565件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

益子町議会 2021-12-03 12月03日-一般質問-01号

中学校における放射線の教育につきましては、中学校3年生理科第1分野、運動とエネルギーにおいて、原子力発電ではウランなどの核燃料からエネルギーを取り出していること、核燃料放射線を出していること、放射線自然界にも存在すること、放射線透過性などを持ち、医療や製造業などで利用されていることを学習しております。

壬生町議会 2020-03-11 03月11日-03号

次に、第2点目の東海第二原発についてでございますが、稼働延長認可が下りているにもかかわらず、再稼働めどが立っていない東海第二原発は、本町に最も近い原子力発電所ということもあり、9年前の東日本大震災に伴う福島第一原発事故の例からも、町民安全性確保という観点から見ると、非常に高いリスクを伴っている施設であると認識しております。

壬生町議会 2020-03-11 03月11日-03号

次に、第2点目の東海第二原発についてでございますが、稼働延長認可が下りているにもかかわらず、再稼働めどが立っていない東海第二原発は、本町に最も近い原子力発電所ということもあり、9年前の東日本大震災に伴う福島第一原発事故の例からも、町民安全性確保という観点から見ると、非常に高いリスクを伴っている施設であると認識しております。

高根沢町議会 2019-12-12 12月12日-03号

地震により福島第一原子力発電所が爆発し、大きな被害を受けた福島県浪江町、双葉町、大熊町、富岡町を一般社団法人AFW代表の吉川氏にマイクロバスで案内、説明を受けました。あれから8年経過しておりますが、まだまだ復興は進んでおりませんが、今後も原発とともに生きていくこと、そして国、自治体関係者復興に向けてひたむきに頑張って取り組んでおられることを勉強してまいりました。 

大田原市議会 2019-09-05 09月05日-03号

次に、甲状腺がんにつきましては、平成27年第5回定例会平成28年第1回、第2回、第3回定例会において本澤節子議員からの東京電力福島第一原子力発電所事故に関するご質問にお答えしておりますとおり、本市におきましては放射線量による健康被害はないものと考えております。  次に、質問事項6、高齢者対策についてのうち、(1)、有償ボランティア制度の活用についてお答えいたします。

大田原市議会 2019-06-20 06月20日-03号

また、修繕費基幹部分の改修、発電設備設置につきましては、平成23年に発生した東日本大震災による東京電力福島第一原子力発電所の事故を教訓として、国が閣議決定した廃棄物処理施設整備計画において、廃棄物処理システムとしての強靱性確保や大規模災害時にも稼働できるよう自立分散型の電力供給熱供給等も設置するよう示されていること、また平成27年3月に改定されました廃棄物処理施設長寿命化総合計画作成の手引では

矢板市議会 2019-03-20 03月20日-03号

〔10番中村久信議員登壇〕 ◆10番(中村久信) 議員案第1号 東海第二原子力発電所の稼働延長に反対する意見書についてご説明いたします。 東海第二原子力発電所は、稼働延長に向けて、去る平成30年9月26日、原子力規制委員会の審査において基準に適合しているとの判断を受けました。今後は、周辺6市村の合意を得れば、最長20年の稼働延長が認められることとなります。 

那須町議会 2019-03-11 03月11日-03号

那須町は東京電力福島第一原子力発電所の事故により、広範囲で放射能に汚染されました。それは今日でもまだ続いています。一部の山菜やキノコ類はいまだに流通経路に乗せられず、まきストーブの灰からは基準値以上のセシウムが検出されているという事例も聞き及びます。 先日、御用邸下メガソーラー建設業者説明会に参加してまいりました。

大田原市議会 2019-03-06 03月06日-02号

栃木県内で捕獲されたイノシシにつきましては、原子力災害対策特別措置法に基づき現在も出荷が制限されており、自家消費についても自粛するよう要請されているところでございますが、那珂川町イノシシ肉加工施設東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の爆発事故以前から稼働していたこともあり、受け入れたイノシシの全頭放射性物質検査することを条件に平成23年12月5日付で出荷制限が解除されております。

真岡市議会 2019-02-27 02月27日-02号

次に、3点目は、異常気象で起こる想定外大型台風平成23年3月11日14時46分、東日本大震災東北地方太平洋沖地震による被害及びこれに伴う福島第一原子力発電所による災害である。地震によって東北関東地方を中心に大規模な停電が発生したため、停電した放送局の多くは自家発電によって放送を続けたが、自家発電燃料が尽きて停波する放送局が多数あらわれた。

高根沢町議会 2018-12-13 12月13日-03号

理由として、今回の陳情である第二原発は、1978年11月の稼働であり、本年11月を迎えて40年となった中、国は原子力規制法によって、原子力発電所の原子炉運転は原則40年という規定があり、施設老朽化や避難の困難さ、安全保障をめぐる環境の厳しさがふえる中、本町町民の安全を最優先に考えなくてはならない事柄により、今回の陳情内容は理解できます。

矢板市議会 2018-12-11 12月11日-03号

平成23年3月11日に発生した東日本大震災による福島第一原子力発電所事故によって、矢板市も放射性物質の大きな被害を受けました。そして、この福島第一原子力発電所事故に伴い発生した廃棄物のうち、放射性セシウム濃度が1キログラム当たり8,000ベクレル超の汚泥や焼却灰などは、指定廃棄物として放射性物質汚染対処特措法に従い、国の責任で処分することとされております。

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

平成23年3月の福島第一原子力発電所事故の発生以来、年々頭数が減っているが、対策について、どう思うか、対応について伺います。  放牧場内のセシウム数値の状況について、またその対応について伺います。 ○大島久幸 議長  答弁を求めます。  杉江一彦経済部長。 ○杉江一彦 経済部長  前日光高原のリニューアルについての質問のうち、ハイランドロッジまでの周辺道路整備についてお答えします。  

栃木市議会 2018-12-04 12月04日-02号

◎市長(大川秀子君) 6月議会の答弁では、原子力発電所の再稼働につきまして、我が国は地震国であり、原発稼働している限り、福島原発で起きたような事故が再び起こる可能性を排除できないことから、原子力エネルギーにかわる再生可能エネルギーへの転換を推進すべきであるとお答えしておりまして、現時点におきましてもその考えに変わりはありません。

真岡市議会 2018-09-27 09月27日-04号

年度真岡水道事業会計補正予算(第1号)議案第71号 平成29年度真岡一般会計決算及び国民健康保険特別会計ほか6件の特別会計       決算認定について議案第72号 平成29年度真岡水道事業会計決算認定について議案第73号 電子黒板等機器の取得について請願第 1号 東海第二原発運転期間延長に関する請願書陳情第 3号 患者負担を増やさないことを求める国への意見書提出に関する陳情書議員案第4号 東海第二原子力発電