3件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

壬生町議会 2018-06-06 06月06日-03号

適格年金が廃止をされ、厚生年金基金解散が進み、企業年金加入する中小企業の割合は低下しています。中小企業においてこそ、退職金の外部保全としての企業年金制度の必要性は高いと認識します。しかしながら、確定拠出年金、確定給与企業年金は、コストや手続、投資教育等、負担が大きい中で、中小企業退職金共済は唯一の選択肢であり、加入条件を緩和するとともに、制度の充実を図る必要があります。

壬生町議会 2018-06-06 06月06日-03号

適格年金が廃止をされ、厚生年金基金解散が進み、企業年金加入する中小企業の割合は低下しています。中小企業においてこそ、退職金の外部保全としての企業年金制度の必要性は高いと認識します。しかしながら、確定拠出年金、確定給与企業年金は、コストや手続、投資教育等、負担が大きい中で、中小企業退職金共済は唯一の選択肢であり、加入条件を緩和するとともに、制度の充実を図る必要があります。

小山市議会 2004-06-09 06月09日-04号

厚生年金基金とか財団とかいうものをつくって、その理事長には日銀総裁くらいの力がある。そうすると厚生省の連中がOBになったときの勤め口に困らない。何千人だって大丈夫だ」、こういう談話も出しているわけなのです。ここが基本になっていろいろな重要な問題点が出てきたというのが実情だと思うのです。  特に今度の改正案でもって国民年金が来年4月より13年連続で毎年月額280円上げられます。

  • 1