311件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日)

それで、つけ加えられている絵は、行政があって、太陽がきます。太陽というのが、ここで言えば、地域のコミュニティという、この全体の理解と協力が必要な部分ですね。  それで、さらに行政がそれを応援していくということで、この図が完成しているということなのです。  それで、地域包括ケアは、本当に地域の方と連携しながら、行政もしっかりと支えていくということが非常に必要なのだと思います。  

鹿沼市議会 2018-12-06 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日)

みんなで、キャラクターで、やっぱり地域で広げていこうという意味で、小学生にも広げるということで、広くそのキャラクターを公募したわけなのですけれども、大賞をとられたのが、北犬飼中学校の生徒さんでありまして、このような、「イシカワン」ということで、本の顔をしていまして、こういうふうなクリアファイル、そしてこのようなシール、これは雨にも、光にも、太陽の熱にも強いということでつくっていただいたのですけれども

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

クリーンエネルギーの代名詞としてもてはやされる太陽光発電は、確かに火力や原子力のように燃料を使わず、さんさんと降り注ぐ太陽の光を電力に変えるという、環境によいイメージを抱きやすい。  しかし、現実は資産価値がない山林を安値で購入し、無残に伐採し、太陽光発電所という投資商品にして高値で売却するというスキームが一般化してきています。  

塩谷町議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−02号

少し過去の話になりますが、本町は昭和48年ごろから、「みどりと太陽と詩情あふれる豊かな塩谷町」をキャッチフレーズに、自然休養村事業を展開してまいりました。そのときに自然休養村センターとグラウンドの整備を行い、昭和56年度に農業構造改善事業の補完事業として、テニスコートやバンガロー及び郷土資料館を整備いたしました。  

宇都宮市議会 2018-06-20 平成30年環境経済常任委員会(第1日目 6月20日)

○委員長(舟本肇)  確かに大きな太陽光とか,大がかりな水力ということは大変難しい,また先ほど村田委員のほうからありましたように,東電の売電がなかなか難しいという問題が出ているという部分からいえば,今,今井委員から出た,生活の中で少しずつの節約が大きな環境負荷を下げてくれるんだよというようなことも大切なことだろうなと思いました。  ありがとうございました。ほかによろしいですか。  

那珂川町議会 2018-06-15 平成30年第2回(6月)定例会-06月15日−03号

街路樹自体が装飾物となり景観を向上させる機能、自動車による騒音と排気ガスを吸収し浄化する生活保全機能、太陽による照射を遮断し、植物の蒸散による温度の調整などの緑陰形成機能、視線を誘導し、道路の進行方向をわかりやすくする交通安全機能、風速の低減により砂じんを防いだり、火災時には延焼を防いだりする防災の機能です。

佐野市議会 2018-03-08 平成30年  予算審査特別委員会-03月08日−議案説明・質疑−01号

こどもの国のイベント等でも活用しておりまして、太陽の黒点の観察等を行っております。また、秋ですと夕刻になりますと星とか月の観察に出向いております。平成28年度は、20回出動し、約7,000人の方に天文観測を体験いただいております。今後もたくさんの団体、学校等も結構ですので、お申し込みいただきまして観測をしていただきたいと思います。 ○委員長(山菅直己) 小倉委員。

益子町議会 2018-03-07 平成30年  3月 定例会(第157回)-03月07日−議案説明・質疑・討論・採決−−03号

特に益子町では、北部地区と南部地区では降り方も解け方も違っておりまして、太陽がこもっているような状態ですので、今年度は実際に積雪もちょっと多かったというのがありまして、おっしゃるように今後そういうものに対してもうちょっとカバーできるように検討しなければいけないと思うのですが、たまたま最近になりまして、一部社長さんが亡くなって廃業してしまった業者なんかいて、業者の割り振りが違ってしまったところがありますので

那須塩原市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月06日−07号

今回、社会福祉法人である太陽の里が、目的としてはもう既に我々も報告を受けていますから、中身としてはカフェであったり、さまざまなことをあそこで展開をしていくということで、事業内容は理解をしているんですが、そうなると当然、障害を持った方々もあそこを利用されるということになりますよね。カフェでは働くとかということもあるわけですね。  

大田原市議会 2018-03-05 平成30年  3月定例会(第1回)-03月05日−一般質問

そうすると太陽が動いてしまうと、またひなたになってしまうというようなことがありますから、そういった意味でぜひ考えてもらいたいと、こう思っています。   それとあとイベント、たくさんのイベントがあそこで行われます。産業振興部長もご存じかと思いますけれども、大きなテント、あれが大体イベントのときが七、八十万円かかるのですか、あのテントが、取りつけと取り外し入れても。

那須町議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月05日−一般質問−03号

昨今では、FITにおける買い取り価格の下落により、当初よりも勢いは減速したものの、太陽電池パネル等の機器の高機能化、低価格化により、今もなお至るところで太陽光発電施設の建設が行われております。これに対して各地の自治体では、独自の条例の制定や既存条例の改正を検討する都道府県や市町村が出てきております。当町の規制についての動きはあるのかないのか、当町の現状についてお伺いしたいと思います。

宇都宮市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会(第2日目 3月 2日)

さらに、宇都宮丘陵の中央部に位置し、自然豊かで広大なうつのみや文化の森にある美術館の立地を、他の美術館にはない大きな特色の一つと捉え、気軽に訪れ、美術に触れることのできる場として自然環境を活用することとし、森の中で巨大な彫刻展示を行ったり、太陽の光を集めて虹をつくり展示する野外の企画展などにも取り組んできたところであります。  

市貝町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−01号

再生エネルギーとなりますと、当然、太陽熱とか風とか水とかいう形。この辺では波力発電とか地熱、火山なんてものはありませんからその三つが中心にはなると思うんですが、具体的に利用とか支援とかといっても一体何をやるのかということなんです。  ですから、例えば役場の敷地内に大きい風車をつくるとか、発電のための。あるいはパネル関係でもいいんですが、そういったものを今4枚ぐらいですか、この上に乗っかっているの。

小山市議会 2017-10-20 平成29年  決算審査特別委員会-10月20日−03号

そのほか定例太陽観測会というのもありまして、これもあわせまして夜が定例観望会、昼間が太陽観測会ということでやっております。28年度の実績で申し上げますと261人で、やはり10回開催いたしました。そのほかに天体観望会、それとあわせまして太陽観測会、これが市民団体の方から引き合いがございますので、依頼件数が22件ございました。そして、18回行いまして1,720人の方にご利用いただいております。

那珂川町議会 2017-09-21 平成29年第3回(9月)定例会-09月21日−03号

とりわけ再生可能エネルギー、太陽光であったり太陽熱、水力、風力、バイオマス、地熱等々にシフトしていくというような考え方もあるわけでございますが、日本の将来に向けたエネルギー政策、どのように見据えておられるのかお示しをいただきたいと思います。 ○議長(高原隆則君) 江頭住民生活部長。 ◎住民生活部長(江頭哲次君) お答えいたします。

佐野市議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月07日−一般質問−04号

◎市民生活部長(山田弘) 三フッ化窒素は、気体の性状から申しますと、無色、無臭、不燃性、助燃性の気体でございますが、主に半導体、液晶、太陽電池の製造工程で使用されているものでございます。三フッ化窒素の地球温暖化係数、こちらは100年間でどれだけ温暖化への影響があるかをあらわした値でございますが、これにつきましては二酸化炭素に比べまして1万7,200倍のものでございます。   以上でございます。

足利市議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月16日−一般質問−02号

特にカナダ、ドイツ、香港、中国など海外の太陽電池メーカーが日本法人を設立し、参入してきました。ちょうどヨーロッパでは、太陽光発電の発電経費と環境と景観において問題が生じており、供給過多に陥り、在庫が発生し、倉庫がいっぱいになる状況でした。そこで、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度が2012年から本格的に開始した日本への営業が強化され、太陽光バブルというのが始まりました。