248件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

市貝町議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月06日−03号

工事の概要でございますが、構造は鉄骨づくり・平屋建てで、床面積は541.91平方メートルの規模となっており、地質調査結果を踏まえ、地盤改良による直接基礎による施工を設計しております。  施設の外観につきましては、屋根にはガルバリウム鋼板を用い、外壁はサイディング張りとなっております。

市貝町議会 2018-12-05 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号

森林には、地下に張った樹木の根によって土壌に水が貯留されることと、葉から水が蒸散することにより、降雨により河川の流れる水の量を保つという保水能力がある、これが伐採によって木がなくなれば、大雨が降ると、大量の水が斜面を流れる上、地盤が緩くなっているために土砂崩れが起こりやすくなる。7月の西日本豪雨で山間部の太陽光発電所が崩落する事故が相次いだのは、このためであります。  

壬生町議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−03号

私は、この事業について、水の安全性、供給の安定性、水のおいしさ、地盤沈下対策経済性、参加にかかわる経費と参加以降の維持管理経費など、諸点から見ても参加する必要は全くないと考えています。なぜ現在でも十分足りている壬生町の水に、安定性が低く、供給に不安定さがある、まずくなるおそれがある表流水を導入して、莫大な事業費を負担しようというのですか。改めて町長の現在の見解を求めたいと思います。

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

死者221人、重傷71人、行方不明者9名、全壊6,296棟、半壊1万508棟、その他いっぱいありますが、そんなところ、昨今、北海道厚真町においても、大雨による地盤が軟弱しているところに震度6強の地震がきて、現在のところ死者13名、けが人300名ということで、今、我が自衛隊仲間も2万5,000人態勢で捜索が始まりました。  

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

やはり建てるのだったら、やっぱり地盤というか、周りから直さなかったらば、いざ建てたらば、今度上が崩れてしまったというようなことになりかねない。そういうことも考えていただきたい。  だから、やはりもう少し、私が言っているのは、ちょっとこの基本設計の案ですか、こればっかりを重視するのではなくて、もう少し議会からも話も出ているのですから、そういうのも取り入れていただきたい。

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

道路がのみ切れなくなって、それに接道しているコンビニエンスストアとか、ちょっとそこの道路よりも地盤が低い宅地、そういうところに全部雨水がいってしまっているのですよ。  特にコンビニエンスストアコンビニエンスストア駐車場駐車場の大体ど真ん中に浸透槽をつくるのですけれどもね。敷地内のための浸透槽装置が、道路の雨水を全部のみ切っているのですね、これは。  敷地の雨水をのみ切るのではないのですよ。

下野市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月11日−03号

県のこの事業計画の目的は、渇水、汚水及び地盤沈下のリスクを避け、安全水道水の安定的な供給を確保するためとしており、下野市長もこの趣旨に賛同しています。これに至った経緯というのは、多くの市民が知らされていないことでありましたので、私はこの数年、市民への説明を求めてきたところです。

那須塩原市議会 2018-06-05 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月05日−03号

また、企業が立地場所の選定に当たり着目する項目としましては、交通のアクセスや関連企業との近接性等の立地条件に関するもの、それから、敷地面積、価格、引き渡し時期等の取引条件に関するもの、それから、下水、地下水、安定した地盤等の物件特性に関するものといったものを考えております。 ○議長(君島一郎議員) 2番、中里康寛議員。 ◆2番(中里康寛議員) 交通アクセスは一番重要な項目かと思います。

那須塩原市議会 2018-03-05 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月05日−06号

さらに、塩原中学校校舎増築工事では発注後に地盤に埋め立てたレンガが見つかり工事金額が増額となったり、除染工事では出来高管理ミスがあり国庫支出金を返還したなどの事案が出ております。  今後新庁舎建設最終処分場建設公共施設長寿命化など、今まで以上に建設関連に係る費用が増していく状況において、今後の課題についてお伺いします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  副市長。

那須町議会 2018-03-01 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月01日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

今回変更する理由は、屋内プール建設地において地盤地下水位が非常に高いことから、これに伴う湧水処理対策等に要する費用を追加するものであります。  つきましては、契約額を876万9,600円増額の2億2,098万9,600円に工事請負契約を変更するものであります。  よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げまして、説明を終わります。

市貝町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−01号

環境基本法第2条第3項で、公害は、環境の保全上の支障のうち、事業活動その他の人の活動に伴って生ずる相当範囲にわたる大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染、騒音、振動地盤の沈下及び悪臭によって、人の健康または生活環境に係る被害が生ずることを言うとなっており、典型的な7つの公害定義されております。  

野木町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月08日−02号

やはり先ほど言った中谷地区におきましても、大きな機械が田んぼの関係、機械が、沈んでしまうというかそういう形があるマコモ層という軟弱地盤のところもございます。そういうところですと、やはりその耕作したくても機械が入らないことによってどうしてもつくることができなくて、遊休農地化してしまうというようなところも見受けられます。  

那須町議会 2017-11-30 平成29年 12月 定例会(第5回)-11月30日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

3つ飛びまして、放課後児童健全育成事業費の建設工事費650万円は、黒田原小学校放課後児童クラブ室建設地盤補強、外構工事費の補正であります。  続きまして、24ページをお開きください。中段になりますが、林業振興費の野生鳥獣被害対策防護柵設置事業補助金150万円は、野生鳥獣による農作物被害急増に対応するために新たに制定した補助金であります。  

野木町議会 2017-11-06 平成29年 11月 臨時会(第6回)-11月06日−01号

求めると同時に、自分たちが、やっぱりそこの地盤調査とか、地質調査とか、それからそこに埋設物の有無とか、こういったことは当然、基礎工事をやる上に当たって、実施設計業者が調査をするべきものじゃないですか。  基本的には、南赤塚小もそうでしたけれども、ボーリング調査やりましたね。あれはそれをやるために、七、八十万の増額変更もやっているわけです。

那須塩原市議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月07日−05号

今、その美術の基盤、地盤ができ上がってきていますね。日展を初め、東京美術展にもたくさんの人が入選しています。  県北には公設美術館がないんですね。それで、県北に美術館をつくるときが来たのではないかと。ある程度時間がかかってもいいと思いますが、例えば県立美術館の分館を誘致するとか。那須塩原市の市立美術館ができたら、それはもうなおさらすばらしい。

市貝町議会 2017-09-05 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月05日−01号

そのための地盤づくりといたしまして、私は、このバイパス沿いにしっかりとした、都会の方がここに来ても憩い、潤うことができるようなそういう里地里山、奥山には行きませんけれども里地里山というすばらしい財産をしっかりと、サシバというものを位置づけながら残していきたいと思っております。

鹿沼市議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第3日 6月15日)

この問題につきましては、現庁舎敷地の地盤調査の結果によって、いろいろイニシャルコスト、ランニングコストをできるだけ抑えて、過剰に設計にならないための私からの質問でございます。ひいては、市長が先ほど何回も言っていますけれども、コスト削減につながる内容でございます。  

野木町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月07日−01号

工事概要ではございますが、道路土工事一式、地盤改良一式、排水構造物工等一式、舗装工一式でございます。  2といたしまして、委託期間ではございますが、議会議決を得た日から3日を経過した日から平成31年3月10日までとなります。  以上で説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。 ○議長(鈴木孝昌君) 説明が終わりましたので、これより質疑に入ります。