225件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿沼市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第4日12月 6日)

そのために、改めて障がい者福祉計画を読み直したり、議会の会議録をチェックしたり、多くの方に意見を聞いたり、助言をいただいたりしました。本当に感謝しております。  障がい者福祉問題については、これまでも何回も取り上げているテーマでもあるのですが、担当する市職員の方々が毎日のように残業しているのを見てきて、もう少し工夫することで、何とか業務を軽減できないかなと思ったところが本音のところです。  

鹿沼市議会 2019-12-05 令和元年第6回定例会(第3日12月 5日)

来年度以降、「防災計画」の作成状況について、実態を把握をいたしまして、作成されていない自治会があれば、指導助言をしてまいりたいというふうに考えております。  次に、防災訓練などの状況でありますが、防災訓練については、昨年度、避難訓練が11回、消火訓練が17回、救急救助訓練が4回、炊き出し訓練が16回、情報伝達訓練が13回、安否情報訓練が7回実施をしております。  

鹿沼市議会 2019-08-09 令和元年第3回定例会(第5日 8月 9日)

終わりに、今議会を最後に勇退される議員の皆様には、長年にわたる議員活動とそのご功労に感謝と敬意を表するとともに、これからも健康に留意され、大所高所から市政全般にわたりご指導、ご助言を賜れれば幸いと感じています。長い間、本当にご苦労様でした。  また、改選後再びこの議場に戻ってこられる議員の皆様には、引き続きよりよい議会、よりよい鹿沼市のために、お力を発揮いただけますことをご期待申し上げます。  

鹿沼市議会 2019-08-01 令和元年第3回定例会(第3日 8月 1日)

次に、いじめや虐待など、子供たちにかかわる諸問題についてのこども未来部としての組織のあり方と保健福祉部や教育委員会警察児童相談所との連携体制についてでありますが、保健福祉部や教育委員会事務局等の関係部局や警察署栃木県県西健康福祉センター、児童相談所等の関係機関等については、鹿沼市要保護児童対策ネットワーク会議のメンバーとして参加してもらっており、情報交換や支援内容の協議の際に、助言指導をもらうとともに

鹿沼市議会 2019-07-31 令和元年第3回定例会(第2日 7月31日)

そこで、各相談員に対して、適切な指導助言ができ、また各相談員間をコーディネートできる、そのような専門指導員が必要かなというふうに考えます、配置すべきと考えますが、市の考え方をお示しください。  (2)若者のひきこもり等に対する本市の支援策をお示しください。  ②といたしましては、若者の就労支援についてです。  (1)二十歳を超えた若者の就労支援、これはどのように具体化されているのか伺います。  

鹿沼市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第4日 6月14日)

そこで言っている記録がありますし、ちなみに、まだ難病というところは、差別のケアの中に盛り込まれていないので、次の課題かなと思いますし、こういう質問はむしろ、ほかの議員に、「卿がやったほうがよろしかろう」というような助言もしておりましたので、今突然持ち出しているわけではないというところだけ、言い訳をさせてもらいまして、もう時間なので、最後になりますので、終わりにしたいと思います。  

鹿沼市議会 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第3日 6月13日)

次に、課題でありますが、最近の対応ケースは、家庭人間関係が複雑だったり、家庭内の問題が多様化していることから、解決困難な事例が多いことや、子供やその保護者が相談員などの助言指導を受け入れないことから、改善が図られず、問題が長期化する事例が見られ、対応に苦慮していることなどであります。  

鹿沼市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3日 3月 7日)

また、市がかかわっているケースで、重症、あるいは緊急性の高い事案の場合には、児童相談所に連絡し、必要に応じて一時保護、あるいは対応が困難な場合には専門的な助言など、技術的な援助をしてもらっております。  さらに、一時保護解除後、施設退所後に児童が安定した生活を継続できるよう、児童相談所と協力して、児童保護者に対する支援を行っております。  

鹿沼市議会 2018-12-07 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日)

小学校につきましては、実態に即して、受験方法について学校助言してまいります。  次に、英語検定受験者の学習面でのサポートについてでありますが、各学校において、全ての生徒が卒業までに英検3級相当で必要とされる英語での資質・能力が身につくよう、授業を行っております。  また、希望者に対し、英検に向けての学習相談や学習指導、面接指導のサポートを行っております。  

鹿沼市議会 2018-12-05 平成30年第5回定例会(第2日12月 5日)

特に、住宅密集地などで住宅等と道路との距離が近く、交通量の多い場合は、周囲に及ぼす影響がより高い案件と判断しており、文書電話等で現況を知らせ、改善されない場合は、こまめに現地確認を行いながら、より強い文書による助言指導等を行うなど、粘り強く交渉を進めております。  次に、樹木や塀などが人家や道路にはみ出し、迷惑をかけているケースへの対応についてお答えいたします。  

鹿沼市議会 2018-09-07 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日)

さらに、今年度は、授業力向上訪問といたしまして、指導主事が市内18校を訪問し、「主体的・対話的で深い学び」、いわゆるアクティブラーニングの視点からの授業改善への指導助言を行っております。  以上で答弁を終わります。 ○大島久幸 議長  市田登議員。 ○6番 市田 登 議員  教育長、詳細な説明をいただきまして、ありがとうございました。  

鹿沼市議会 2018-09-06 平成30年第4回定例会(第3日 9月 6日)

少年相談員が継続訪問をして本人の話を聞き、助言等をしながら寄り添った結果、徐々に本人の力を引き出すことができ、別の高校に入学し、休まず登校できております。  現在は、自動車教習所にも通い始めるなど、自信を取り戻せていると感じております。  もう1つは、中学校はほとんど登校できなかった男児のケースであり、中学2年生から不登校になり、その後ほとんど登校できませんでした。  

鹿沼市議会 2018-06-15 平成30年第2回定例会(第4日 6月15日)

そのうち、屋根材の飛散や塀の倒壊など二次災害危険性が、発生する恐れがあるものについて、空き家の所有者に助言、あるいは指導を行っていくという答弁も3月の議会定例会でいただきました。  早速そうした対処方法として、先日、新聞の記事にも載っていましたが、老朽化した空き家の解体工事費の一部を補助する制度が、今月6月1日より申請ができるようになりました。  

鹿沼市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日 6月14日)

また、教育委員会におきましても、状況によっては指導主事学校に出向き、各学校の対応などについての指導助言を行うなど、学校と連携を図りながら対応している状況であります。  今後も健全な学級経営を基盤に、学びに向かう集団の育成に向けた教育活動が実践できるよう、学校と連携を図りながら対応していきたいと考えております。  

鹿沼市議会 2018-06-13 平成30年第2回定例会(第2日 6月13日)

交通公園は、「国土交通省からの技術助言」によりますと、「児童交通知識を体得するために設置する公園」であります。  交通公園は、基本的には、既存の公園の転用による設置はできません。  また、新規に整備する場合、市街地周辺に標準で1カ所2ヘクタールの敷地面積が必要であることなどから、交通公園の整備も考えておりません。  

野木町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号

そして、地域ぐるみで充実した空き家対策共有して、PR・啓発をする助言、助成、指導に取り組むことがこれからの課題ではないかと思いますが、町長の考えはいかがでしょうか。 ○議長(鈴木孝昌君) 産業建設部長。 ◎産業建設部長(上原善一君) 議員おっしゃいますそのご意見は非常によくわかります。

野木町議会 2017-12-08 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月08日−02号

野木町においては、小動物火葬できる施設もございませんので、町長答弁にもありましたとおり、ペットが亡くなった際の火葬供養におきましては、取り扱う民間事業者等の情報を資料提供や助言することなどにより対応させていただきたいと考えております。  なお、斎場については、小山広域保健衛生組合で共同運営しておりますので、広域に確認したところ、現在のところペット用の火葬設備を設置する計画はないとのことです。