180件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田原市議会 2022-06-17 06月17日-04号

本市湯津上地区の東部には、栃木県北では唯一の国宝である那須国造碑や、水戸光圀公の命により日本で最初の学術的発掘調査が行われた国指定史跡の上侍塚古墳及び下侍塚古墳古代の道である東山道駅路など、本市の特色ある歴史文化の中でも最も代表的かつ貴重な文化財が集中して存在しております。折しも本市では、令和元年度から5か年間の計画として東山道駅路跡や磐上駅家跡所在確認調査を実施しております。

栃木市議会 2021-03-05 03月05日-05号

現在、本市におきましては、国指定史跡を目指して西方城跡及び二条城跡発掘調査に重点的に取り組んでいるところでありますので、同発掘調査進捗状況を見据えながら、本市の貴重な文化財を適切に保護できるように条例制定必要性も含め、文化財を調査する方策等について検討してまいります。 ○議長小堀良江君) 森戸議員。               

那珂川町議会 2021-02-22 02月22日-04号

したがいまして、国、県の支援はもとより、地権者等地元関係者皆様で組織された安徳台国指定史跡及び史跡公園整備促進期成会などの関係各位のご協力をいただきながら、計画策定を確実に進める必要があります。また、安徳台遺跡の今後の活用につきましては、国史跡安徳大塚古墳日本遺産構成文化財一つであります裂田溝など、周辺歴史遺産と一体的な活用を検討してまいりたいと考えております。以上でございます。

那珂川町議会 2021-02-10 02月10日-01号

次に、「歴史文化・芸術を通じた多彩な交流を広げる」につきましては、本市には、国指定史跡日本遺産に追加認定された裂田溝など、祖先から受け継がれてきた貴重な歴史的遺産が数多くあります。その一つである国史跡安徳台遺跡につきましては、その価値を次世代へ確実に継承するため、今後の適切な保存及び活用の指針となる保存活用計画策定に引き続き取り組んでまいります。

栃木市議会 2020-12-04 12月04日-05号

また、令和4年度におきましては、西方城跡における発掘調査の結果や成果を記録した報告書を作成いたしまして、令和5年度には関係権利者の同意をいただいた上で、国指定史跡の申請を進めさせていただきたいと考えております。  なお、指定後の保存利活用につきましては、専門家地域皆様のご意見を伺いつつ、市の財政状況に考慮しながら検討してまいりたいと考えております。

那珂川町議会 2020-09-11 09月11日-03号

昨年2月安徳台遺跡本市で2番目の国指定史跡となり、本年6月には裂田溝日本遺産に追加認定されるなど、本市における歴史的文化遺産に対する関心や認知度は大きく向上をしています。また、本市にはそれ以外に多くの史跡歴史的文化財が多くあり、発掘調査による貴重な文化的出土品も数多く出土をしています。それらの歴史的文化財を適切に保管し後世へとつないでいくのは、私たち大人の責任であります。

那珂川町議会 2020-03-12 03月12日-03号

また、どういう施設にするかなどについては、国指定史跡安徳大塚古墳安徳台遺跡保存活用計画や市の他の文化財との関係も十分に考慮して検討する必要があります。したがいまして、歴史資料館の建設については財源確保立地場所、規模、整備時期等を慎重かつ総合的に検討してまいります。 次に、浸水想定区域の住民が高台等へ移転するための基本構想策定についてのご質問にお答えをいたします。

栃木市議会 2020-02-28 02月28日-04号

この作業では、信頼性と精度の高い赤色立体地図を作成いたしますが、これは国指定史跡となっている愛媛県松山市の松山城跡測量調査にも使用されており、城の範囲、堀やくるわなど、詳細な全体像を明らかにすることができます。  次に、発掘調査につきましては、専門者会議城跡赤色立体地図を基に効果的な調査場所を選定し、今年度は西方城跡は、二ノ丸北隣のくるわを、二条城では守閣の北東のくるわを調査いたしました。

佐野市議会 2019-09-11 09月11日-一般質問-03号

教育総務部長吉田重弥) 文化財活用の視点からは、国指定史跡である唐沢山城跡へ足を運ぶ道路環境がさらに整うことになりますので、地域皆様などが史跡を身近に感じ、その価値をさらに理解していただくことにつながることから、非常に望ましいものと考えております。  以上でございます。 ○議長春山敏明) 横田議員。 ◆13番(横田誠) ありがとうございました。  再質問をさせていただきたいと思います。

大田原市議会 2019-06-21 06月21日-04号

3つ目として、国指定史跡侍塚古墳発掘と、その管理は大田原市の将来に大きく影響すると考えております。特に観光面について大きく影響すると。そのためにも急ぎ専門職員の配置をすべきと考えるが、それらについて伺います。  1回目の質問といたします。 ○議長高野礼子君) 市長、津久井富雄君。               

真岡市議会 2019-06-18 06月18日-03号

そのうち国指定重要文化財は、専修寺大前神社建造物など3件、国指定史跡は桜町陣屋跡専修寺境内の2件であります。本市では、それらの文化財を多くの方に知っていただくために、写真集である真岡市の文化財の販売や真岡文化財マップ無料配布などを行っております。また、郷土の歴史文化の理解を深めるために、歴史教室を年6回開催しております。

下野市議会 2019-05-30 05月30日-01号

今後は、国指定史跡「下野薬師寺跡」、「下野国分寺国分尼寺跡」の周辺地域重点区域として取り組む事業を軸に備え、市全体を対象とした全20事業を積極的に推進してまいります。 また、さきにも触れましたが、本市のみではなく、古代下野国東国地方を代表する史跡文化財保護活用を図るためのプロジェクト名である「東の飛鳥」の商標登録も完了いたしました。