511件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−04号

また、小学校におきましては、国語の授業の一環として、いにしえの言葉や名言、古典作品などを全員で声を合わせて読む群読、こういったものも行われております。  このような実践を通して、子どもたちに先人の教えや知識・知恵、日本人としてのアイデンティティーなどが育まれていくものと考えております。  

宇都宮市議会 2018-09-11 平成30年第4回定例会(第5日目 9月11日)

現代の社会においては、短い文や気持ちをあらわす絵文字などを主なツールとしてやりとりするSNSが普及し、子どもを取り巻く情報環境が大きく変化する中、日常生活において文章を読む機会が以前と比べて少なくなってきており、国語の授業などを初めとした学校教育において、子どもたちに読解力を確実に身につけさせることが、これまで以上に重要になってくるものと考えています。  

矢板市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第352回)-09月11日−03号

矢板市内の小学校の学生学力向上については、高瀬議員のご指摘のように学校の授業改善の努力と家庭での学習への取り組みが高まってきたことに相まって、今年度小学6年生に実施した全国学力調査において、矢板市の成績が初めて国語、算数、理科、全ての教科で全国平均、栃木県平均を大きく上回る結果となりました。

真岡市議会 2018-09-10 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月10日−議案質疑、一般質問−02号

小学校6年生では、本年度、国語、算数、理科の3科目を実施しております。結果につきましては、国語B、算数A、理科において全国や県の平均正答率とほぼ同程度であり、理科の観察や実験の技能や自然事象についての知識・理解においては全国や県を大きく上回りました。国語A、算数Bに関しましては、若干下回っております。

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

具体的には、新学習指導要領の趣旨を踏まえ、授業改善を通して、新しい時代に必要となる資質・能力を育成するための指導法についての研修として、昨年度より、小学校教員を対象に、国語・算数を中心に学習指導研修会を開催しております。  

那須町議会 2018-09-03 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月03日−一般質問−02号

読解力は単に国語だけのことではなく、全ての学科に通じる基盤的力であります。学校教育に必要なのは、1に読解、2に読解、3、4は遊びで、5に算数とまで言われているそうです。  埼玉県の戸田市では、リーディングスキルテストを導入し、読解力の調査を行っています。その結果、4人に1人は問題文を正確に読めていませんでした。

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

国語力、数学力をここで聞くことはいたしませんけれども、学力を身につける努力というのは、どのように方向づけるのでありましょうか。  そこで再質問いたします。私は学校図書館司書配置というのをとても大切に思っておりますが、今一度教育長にお尋ねいたします。お願いします。 ○関口正一 議長  答弁を求めます。  高橋臣一教育長。 ○高橋臣一 教育長  再質問にお答えしたいと思います。  

大田原市議会 2018-06-13 平成30年  6月定例会(第2回)-06月13日−議案審議、委員会付託、一般質問

次に、城山西小学校では英語と国語を通したコミュニケーション教育、会話科とか、そういったものが非常に好評ですというふうに副校長先生からお聞きしたのですけれども、本市では須賀川小の英語教育、これがたびたび報告されておりまして、先ほどの大豆生田議員の質問の中でも、教育長のほうから成果の発表がありました。

那須塩原市議会 2018-06-07 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−04号

ですので、小学校におきましては、いわゆるスタートカリキュラムというふうに言われるような合科的な、教科を合わせるという意味で合科といいますが、合科的なカリキュラムを4月から5月にかけて約30時間前後が多いとは思うんですが、生活課、それから関連する国語であったり、体育であったり、そういったものと組み合わせながら、少しずつ少しずつ小学校での生活に子どもたちになれてもらうというようなことの指導をするようなことを

那珂川町議会 2018-03-16 平成30年第1回(3月)定例会-03月16日−07号

国語教育は、全ての教育と言われています。日本語を読み取り、書き、表現するという、日本語力をしっかり身につけさせる前の時点での意に沿わない詰め込み外国語教育の意味は、何なのでしょうか。小学校の英語の教科化は、日本学術会議が英語教育の提言で、早期からの目標言語、習得対象の言語に触れる機会をつくればよいと考えるのは適切ではないとし、専門家が英語嫌いを増やすだけと反対してきたのはご存じでしょうか。

那須塩原市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月02日−05号

◎教育長(大宮司敏夫) これは、教育課程におきまして各教科と、国語とか算数とかというふうになりますが、その教科を横断的に扱って、身近な課題について子どもたちなりに主体的に学んでいくというような教科となっております。 ○議長(君島一郎議員) 質問の途中ですが、ここで昼食のため休憩いたします。  午後1時会議を再開いたします。

佐野市議会 2018-03-01 平成30年  2月 定例会(第1回)-03月01日−一般質問−04号

まず、小学校6年生ですが、国語A、国語B、算数Aが全国の平均を上回り、算数Bが同程度という結果でした。   次に、中学校3年生の結果でございますが、国語A、国語Bが全国とほぼ同程度で、数学A、Bが下回るという結果でございましたが、昨年度に比べますと、その差は確実に縮めることができて、全体としては底上げが図られてきているものと捉えております。

真岡市議会 2017-12-12 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月12日−議案質疑、一般質問−03号

また、国語を初めとする教科の時間には、自分の考えを相手にわかりやすく説明することにも取り組んでおります。学校では、さまざまなスキルを児童生徒に身につけさせるために、創意工夫のある取り組みを実施しており、年度末にはその取り組み状況を報告してもらっています。このように各学校ではスキル教育を児童生徒の実態や発達の段階に応じて、教育活動全般を通して実施しております。