島議員の一般質問でも触れられていますが、自治体レベルで調整できる保育料や公営住宅の家賃算定などで、非婚のひとり親の家庭にも寡婦控除のみなし適用を実施する自治体がふえています。そんな中で公営住宅法施行令の一部改正により、この10月より公営住宅の家賃算定には、みなし寡婦控除が適用されることとなりました。これは、みなし寡婦控除の必要性の高まりを受けてのことであると認識しています。    もっと読む
2016-03-03 栃木市議会 平成28年  3月定例会(第1回)-03月03日−一般質問・質疑、委員会付託 市といたしましては、寡婦控除のみなし適用を行うことによりこのような状況を改善することができ、ひとり親世帯への有効な支援策となることから、できるだけ早く実施できるよう、現在実施方法や実施時期について検討しているところであります。    もっと読む
2015-12-14 那珂川町議会 平成27年第4回(12月)定例会-12月14日−04号 寡婦控除のみなし適用につきましては、本年度の実施計画の中で検討しました結果、保育料のほか、児童福祉法に基づく児童福祉関係費用も含め来年度から実施する方向で規則の改正など、必要な準備に着手してまいります」ということで、9月議会で春日市の井上市長は来年度から実施するということで答弁をされております。 もっと読む
2015-12-01 那珂川町議会 平成27年第4回(12月)定例会-目次 所整備するとした理由は ②国・県の補助金を活用する際に留意する点は ③これまでの公式見解との整合性は取れているか ④町全体に均一にサービスが行き渡るように、子育て支援拠点の整備方針を変更する考えはないか6羽良 和弘 (P83~)(1) 子どもの貧困対策について①奨学金制度について  ・本町における奨学生の状況について  ・奨学金貸与規程の対象者の拡大について  ・給付型奨学金制度の新設について ②寡婦控除 もっと読む
2015-06-12 那須塩原市議会 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月12日−05号 寡婦控除のみなし適用が広がる契機になったのは、2009年に東京都と沖縄県に住む3人の非婚の母が日本弁護士会、日弁連に行った人権救済の申し立てを受けてです。実態を調査した日弁連は、2013年1月、関係省庁と自治体に婚姻歴のない母への寡婦控除、みなし適用を要望しました。   もっと読む
2014-09-05 宇都宮市議会 平成26年第5回定例会(第3日目 9月 5日) また、本市でも、未婚のひとり親支援で寡婦控除のみなし適用が話題に出るようになりました。  しかし、新しいものができれば全てうまくいくというものでもありません。新たな受け入れ体制ができれば、利用者が殺到し、よりニーズが膨らんで、また新たな待機児童がふえているところもあります。新制度が始まっても、しっかりと体制が根づくまで見守っていく必要があるということでしょう。   もっと読む
2014-06-13 那珂川町議会 平成26年第2回(6月)定例会-06月13日−04号 いわゆる寡婦控除のみなし適用というものであります。ちょっと今から私、ある新聞記事について説明をしたいと思いますんで、ちょっとしばらくお待ちください。  この記事は、昨年の9月22日、朝日新聞の朝刊の記事であります。これ朝日新聞社と議長の許可を得まして一応議場に持ち込んでおります。これちょっと見出しを読んでみます。「ひとり親、未婚でも支援、寡婦控除を適用、12県市に拡大」というふうに書いております。 もっと読む
2014-06-01 那珂川町議会 平成26年第2回(6月)定例会-目次 1) 安徳台について (2) 庁舎の在り方について①総合政策会議の方向性について ②今後の方針について ③地元説明について ①行政規模に応じた庁舎について ②住民サービスの向上に対応した庁舎を ③庁舎全体の景観について ④市制施行に向けて新庁舎構想について6羽良 和弘 (P80~)(1) ひとり親家庭の支援制度に  ついて (2) 文化の香る町づくりについ  て①ひとり親家庭の現状について ②寡婦控除 もっと読む
2014-03-24 宇都宮市議会 平成26年第2回定例会(第7日目 3月24日) また、寡婦控除のみなし適用は、子育て世帯への支援策であるが、その予算が計上されていないことは非常に残念である」との意見がありましたが、起立採決の結果、原案のとおり可決いたしました。   もっと読む
2014-03-13 大田原市議会 平成26年  3月定例会(第1回)-03月13日−代表質問、一般質問 まず初めに、大きな1番、寡婦控除のみなし適用についてお伺いいたします。寡婦控除とは、結婚をしていた人が死別や離婚でひとり親になった家庭を対象に、27万円から35万円を所得から控除し、税額を軽減する制度です。しかし、結婚歴がない場合には対象者とならないため寡婦控除が適用されませんので、所得税などをもとに自治体が金額を算定する保育料や市営住宅の家賃などでも重い負担を強いられます。 もっと読む
2014-03-10 宇都宮市議会 平成26年厚生常任委員会(第1日目 3月10日) 次ですが,12月の一般質問でもしたんですけれども,寡婦控除のみなし適用についてなんですけれども,これについて,例えば来年度これを実施するとすると,どれくらいお金がかかるというふうに見込んでおられますか。 もっと読む
2014-03-07 足利市議会 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月07日−一般質問−02号 次に、市営住宅使用料についての寡婦控除のみなし適用でありますが、市営住宅使用料の算定における収入の積算に当たり、控除の対象とする寡婦は、公営住宅法施行令により所得税法に定める寡婦とされておりますので、法令上、非婚の母に対する寡婦控除は困難な状況となっております。 もっと読む
2014-03-06 那須塩原市議会 平成26年  3月 定例会(第1回)-03月06日−04号 このみなし寡婦控除は全国で60を超える自治体が結婚歴のないひとり親に寡婦控除のみなし適用を実施し、保育料などを軽減しています。日光市の斎藤市長が県内で初めて4月から実施を表明しています。次いで、隣の鹿沼市、佐藤市長が昨年4月にさかのぼって25年度から実施を明言しており、宇都宮、佐野市でも12月議会での一般質問で実施を求めています。そこで、確認です。   もっと読む
2014-03-06 高根沢町議会 平成26年  3月 定例会(第358回)-03月06日−03号 そこで、保育料や町営住宅使用料の寡婦控除のみなし適用につきましては、ひとり親家庭支援の充実を図るためにも、平成26年度中に他市町の動向や行政手続等踏まえ、十分検討していきたいと考えております。  次に、生活保護行政についてのご質問のうち、生活保護基準引き下げによる他制度への影響と町の対応についてお答えいたします。   もっと読む
2014-03-05 宇都宮市議会 平成26年第2回定例会(第3日目 3月 5日) 貧困にあえぐひとり親世帯の状況に、自治体としてできる支援の一つとして、寡婦控除のみなし適用の実施について、御見解をお伺いいたします。  〔子ども部長高橋利幸君 登壇〕 ○子ども部長(高橋利幸君) ひとり親世帯の支援拡充についてのうち、父子家庭の支援拡充についての御質問にお答えいたします。   もっと読む
2014-02-21 小山市議会 平成26年  2月定例会(第1回)-02月21日−02号 あわせて、12月議会の続きで恐縮ですが、未婚のひとり親の寡婦控除のみなし適用もご審議をよろしくお願いいたします。   次に、地域包括ケアシステムについてお伺いいたします。地域包括ケアシステムとは、団塊の世代が後期高齢者となる2025年を見据えて、高齢者が認知症や重度の要介護状態になっても、可能な限り住みなれた地域で暮らせるよう、医療、介護、介護予防、住まい、生活支援を一体で支える体制のことです。 もっと読む
2013-12-13 壬生町議会 平成25年 12月 定例会(第5回)-12月13日−03号 なお、県外の一部自治体では非婚母子家庭に対し、みなし寡婦控除を実施しているようですが、県内では、現時点においては保育料算定での寡婦控除のみなし適用をしている市町村はありません。また、実態といたしましては、本町ではほとんどの非婚母子家庭が住民税非課税世帯であることから、保育料は免除となっている状況です。このようなことから、今後、状況を見ながら検討してまいりたいと考えております。   もっと読む
2013-12-12 鹿沼市議会 平成25年第4回定例会(第4日12月12日) 3点目ですが、未婚の母を救済するための寡婦控除のみなし適用についてお尋ねをいたします。  未婚の母、結婚歴のない、シングルマザーのことです。このシングルマザーの経済的な負担を軽くするための問題についてお尋ねをしたいと思います。  結婚歴がある場合には、その対象となる税法上の寡婦控除が受けられます。 もっと読む
2013-12-10 日光市議会 平成25年 第4回定例会(12月)-12月10日−一般質問−03号 婚姻歴のない母子世帯の寡婦控除のみなし適用について伺います。寡婦控除は、婚姻歴のあるひとり親家庭の女性が所得税を納めるときに適用される優遇措置であります。つまり、死別や離婚によるひとり親は対象となりますが、結婚歴がない非婚の場合、生活実態は同じでも対象とはなりません。 もっと読む
2013-12-10 日光市議会 平成25年 第4回定例会(12月)-12月10日−一般質問−03号 婚姻歴のない母子世帯の寡婦控除のみなし適用について伺います。寡婦控除は、婚姻歴のあるひとり親家庭の女性が所得税を納めるときに適用される優遇措置であります。つまり、死別や離婚によるひとり親は対象となりますが、結婚歴がない非婚の場合、生活実態は同じでも対象とはなりません。 もっと読む
  • 1
  • 2