116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

今後は、ハラール認証取得推進を含めたインバウンド施策について、県の方針なども参考にし、飲食業者の皆さんへアンケート調査を行うなど、商工会議所商工などの協力を得て、ニーズ等の掘り起こしを進めてまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○増渕靖弘 議長  佐藤誠議員。 ○13番 佐藤 誠 議員  ありがとうございました。  

鹿沼市議会 2019-12-04 令和元年第6回定例会(第2日12月 4日)

また、住宅被災者、農家、商工業者が各支援策を活用して、生活や事業が再開できるよう、それぞれの担当が各関係機関と連携し、粟野コミュニティセンターを初め、上都賀農協南部営農経済センターや粟野商工館などにおいて、相談会を開催、さらに、国や県が開催した相談会にも同席し、相談対応等を行いました。  

鹿沼市議会 2019-07-31 令和元年第3回定例会(第2日 7月31日)

次に、制度の周知方法の見直しと事業者などへの周知についてでありますが、今後も鹿沼市ホームページや広報かぬま等への掲載による周知と、鹿沼商工会議所や粟野商工を通じた事業者の皆さんへの周知を継続してまいりますが、その周知方法につきましては、より効果的な手法やタイミング、内容となるよう常に改善してまいりたいと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  阿部秀実議員

益子町議会 2019-03-13 03月13日-議案質疑・討論・採決06号

それから、インバウンドということで海外の方というか、そういうちょっと部会をつくって、その中で皆さん当然観光協会さんとか協同組合さんとか商工さんとかも含めまして、そちらのほうで部会で検討していくというような形にはしたいというふうには考えております。  以上です。 ○議長(髙野美晴) 1番、直井議員。 ◆1番(直井睦) 町行政としても観光の基幹産業化というところを狙っているのは重々承知しています。

鹿沼市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

施策や条例の市内事業所への周知は、企業訪問による周知、市のホームページや広報での掲載、鹿沼商工会議所や粟野商工広報誌での周知、あわせて支援機関や市内金融機関と連携して周知を図っております。  施策や条例を広く知ってもらうため、今後とも様々な媒体を活用して、周知を図ってまいります。  

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

その商品券につきましては、鹿沼商工会議所または粟野商工発行の商品券のどちらかを選んでいただければと思っております。  抽選に漏れた方、応募者が多数いまして、抽選に漏れた方全員には、何らかのイチゴのついたいちご市グッズを考えておりますので、楽しみながら取り組んでいただければと考えております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  鈴木敏雄議員

鹿沼市議会 2018-09-25 平成30年第4回定例会(第5日 9月25日)

「木の駅プロジェクト」を実現するためには、運営組織として、地域住民や森林組合等が挙げられ、引取業者、また商工会議所商工の3者の連携が必要不可欠です。  中心となる運営組織育成を行うとともに、関係者との協議の上、市から地域へ働きかけることで、システム構築を図るべきと考えます。  

益子町議会 2018-09-05 09月05日-一般質問・議案説明・質疑・討論・採決-02号

ただ町、それから観光協会、それから商工会、それから農業団体、あと益子焼の関係団体者などに現在集まっていただきましてその勉強会、それから視察等などを行いまして、今後DMOについていろいろ検討したいということで、本当に形にはまだなっていない状況でありますが、そのような状況でございます。  以上です。 ○議長(髙野美晴) 2番、髙橋議員。 ◆2番(髙橋家光) ありがとうございます。

益子町議会 2018-03-15 03月15日-議案質疑・討論・採決-07号

構成の団体としましては、町のほかに観光協会や商工民俗芸能保存会、益子焼販売店協同組合益子焼協同組合などを主な団体としまして、生涯学習課、そして観光商工課が町の事務局となりまして、さまざまな事業を進めていきたいと考えております。その中の事業の一つとしましては、文化財に対しての説明板、案内板などを整備する、あるいは日本遺産の内容を説明できるガイドを養成するなどです。

野木町議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第5回)-09月11日−02号

産業課長農業委員会事務局長(橋本利男君) 商工のほうの運営費に出している補助金でございます。 ○議長(鈴木孝昌君) 坂口君。 ◆8番(坂口進治君) ちょっと今のあれじゃわからない。もう一回、もうちょっと詳しく答弁してもらえませんか。 ○議長(鈴木孝昌君) 産業課長

益子町議会 2017-09-08 09月08日-議案説明-04号

報償費につきましては、商工優良従業員表彰記念品代、起業支援補助金審査委員会の委員報償でございます。9節旅費につきましては、支出がございませんでした。11節需用費につきましては、燃料として陸砂利採石監視時の燃料代でございます。13節委託料につきましては、地域雇用創造協議会事務警備委託料でございます。

鹿沼市議会 2017-09-07 平成29年第3回定例会(第3日 9月 7日)

○杉江一彦 経済部長  次に、商業振興推進事業費におけるプレミアム付共通商品券発行事業補助の内容でありますが、鹿沼商工会議所と粟野商工が発行する商品券の10%プレミアム分に対して補助をするものであります。  今年7月に両組織より、年末商戦からの活用要望を受け、地元での消費拡大や地域経済の活性化を目的に実施するものであります。  

野木町議会 2017-06-09 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月09日−03号

また、商工や工場協会等を通じ、町内事業所等に対しましてもエコ通勤のご協力をお願いしていきたいと考えております。  次に、自転車利用の啓発活動についてのご質問にお答えいたします。  自転車はウォーキングやジョギングなどに比べて、足首や膝、腰などへの負担が少なく、必要となるエネルギーもランニングより少なく、無理なく長時間続けられることは、先ほど議員もおっしゃったとおりでございます。

野木町議会 2017-06-07 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月07日−01号

そういうのを踏まえまして、商工等ともちょっとその辺のところの打ち合わせをさせていただきまして、やはり町としても、町内中小企業、そういう形の振興を図っていくような旨の条例を制定していこうという考えはあったものですから、県条例とか他市町の条例等を参考にしながら、この辺のものを制定している状況でございます。 ○議長(鈴木孝昌君) 坂口進治君。