10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

さくら市議会 2015-02-13 02月25日-01号

また、回収品目を94に拡大して実施してまいります「使用済み小型家電機器リサイクル事業」につきましても、さらに回収率を上げ、資源の再利用を進めてまいりたいと思います。 以上、大まかではありますが、平成27年度の主な政策、施策について、振興計画に沿って申し上げるところであります。 平成27年度がさくら市の飛躍の年になりますように、私も全力を尽くしてまいりたいと常に考えております。

小山市議会 2014-06-10 06月10日-03号

森谷昌敏市民生活部長 国の小型電子機器等リサイクルシステム構築実証事業は、その方策の一つといたしまして、市町村が中心となりまして使用済み小型家電回収体制構築を図るもので、具体的には、市町村回収に係る諸課題を解決するとともに、市町村回収品目拡大回収方法効率化など回収量拡大を図り、そのために必要な助成を行うものでございます。

野木町議会 2014-03-06 03月06日-03号

そこで、ボックス設置場所回収品目等がわかりましたら教えていただければと思いますので、よろしくお願いいたします。 壇上では以上の質問で、町長の答弁について再質問をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長(小杉史朗君) 町長。         〔町長 真瀬宏子君登壇〕 ◎町長真瀬宏子君) ただいまの池田朝子議員のご質問にお答えいたします。 

矢板市議会 2014-03-04 03月04日-03号

今後につきましては、市の収集体制個人情報保護収集品収納場所などの確保の問題を一つずつ解決していき、平成26年度内には小型家電回収品目を限定して、初めは市役所使用済み小型家電回収ボックス設置して、市役所窓口の動向を見ながら、矢板、泉、片岡の各公民館へとふやしていきたいと考えております。 また、回収した小型家電につきましては、認定事業者へ渡す予定でおります。 以上です。

壬生町議会 2013-09-12 09月12日-02号

市町村はこの制度対象品目の中から、それぞれの実情に合わせた形で回収品目を選定することになります。 今後、制度の導入に当たっては、国の認定事業者との回収体制構築回収ボックス設置個人情報の削除や盗難防止等課題を整理しながら回収方法等を検討し、なるべく早い時期に実施してまいりたいと考えております。 

那須塩原市議会 2013-09-12 09月12日-05号

あと、回収品目とか、個人情報の扱いがあったんで、今までは携帯電話はメーカーのほうに出しているということだったと思うんですけれども、これも全部対象になっているということで、その振り分け的なことがあったんで、いろいろ今までやってきましたが、話を前に戻しますと、今現在回収している小型家電、これはどちからかというとほとんどが最終処分場のほうに出されていってしまっているという状況でございます。 

小山市議会 2013-06-10 06月10日-03号

小山市においては、認定事業者の決定を待っている状況で、決まり次第、事業者小山広域保健衛生組合による回収品目回収時期等の調整を行い、迅速に小型家電リサイクル事業取り組みが実施できるよう、市民の皆様への周知等事務手続を進めてまいります。  なお、小型家電回収については、小さな家電市役所本庁及び各出張所での拠点回収、大きな家電は直接清掃センターに持ち込んでいただく計画をしております。  

さくら市議会 2013-06-06 06月06日-02号

そこで、さくら市といたしましては、本市に適した回収方法回収品目について、独自に情報収集、研究、調査を進めてきた結果、小型家電リサイクル事業は、資源物の再資源化最終処分場の延命、レアメタルの有価売却などのメリットがありますので、費用対効果が見込まれると判断ができるために、塩谷管内の他町に先行いたしまして、条件が整い次第、今年度内に早い時期から、使用済み小型電子機器リサイクル事業化に段階的に取り組

  • 1