2040件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2021-12-09 12月09日-02号

ここに来て子供たちは他の、学校外スポーツクラブにも大分参加するようになりました。こういったことを考えて、将来的には、今現時点ではこうだと断定することはできませんが、中学校の部活動のよさと、そして地域スポーツ、教職員の働き方と、こういったものを考えながら総合的に考えていきたいと、こう考えております。  以上、答弁申し上げます。 ○渡邉隆議長 鶴見議員

益子町議会 2021-12-03 12月03日-一般質問-01号

私もこれメーカーに問い合わせてみたのですけれども、なかなか好評で今各自治体なども東京文京区を初め、大分ふえてきたと。そして、また課題としては、ほかの1年だ、7年といったふうな備蓄品と比べますと、これ半年、1年、確かにこれが課題なのかなといった面もあります。また、値段は通常の飲料水に比べて約2倍程度とされております。

真岡市議会 2021-09-10 09月10日-03号

日本養液栽培研究会の記事によると、普及が進んでいるのは静岡県の58.2ヘクタールで、次いで香川、福岡大分、愛知長崎熊本と続いており、栃木県は入っておりません。栃木県内普及率振興事務所単位で見ても、安足地区が10.5%、上都賀9.3%、芳賀7.3%となっています。裏を返せば真岡市の生産者栽培技術が高く、単位面積当たり収穫量が高いため、高設栽培の導入メリットが少ないとも言えます。

真岡市議会 2021-09-09 09月09日-02号

5月からずっとやっておりまして、もう大分収集する用紙もふえてまいりました。その資源ごみの収入はその人たちのガソリンでちょっと使ったり、そして町内会費が幾らかでも安くなるよう、その費用から出していくと、そういう今動きを高勢町3丁目の1、2の方はやっております。そういうものを聞いて、市のほうでもそういう方々の意思を聞いて、一度そういう方々のやっていることをほかに広めていったらいかがでしょうか。

小山市議会 2021-09-04 09月04日-02号

また、大分県佐伯市の狩生地区というところでは、自主防災会の特徴として、その家庭で用意する防災袋家庭で備えておく避難のための袋でありますが、それを各家庭には置いておかず、倉庫にまとめて保管することになっているそうであります。いざというときは、体一つで逃げればいいという考えで、そういった計画をされているところがありました。その地域のあらゆるリスクに備える、それが共助のかなめとなると思います。  

小山市議会 2021-06-07 06月07日-04号

大分別府市では、市役所お悔やみ手続に関するワンストップ窓口が設置され、来庁者に大変に好評とのことです。死亡に伴う手続は複数の部署にまたがり、作成すべき書類も少なくありません。この窓口では、亡くなった方の情報をもとに、死亡に関するお悔やみ手続をお手伝いし、必要な課への案内と関係書類の作成を補助してもらえ、ワンストップ手続が開始されます。

真岡市議会 2020-12-10 12月10日-03号

今イノシシも私の地区の近く、南高岡の人が言うのには、一時大分減ったのですが、大分捕獲はしてくれているのですが、何か全然減らないと、そういうお話をいただきまして、もっと捕獲できないものかという話がありました。年間114頭捕獲していると聞きましたのですが、もう少し捕獲する予定はございますか。 ○渡邉隆議長 添野産業部長。 ◎添野郁産業部長 再質問にお答えいたします。  

栃木市議会 2020-12-03 12月03日-02号

罹災証明被災証明の、被災証明のほうは全部出ているかと思うのですが、罹災証明申請の今の状況を、大分ペースが落ちてきているかと思うのですが、1日当たり何件で、いつごろ終わるのかとなかなかわからないかと思うのですが、現在の罹災証明申請状況につきましてご答弁をいただきたいと思います。 ○議長大阿久岩人君) 再質問に対する当局の答弁を求めます。  榎本財務部長

益子町議会 2020-09-12 09月12日-議案質疑・討論・採決-07号

あと1つ職員のこれは安全といいましょうか、交通安全のことに関してになると思うのですけれども、最近あおり運転大分ありまして、ドライブレコーダーというやつが随分はやっている、はやっているというか、私まだつけていませんけれども、つけなければとは思っていますが、公用車たくさんございます。ドライブレコーダー、今後どういうふうにご検討されているかお願いいたします。 ○議長星野壽男) 総務課長

益子町議会 2020-09-09 09月09日-議案説明・質疑-05号

ですから、大塚実基金がある間は、特に学びと交流というものを大きな柱にしてもらいたいというふうなことでありましたので、こういう交流事業をしているというようなところでありますが、今議員おっしゃられるような例えば何々展に入選することによってそれができるかというと、今大分時代が変わってきております。以前は、作家の略歴、陶歴というのがありますね。

小山市議会 2020-09-06 09月06日-04号

大分アンケート調査等でも、各自治会でももう既にスタートをしているところが多くなっております。ご答弁の中で、今年度から推進補助金を創設したということでありますので、その内容についてもう少し詳しくお答えをしていただければありがたいと思います。 ○植村一副議長 答弁浅見保健福祉部長。 ◎浅見貴幸保健福祉部長 ただいまの再質問にお答え申し上げます。  

益子町議会 2020-09-04 09月04日-一般質問-02号

友好都市としてダブリンのほうも大分交流が深まってきているように思います。私調べてみたところ、ネットで調べられる限りのダブリン状況、それと今グーグルマップで上から見れますので、どんな町なのかなと思って見ている限りにおいて、基本的に所得の高い地域だということはまずわかりました。あと住宅地であったりとか、ゴルフ場であったりとか、大きなお店もありますし、かなりそういった意味では洗練されている。

益子町議会 2020-09-03 09月03日-一般質問-01号

あと返礼品地場産品に限るとし、調達額寄附額の3割以下という基準がありまして、先ほどの説明でも大分バラエティーに富んだ返礼品等ありました。そういう中で、大分先ほどわかりましたけれども、益子焼とか農産物、果樹等でもし取り組んでいるような事例等がありましたらご説明お願いします。 ○議長星野壽男) 企画課長

真岡市議会 2020-06-17 06月17日-02号

近年結婚式費用や多様化するスタイルにより、結婚式離れが進む中、費用をかけずに手軽に挙式を挙げることができるということで、市役所等公共施設で行う結婚式届け出挙式大分別府市など幾つかの自治体で実施されております。この届け出挙式は、募集で選ばれたカップルが婚姻届を提出したその日に市長、職員立ち会いもと市役所等で行うシンプルな結婚式のことであります。