744件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-12-04 令和元年第6回定例会(第2日12月 4日)

また、支援制度等の周知については、市のホームページを初め、家屋等の被災認定調査の際にチラシを配布、被災事業所への訪問、農業関係82団体を通じた周知、農協だよりなどを活用しながら、広く、漏れなく周知することに努めました。  今後も引き続き関係機関と連携しながら、被災者に寄り添い、その生活等の再建に努めてまいります。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  阿部秀実議員

鹿沼市議会 2019-10-07 令和元年第5回臨時会(第1日10月 7日)

そこには、市民代表や各種団体代表、もちろん私たち議会代表も入り、議論を重ね、検討をしてきたところであります。  一時計画の延期は確かにありましたが、その後事業を再開することとなり、確か当時増渕議員を委員長にして、議会としても再度庁舎の位置や防災拠点としての新庁舎のあり方など、様々な方面から議論を重ね、議員全員でそういったことについて深めてきたと思っています。  

鹿沼市議会 2019-09-27 令和元年第4回臨時会(第1日 9月27日)

今回、今日の臨時議会議決になった後に、丁寧にこの4件の対象のところ、団体になりますが、説明させていただきたいと思います。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  阿部議員。 ○10番 阿部秀実 議員  わかりました。以上で質問を終わります。 ○増渕靖弘 議長  ほかに質疑のある議員はいらっしゃいますか。  別段ご質疑もないようですので、以上で議案に対する質疑を終結いたします。  

鹿沼市議会 2019-08-02 令和元年第3回定例会(第4日 8月 2日)

その上で、国の「キャッシュレス・消費者還元事業」や栃木県の「統一QRコード決済導入事業」について、鹿沼商工会議所や粟野商工会、市内金融機関等の関係団体とも連携して周知を図り、より多くの店舗に安心・安全なキャッシュレス決済の導入を慎重に進め、市内店舗での消費拡大及び市内経済活性化が図られるよう取り組んでまいります。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  佐藤誠議員

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

昨年度は、1階団体事務室と2階和室のエアコンを1台ずつ更新したところでございます。  次に、今後の維持管理についてでありますが、引き続き地域の皆様に利用していただけるよう、適切な維持補修に努めてまいります。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  市田登議員。 ○6番 市田 登 議員  詳細な説明をいただきました。  

益子町議会 2019-03-13 03月13日-議案質疑・討論・採決06号

そういう中で、町内のいろんな団体のまず仕事の洗い直しをしまして、組織をどういうふうにするか、それぞれの組織の役割を明確にした中で、DMOの果たすべき役割というものを明確にした中で、では何をやるとかということになってくるかと思います。何をやるかというところを探し出すのが第1番目の大きなポイントでもあるかと思います。

益子町議会 2019-03-11 03月11日-議案説明・質疑-05号

事業の内容につきましては、介護保険事業の事務的な経費で、印刷代、通信運搬費、国民健康保険団体連合会に係る経費、公用車、介護保険システムに係るものでございます。なお、減少の理由につきまして、昨年度は介護保険システムの改修が行われましたが、今年度はその改修がなくなったためでございます。  2項1目賦課徴収費につきましては、昨年度と同額の150万3,000円の計上でございます。

鹿沼市議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第4日 3月 8日)

そういった中で、国のほうの説明会の中では、各地方団体においては、こういった使途の範囲内で、それぞれの地域の実情に応じて、森林整備そのもののほか、木材利用の促進、森林環境教育、あるいは森林の有する公益的機能に関する普及啓発、こういったものにも取り組んでいい、いただきたいというようなお話もあります。  

鹿沼市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

まず、平成31年度導入予定の鹿沼市地域活動ボランティア補償制度の概要についてでありますが、本制度は、自治会や各種団体等が行う地域ボランティア活動に対し、市が一括して保険加入補償することにより、市民協働を推進し、市民の皆さんが安心して活動に取り組めることを目的として導入するものであります。  

益子町議会 2019-03-06 03月06日-議案説明・質疑-03号

こちらは、国からの交通反則金等を原資に、特別交付金として地方公共団体に交付されるものでございます。  以上です。 ○議長(髙野美晴) 高齢者支援課長。 ◎高齢者支援課長(河原) 12款1項1目民生費負担金につきましては、5,242万9,000円の計上でございます。前年に比べまして、3,064万7,000円の減額でございます。