1735件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日 6月13日)

歩行者の安全確保と使いやすい歩道について。  交差点などで、車道から歩道へ自動車の侵入を防ぐためのガードシステムや縁石の強化など、安全のための見直しをするべきと思いますが、考えを伺います。  2番目、晃望台通りの歩道について。  晃望台通りの歩道は、インターロッキングブロックによるれんが調のブロックで整備がされています。高齢者車椅子を利用されている方から歩きにくいとの声があります。  

鹿沼市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第5日 3月18日)

また、ひなた保育民営化に伴う施設整備支援、森林環境譲与税活用による森林経営管理事業、地域活動ボランティア補償制度導入などの地域活動の振興、健康マイレージ事業の導入、「かぬま生き物図鑑」の製作、小学校への学習用タブレットの全校への導入やALTの増員などによる学校教育環境の充実、図書館本館のエントランスリニューアル、消防本部での多言語コールセンターの活用などの安全安心なまちづくりなど、教育福祉の充実

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

それで、21日、その前日の21日にも、ほぼ復旧ということでありましたけれども、安全を第一にということと、あと食材の発注の関係から、翌週の26日まで、献立の変更を延長したということでございます。  次に、献立が貧弱なのではないかということでございます。  確かに、鈴木毅議員がおっしゃるように、22日(金曜日)の献立は、鈴木毅議員の前にある献立でございました。  

鹿沼市議会 2018-12-17 平成30年第5回定例会(第5日12月17日)

その中で、今回の視察で訪れた北九州交通公園・市立交通安全センターは、子供たちが交通ルール道路知識を楽しみながら学べる公園です。  交通ルールについての講座や映画上映による交通安全についての学習ができ、敷地内の教習用の道路では無料の自転車を借りて実際に走行することもできます。自転車シミュレーターや運転シミュレーターは、安全自転車の乗り方の習得、運転適性のチェックに活用されております。  

野木町議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月14日−05号

本件につきましては、お手元に配付のとおり、1といたしまして、国営栃木南部農業水利事業荒川排水機場建設工事、新荒川排水路建設工事安全祈願祭。  2としまして、小山市野木町消防事務連絡協議会定例会。  3としまして、交通安全防犯暴力追放市町民大会。  4としまして、栃木県町村議会議長議長会議・研修会。  お諮りいたします。

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

地域安全、安心して暮らせるように、さまざまな機会に効果的な方法で制度の理解を広める周知、啓発活動に努めていただき、必要であれば親族にかわって市長が速やかに申し立てを行い、後見人が不足するようであれば市民が担うことになっていただくような人材育成を図っていく、こういった取り組みが重要になってくると考えます。  

鹿沼市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日)

それで、その上で、市民安全を守っていくということが、ここでも述べられているのですが、そうしたことも考えると、鹿沼市の河川を考えるということは、これから先は本当に鹿沼市の安全防災を考えるというところでは、必要なのかなというふうに私は思います。  2年前、平成28年の9月のときに、南摩ダムについて、私は質問をしました。  

那須塩原市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号

本市の取り組みといたしましては、那須塩原市交通安全推進計画、こちらに基づきまして、那須塩原警察署及び関係団体と連携を図りながら、自転車安全利用促進運動、交通安全教室、講習会など、こういったものを実施すること、さらには自転車通行ルールヘルメットの着用の徹底、こういったものなど市民交通安全意識、これの向上に努めているところでございます。  

市貝町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号

第5条は、町民が安全・安心な生活を営むことができるよう、町民の権利について規定しております。  第6条、第7条、第8条は、町民、議会議員、町それぞれの責任について規定しております。  第9条は、町政運営の指針となる総合計画を町民参画のもと策定する旨、第10条は、行政評価を実施する旨の規定でございます。  

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

そのために、よそでは、駆け込みハウスや子供見守り隊など、従来の交通安全指導員の活動ではカバーしきれない、犯罪被害を防止するための多くのボランティアの方が活動しています。  一方で、交通安全対策については、栃木県学校周辺の国道・県道についての歩道整備を推進してきたり、自動車自体の安全性能向上によって、随分充足してきたように思います。  

那須塩原市議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−04号

施設職員条件といたしまして、手話や福祉用具の取り扱いのスキルは求めておりませんが、車いすの貸し出しに関しましては、いつでも安全使用していただけるよう、安全点検とあわせて、職員使用方法の習得について必要に応じて対応してまいりたいと考えております。  最後に、(6)の民間施設バリアフリー化への補助の考え方についてお答えいたします。  

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

また、平成27年度より、牧草への放射性物質の影響を抑えるため、塩化カリを牧場内に毎年散布し、安全な放牧環境を整えてまいりました。  あわせて、放牧再開後、酪農・繁殖・肥育全農家に対し、安全性の啓発と放牧の意向調査を実施しておりますが、不安を十分に解消されないことから、原発事故以前の放牧頭数まで至っておりません。  

市貝町議会 2018-12-04 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号

次に、3つ目の、利用者増を図るためのイベント開催や周知広報はどのようにしているのかについてでございますが、ことしのイベントとしては、茂木警察署と協賛実施の交通安全の音楽演奏や、菊愛好家による菊の展示などを実施しております。  イベントの周知広報の方法については、町の広報誌・ホームページへの掲載や各施設へのポスター掲示等により周知を図っているところです。  

那須塩原市議会 2018-12-03 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月03日−02号

主な変更、修正をした点につきましては、市民安全安心な暮らしを守るという観点から、制振構造を免震構造に変更をしたこと、またこれに伴い、コスト縮減の観点から、2棟構成を1棟構成に変更した点が挙げられます。  また、基本構想の策定から若干期間が経過したため、新庁舎建設後における既存本庁舎の取り扱いや建設スケジュールにつきましても、現状に合わせた変更、修正を行っております。  

野木町議会 2018-11-30 平成30年 11月 臨時会(第4回)-11月30日−01号

子供安全・安心のために。それを専決処分の内容を審議する場所ですので、それが判断材料になるというように柿沼議員がおっしゃるならば、それも認めますけれども、私はそれは不適切だと思いますんで、どのように結びつくのかちょっと説明願います。  柿沼君。 ◆9番(柿沼守君) 私は、当然専決処分に関係しているというように理解しての質問であります。