3577件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益子町議会 2022-12-04 12月04日-一般質問-02号

次に、学校における働き方改革目的は、教師我が国学校教育の蓄積と向かい合って自らの授業を磨くとともに、日々の生活の質や教職人生を豊かにすることで、自らの人間性創造性を高め、子供たちに対して効果的な教育活動を行うことができるようになることとされております。学校に求められる役割が増大する中、教師の長時間勤務の是正や学校及び教師が担う業務の明確化適正化が必要です。

益子町議会 2021-12-03 12月03日-一般質問-01号

また、町の主な主催、主な行事等はおおむね無事終え、子供たちの大活躍の年でございました。今明るい話としては、悠和館国登録文化財という喜ばしい話題も入ってきております。  それでは、令和元年第6回益子町定例議会におきまして、議長より許可をいただきましたので、通告書に基づき一般質問をさせていただきます。  では、本来の質問に入りたいと思います。その前に、虐待についてお伺いします。

真岡市議会 2021-09-10 09月10日-03号

そういうことで歯の健診もしっかりと子供たちに徹底させながら、家庭の中でもしっかりと徹底させながら、健康な歯で80歳まで20本の歯を守るような、そういう生活習慣をお互いにつくっていきたいなと思っています。これはこれで次に移ります。  それと、4番目の自動販売機の設置の件ですが、確かに災害の場合はすぐ応急なことはできるかと思うのですが、時間との関係もあるのです。

小山市議会 2021-09-04 09月04日-02号

これからの子供たちは、グローバル化情報化などによる社会の変化に対応し、また自分たちを取り巻くさまざまな社会課題に向き合い、解決しようとする力が必要です。そのような資質、能力を育むために新たな学習指導要領では、小学校段階から中学校段階高等学校段階を通じて、教育充実を図る一環として主権者教育を掲げています。

栃木市議会 2021-09-04 09月04日-03号

「心のノート」は子供たちが身につける道徳内容をわかりやすくあらわし、道徳的価値についてみずから考えるきっかけとし、理解を深めていくことを目的としました。さらに、文部科学省では2014年より、小学校は2017年までの4年間、中学校は2018年までの5年間、「心のノート」を改訂した副教材、「私たち道徳」を配付いたしました。

小山市議会 2021-06-07 06月07日-04号

青少年の健全育成という観点からも、子供たちが法や司法によってみずからの権利、自由が守られて、他者の権利、自由をひとしく尊重する理念を体得することは、子供たちの未来を開くためにも欠かせないものだと思われます。紛争は起きてから解決するものではなく、起きないように、未然に防ぐことが重要だと私は感じております。ぜひとも積極的に取り組んでいただけるよう要望とし、次の質問に移ります。  

栃木市議会 2020-12-18 12月18日-05号

施設の整備については、学校関係者保護者の方々、そして何よりも子供たちが早急な完成を待ちわびていると思います。おいしいと笑顔で喜ぶ子供たちの姿が見られるよう早急な供給開始を期待するとともに、本契約については所定の手続を経て執行されているものでありますので、両案に賛成するものであります。  

小山市議会 2020-12-04 12月04日-05号

大阪市で行っている塾代助成事業では、子育て世代経済的負担を軽減するとともに、子供たちの学力や学習意欲、個性や才能を伸ばす機会を提供するため、一定の所得要件を設け、市内在住中学生の約5割を対象として学習塾家庭教師、文化・スポーツ教室等学校外教育に係る費用を、月額1万円を上限に助成する事業を行っておりますが、平成30年3月から中学生フリースクール利用者がこの制度による助成を受けられるようになったそうです

栃木市議会 2020-12-04 12月04日-03号

そのような取り組みで、子供たちが悩んでいるときにSOSが出せるような教育指導をしているところであります。 ○副議長千葉正弘君) 古沢議員。               〔6番 古沢ちい子君登壇〕 ◆6番(古沢ちい子君) 今の教育の仕方というか、児童に対することは、今の部長のお話でよくわかりました。先生方の現場は日々の活動で大変だということはよくわかっております。

小山市議会 2020-12-03 12月03日-04号

子供たちがどんな問題でつまずくのかといったデータをAI人工知能で解析し、一人一人に合った指導法につなげるというものであります。  これらの取り組みは、実証実験段階のものも多くあり、すぐに本市に活用できるものばかりとは限りませんが、今後、これからは行政のあらゆる分野において有効なツールになると言われております。ぜひ積極的に調査研究していただくことを要望し、私の質問を終わります。

栃木市議会 2020-12-03 12月03日-02号

子供たちには大変不自由な思いをさせたかと思いますが、12月2日の月曜日に引っ越しができまして、子供たちが今は使えるようになりました。  今後避難所が解消されれば、被災者総合支援班は、被災者台帳を整理し、それをもとに被災者支援内容の整理、確認、共有することにより、継続的な被災者支援、見守りにつなげてまいります。  以上であります。 ○議長大阿久岩人君) 氏家議員。               

小山市議会 2020-12-02 12月02日-03号

2つ目は、困窮度が高くなるにつれて、勉強の理解度が低下していることや大学までの進学を希望する子供割合が低くなっていることから、困窮世帯子供たち環境や経済的な理由によって進学を諦めることがないよう、教育支援充実を図る必要があります。  3つ目は、困窮度が高くなるにつれて、保護者正規雇用割合が低くなっていることから、保護者子供が安定した就労につながるよう就労支援が重要です。  

小山市議会 2020-11-29 11月29日-02号

今回小学校2校の統合によって、新設校通学区域はこれまで以上に広がり、通学する学校の位置が変わることで、自宅と学校距離が短くなる子供たちもいれば、反面通学距離が長くなる子供たちも多数いると想定されます。そこで、子供たちの安全安心な通学の実現について課題の一つとなると思われますが、どのように取り組んでいくのか、お伺いいたします。 ○福田洋一議長 答弁、添野教育部長

真岡市議会 2020-09-30 09月30日-04号

また、読書スペースには乳幼児用絵本から小学生向けまで約1,000冊の本が用意してあり、多くの子供たち利用していました。  課題として、遊具の劣化に伴う入れかえ費用保育士を含む職員の確保、冬休み期間等利用者が集中した場合に人数や利用時間の制限が難しいこと等でありました。  子育て支援に力を入れており、新たに図書館と複合交流施設の建設を検討している本市にとって、とても参考になりました。