7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

市貝町議会 2013-03-06 平成25年  3月 定例会(第3回)-03月06日−02号

体罰だけではないんですが、今まで人権教育、かつては同和教育と言ったわけですが、もうこれが40年近くやられまして、非常に学校には一つ一つの授業の中に人権教育の視点を取り入れた授業が取り入れられて、あるいは学校生活学校行事における際にこの人権教育が取り入れられて、それが、皆さんはどういうふうに思うかもしれませんが、大変学校としてはある意味では成功して、大分人権にかかわるものについては効果があったというふうに

小山市議会 2002-09-11 平成14年  9月定例会(第3回)-09月11日−04号

児童・生徒一人ひとりに着目、接しながら信頼関係のきずなをより深く築き、学校家庭、集会所などさまざまな地域社会の中で、人が人を育てる原点を踏まえて実践、同和教育推進教員が果たしてまいりました役割は、人権教育にとりまして大きな成果を上げてきたと理解をしているところであります。

小山市議会 2002-02-28 平成14年  2月定例会(第1回)-02月28日−01号

改正の内容でありますが、第2条は同和教育推進から人権教育推進に、第4条及び第5条は各集会所ごとに設置されている集会所運営委員会を市全体で一つの運営委員会とし、現在1集会所単位の委員5人を、市全体で一つの委員会として20人の委員で構成し、教育委員会が委嘱しようとするものであります。  この条例は、平成14年4月1日から施行するものであります。  

鹿沼市議会 2001-03-09 平成13年第1回定例会(第4日 3月 9日)

二つには、子供たちに対する同和教育差別をなくすための啓蒙啓発活動の取り組みについても、ことさらに同和問題を取り上げることではなしに、ほかの差別問題と同等に扱うなど、徹底して一般化すること、同和問題を特別扱いする、または啓発運動、学習会への参加を強要することは直ちにやめていただきたい。差別解消の妨げになっているので、改善を求めておきたいと思います。この点についての答弁を求めて次に入ります。  

小山市議会 2000-09-07 平成12年  9月定例会(第3回)-09月07日−03号

さらに申し上げますと、小山人権教育の啓発計画の策定につきましては、これまでの人権同和教育の成果を損なうことなく、さらに人権教育啓発推進センターから1998年3月に発行されました人権啓発の担当者資料集、これは法務省で出ているやつですが、これが出されておりますので、これらの資料集等を大いに参考にしながら今後進めていきたいというふうに思っております。  

小山市議会 1999-09-24 平成11年  9月定例会(第4回)-09月24日−05号

次に、10款教育費、4項社会教育費、1目社会教育総務費の同和教育モデル事業補助金について事業の内容を問う質疑があり、同和教育企業内研修のための啓発資料の作成や啓発ビデオを購入していただくための補助金でございます。企業主体での研修をお願いしていますが、市においても視聴覚器材の貸し出しや研修用パンフレットの紹介などのお手伝いをしております。

鹿沼市議会 1999-03-12 平成11年第1回定例会(第4日 3月12日)

君が代同和教育は整合性がつかんな。文部省の是正指導があったし、やらんといけん」、周囲にそう漏らしていた。世羅高校では、25日職員会議で、君が代は見送ると確認しました。職務命令があるので、君が代斉唱はしたいが、どうしても合意が得られないなら従来どおりでいく、校長がそう決断する。それにはわけがありました。県公立高校校長協会と教員組合が7年前から実行する日の丸は、三脚掲揚、三脚で立てるわけです。

  • 1