885件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

足利市議会 2023-09-11 09月11日-一般質問-04号

足利市は、特に群馬県に直接結びついているというか、隣同士でありますので、この地理的な優位性を生かして観光の相乗効果を高めてまいりたいというふうに考えております。 ○議長(柳収一郎) 杉田 光議員。   (8番 杉田 光議員登壇) ◆8番議員(杉田光) プレとアフターでちょうど重なったわけでございます。

那須町議会 2021-12-03 12月03日-03号

しかしながら、増加する経費や利用者、那須町の地理的な要因などの課題もありまして、今後とも那須町に合った持続可能な公共交通のあり方を検討していく必要があると考えております。 その中で、ただいま議員からご提案のありました手法、スマート・アクセス・ビークル・サービスですか、などもあわせて研究させていただきたいと思っております。 以上でございます。 ○議長(薄井博光君) 木村秀一議員

真岡市議会 2021-09-10 09月10日-03号

保団連でも調査の結果を受けて保護者子供への無関心や歯科保健意識の低さ、家庭環境経済的理由、地理的困難が歯科未受診や口腔崩壊の背景にあるとしています。  そこで、教育長に伺いますが、当真岡市も市内全小中学校における歯科健診の実態はどうなっているのでしょうか。お答えください。  次に、4件目、小中学校自動販売機を設置することについてです。

大田原市議会 2021-09-05 09月05日-03号

水道料金を算定するには、水源の有無、地理条件人口密集度などの条件が加味されるため、事業体によって料金に大きな差が生じてまいります。また、県内の事業体は、検針や料金収納に要する経費、メーター設置費、水道施設の維持管理費などの固定費を賄うために設定する基本料金と薬品費や動力費など給水量に応じて変動する経費を賄うために設定する従量料金による2部料金制を採用しております。

那珂川町議会 2020-12-16 12月16日-04号

地理的に那珂川市は福岡市と隣接しており、非常に都市部から離れた自治体と比較すると有利な位置にあるというふうに私は思っています。今後、本市が選ばれる自治体として転入者が増加する施策をしっかり市として講じていただくことを期待をいたしまして、私の一般質問を終わります。 ○議長(高原隆則君) 15番津留渉議員の一般質問は終わりました。 続きまして、4番吉野博議員

大田原市議会 2020-12-13 12月13日-04号

かねてからこの地域は7カ市町村合併等々が平成の大合併の中で論じられた経緯もございまして、私もその当時市議会議員という立場でありましたから、それを推進してきたわけでありますが、結果といたしましては、大田原市が黒羽町、湯津上村と合併をして、また那須塩原市さんは黒磯市、塩原町、そして西那須野町と合併をしてと、那須町は独立でそのままという形の3つの自治体に分かれたわけでありますが、いずれにいたしましても、時間的にも地理

足利市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

今後は、避難所の増設についても検討していくと答弁させていただいておりますが、増設に当たりましては、国も民間施設を活用した避難所の指定について有効性を認めているところでありますので、今後は学校施設なども含めて、地理的なバランスを考慮しながら指定避難所の可能性について検討してまいりたいと思います。 ○議長(柳収一郎) 鳥井康子議員。   

真岡市議会 2020-12-10 12月10日-03号

八溝山系を有する本県の地理的状況を考えると、イノシシの生息地を把握するのが困難であり、野生イノシシの移動に伴い、コレラウイルスの拡大に歯どめがかからない状況が懸念されています。県内の養豚農家は105戸、約41万頭を飼育しており、真岡市の場合、13戸の養豚農家で約2万頭が飼育されております。

足利市議会 2020-12-10 12月10日-一般質問-03号

また、増設に当たりましては、これまで市有施設を指定避難所としてきましたけれども、国の避難所指定の手引きにも、民間施設を活用した避難所の指定について有効性が示されていることから、今後は民間施設や高校、大学等の教育施設などについても、地理的なバランスを考慮し、指定避難所の可能性について検討してまいります。 ○副議長(横山育男) 藤本秀樹議員。   

足利市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-02号

私は今回の足利市の災害を鑑みて、そういった形で地理的不利益なところにいるよりは、高台に自費で移転をしたい。しかし、調整区域だと。であるならば、そこは何とか34条で読めないかということも少し頭の中を、これもまたよぎっています。  いずれにいたしましても、県がイニシアチブを握っておりますが、私たちとして地方の声を県に届けて、できるだけそういったものが立地できるようにしていきたいと。

那須町議会 2020-12-02 12月02日-02号

しかし、町内でも地域ごとに地理的状況や災害発生状況は違うことから、一律の取り決めのみでは難しいものと考えられます。 今後、栃木県とともに地域防災計画に示すべき住民の行動基準について協議を進めてまいりますが、地区ごとの自主防災組織を結成する中で、地区避難計画の中に、よりその地区に合った細かい部分を示していくことが望ましいのではないかとも思っているところでございます。 以上です。

小山市議会 2020-11-29 11月29日-02号

気象庁や国土地理院などのアプリもそうですが、民間でも水害、液状化、噴火、津波道路情報土砂災害などを航空写真と昔の古地図、それからまちの成り立ちなど、さまざま情報を重ねるハザードマップというものもたくさんあります。市民の関心は、有事の際、自分は何をすればいいのか、どう行動すればいいのか、今いる場所の対処法です。

大田原市議会 2020-09-06 09月06日-04号

数字で見るとやはり旧西那須野町の方が33.9%、460名、その地理的な要件もあると思います。非常に多いなというのを改めて感じました。  そして、先ほど市長から答弁いただきました。なかなか難しいということで、長寿命化も含めて対応していただくということになっているようですが、実際のところこれから市単独で検討していただくということになると思います。

栃木市議会 2020-09-06 09月06日-05号

栃木市地理的にも広い面積を持っています。そのことを考えて再度検討していただくよう強く要望して、一般質問を終わります。ありがとうございました。 ○議長(大阿久岩人君) 梅澤議員、ちょっとお待ちください。  今、橘生活環境部長のほうからお話があるそうです。お願いします。 ◎生活環境部長(橘唯弘君) 申しわけございません。

大田原市議会 2020-06-20 06月20日-03号

まず、①の自宅送迎方式につきましては、平成31年3月議会で本澤節子議員の一般質問にお答えしておりますが、いわゆるフルデマンド方式は一般的には自由度が大きく、利便性が高いと思われますが、本市の場合山間部のような地理条件などにより、導入することで運行経費がふえることが想定され、利用者の受益者負担や市の負担がふえることも考える必要があります。

足利市議会 2020-06-18 06月18日-一般質問-03号

(和泉 聡市長自席にて答弁) ◎市長(和泉聡) 両毛ということを考えた場合、我がまちがちょうど中心部に位置していて、そういう意味では歴史的経緯を踏まえても連携という意味でリーダーシップをとっていく、そういうことができる地理的要件また歴史的な要件も持っているのだろうというふうに思っております。

栃木市議会 2020-06-13 06月13日-04号

例えば中学校社会科におきましては、3年生の最後にこれまでの歴史地理、公民の学びを生かし、SDGsの目標13、気象変動に具体的な対策をや目標16、平和と公正を全ての人になどについて考える学習を行います。みずから社会の課題を見つけ、解決のための取り組みを考え、持続可能な社会の実現に向けて探求する学習でございます。

壬生町議会 2020-03-11 03月11日-03号

また、本町は、施設園芸や露地野菜など多彩な農産物が生産可能な恵まれた生産条件地理条件を生かした多様な農業生産展開が図られております。特に苺やトマト等の施設園芸につきましては、県やJAと連携をし、生産性向上のため、先端技術の積極的な導入など、次世代を担う生産者にとって、魅力ある施設園芸の拡大を展開してまいります。 

壬生町議会 2020-03-11 03月11日-03号

また、本町は、施設園芸や露地野菜など多彩な農産物が生産可能な恵まれた生産条件地理条件を生かした多様な農業生産展開が図られております。特に苺やトマト等の施設園芸につきましては、県やJAと連携をし、生産性向上のため、先端技術の積極的な導入など、次世代を担う生産者にとって、魅力ある施設園芸の拡大を展開してまいります。