255件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益子町議会 2022-12-04 12月04日-一般質問-02号

その中で、我が町にとっては、大学大学院等ございませんので、ぜひそういう経済的支援等も少し考えていただいて、情報の提供も大切ですが、そういう支援の仕方もあるのかなと思いますので、ぜひその点1点お聞きして、一般質問を終了させていただきたいと思います。お願いします。 ○議長星野壽男) 岡教育長。 ◎教育長(岡) ご質問にお答えをいたします。  ご指摘のとおり、財政的な支援も必要かと思っております。

壬生町議会 2020-03-11 03月11日-03号

この全国商工新聞の3,397号には、京都大学大学院藤井聡教授が登場しました。そして、経済はぼろぼろになると思っていましたが、私の想像以上でした。景気動向指数は95.1です。これは2015年を100とした場合ですが、2014年のときより激しく下がり、11年3月以来の下落ですと語っています。 こうした暮らしに、あるいは平和や安全保障に対して、今の安倍内閣政治が深刻な影響を及ぼしている。

壬生町議会 2020-03-11 03月11日-03号

この全国商工新聞の3,397号には、京都大学大学院藤井聡教授が登場しました。そして、経済はぼろぼろになると思っていましたが、私の想像以上でした。景気動向指数は95.1です。これは2015年を100とした場合ですが、2014年のときより激しく下がり、11年3月以来の下落ですと語っています。 こうした暮らしに、あるいは平和や安全保障に対して、今の安倍内閣政治が深刻な影響を及ぼしている。

小山市議会 2020-02-20 02月20日-03号

さらに、群馬大学大学院清水教授の談話として、河川という線だけではなく、遊水地や田んぼダムなどの面を活用した治水の重要性を指摘している、このような報道でありました。小山市でも2015年の関東・東北豪雨災害も対策の一つとして提案をしてきた田んぼダムが一部機能をし、その機能強化に現在取り組んでいるということであります。

足利市議会 2019-12-11 12月11日-一般質問-04号

北海道大学法学研究科公共政策大学院宮脇 淳教授によりますと、指定管理者災害時の対応を時間軸で次のようにあらわしております。一つ目として、平時防災、次に災害発生、3番目として救援段階、4番目が救助、5番目が復旧、6番目が復興、7番目でまた平時防災に戻ります。このように七つに区分しており、このうち4の救助及び5の復旧の2区分を指定管理業務停止期間と位置づけておりました。  

小山市議会 2019-03-18 03月18日-06号

委員から、自己啓発等休業取得状況について問う質疑があり、執行部から、これまでに自己啓発等休業を取得した職員は2名おり、平成20年7月から平成22年9月までJICAにおける活動のために1名、平成29年12月から平成30年1月まで自治医大の大学院看護学研究科での実習のために1名が、それぞれ取得していますとの答弁がありました。  

足利市議会 2019-03-12 03月12日-一般質問-03号

世界初PPP専門教育機関である東洋大学大学院オガール紫波を運営する岡崎正信氏、北九州小倉家守プロジェクト清水義次氏などが運営する都市経営プロフェッショナルスクールなど、国内でも公民連携に携わる人材育成の体制が整いつつあります。1日、2日の研修ではなく、1年、2年としっかりとした教育と経験を得ることができますので、相応の費用も必要です。

大田原市議会 2019-03-07 03月07日-03号

最近これも、去年の11月6日、2018年の11月6日に出ている本なのですけれども、岩波ブックレット、「学校部活動と働き方改革」という本で、名古屋大学大学院准教授である内田良さんという方が学校のデータをとって、部活動に対して教員自身の意識が教員をどんどん忙しくしていっているのではないかということを言っている中で、今教育長がおっしゃっていたような話が、まさに出てくるというか、部活動にかける時間の話なのですけれども

野木町議会 2019-02-14 03月05日-01号

第104条第4項第2号の規定により旧学校教育法第83条に規定する大学当該大学に置かれる旧学校教育法第91条に規定する専攻科及び旧学校教育法第97条に規定する大学院も含む。)の課程に相当する教育を行う課程として認められていた課程を含むものとする、とするものでございます。 以上で説明を終了いたします。ご審議のほどよろしくお願いいたします。

那須塩原市議会 2018-12-05 12月05日-04号

大きな課題として言われているのが、先ほど私から何回か質問の中でも言わせていただいていますけれども、男女間の差ということ、それともう一つが、いわゆる院、大学院とかの、さらに修士課程とかまで進む人の少なさなんです。大学までの成績では日本は大変高いんですけれども、院まで進まないという人が多いという部分というのもあります。 

那須町議会 2018-11-30 11月30日-01号

11月27日、栃木町村議長会主催による議員研修栃木自治会館において開催され、山梨県山梨学院大学大学院研究科長法学部教授江藤俊昭氏及び首都大学東京教授山下祐介氏による講演が行われ、本職及び議員が受講しました。 以上で議会諸般報告を終わります。 △町長挨拶並びに行政報告議長松中キミエ君) 町長挨拶並びに行政報告を願います。 町長。          

大田原市議会 2018-09-05 09月05日-02号

その中で、東京大学大学院片田教授は次のように語っています。「自分だけが避難するとなれば、私は大丈夫という心理が働き対応が遅くなる。しかし、足腰の弱い近所の高齢者の方と一緒に逃げると日ごろから決めておけば、おのずと行動が早くなる。キーワードはみんなで逃げる」だと。

那珂川町議会 2018-06-18 06月18日-04号

また、大学大学院で本格的に学ぶ高齢者が増えているそうです。シニアマーケット対象にした出版社が2011年6月に全国100の国立、私立大学大学院を調査したアンケートを行いました。その結果、全国に4,404人の40代以上の学生が存在することがわかりました。男性の最高齢学生は80歳、女性は78歳でした。2011年には、全国では26大学46学部シニア入試枠を設けています。