225件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

真岡市議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第3回)-06月11日−議案質疑、一般質問−02号

生活をしていくためには共働きの方も多く、高齢者と生活のリズムが違うとか、夫婦だけの有意義な生活時間を持ちたいとか、理由もさまざまです。中には親子の関係が疎遠な家族もあります。同じ敷地内にあっても、同じ家で暮らしていても、話し合いなどもなく、家庭内、家族内で孤独な高齢者も多くいるのではないかと思います。

那須塩原市議会 2018-06-04 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号

核家族化、少子化、そして共働き世帯の増加により子どもを取り巻く環境が大きく変化し、かつての家庭地域社会の子育ち・子育て機能が大きく低下しています。その結果、子どもの犯罪、いじめや不登校、ひきこもり、自殺児童虐待、そして子どもの貧困などが深刻な社会問題になっています。  

那須塩原市議会 2018-03-02 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月02日−05号

これからも共働き家庭、あるいはひとり親の家庭児童を預けるニーズはふえてくると思っております。その今の状況を数年かけて対応するのではなく、今、今回入れていない子どもたちをどう補っていくかということを考えると、先ほどの低学年に関するインセンティブもそうですが、そのときの料金の弊害が発生しないように市としての考えを持つべきだと思っております。  

那須塩原市議会 2018-02-28 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号

保育環境を取り巻く社会状況は、少子化核家族進行共働き世帯の増加などにより、保育に求められる役割は大きくなっております。那須塩原市においては、保育園整備計画(後期計画)改訂版に沿って計画的に進めていこうとしていると思います。しかし、待機児童保育園の民営化保育士確保等の問題を抱えていることから、以下の点についてお伺いします。  

下野市議会 2018-02-26 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月26日−03号

若い方々は、家のローンを払いながら、子供の将来の学費を蓄えながら共働きで懸命に働き、また年金生活者にも、将来の老後費用として生活を切り詰め、税金を納めております。その汗にじむ貴重な税金を元職員は、一時的な迷いではなく何年にもわたる確信的犯行は決して許されることではありません。詐取された市民の血税、一刻も早く、一円でも多く回収する努力をすることが市に突きつけられた課題です。

足利市議会 2017-12-13 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−一般質問−03号

共働き世帯も増加の一途をたどり、子供の相対的貧困率も増加傾向にあります。そのような状況で、2人目、3人目と子供を産み、出生率を上げることができないのは、火を見るよりも明らかです。   高齢者への福祉サービスが悪いと言っているわけではありませんが、限られた財源の配分をタブーを超え、本格的に議論をする時期に入っていると考えます。

野木町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第7回)-12月11日−03号

がしかし、核家族化が進み、共働きのため協力が得られない産婦はどうしたらいいんでしょうか。症状が重くなると、自殺育児放棄や虐待行為をしたりする場合が考えられます。専門医療機関に入院が必要となり、適切な処置が必要となりますが、現状はあくまでも関係医療機関につなぐだけであり、さらに一歩先のケア事業の一日も早い対応が求められるところであります。  

塩谷町議会 2017-12-06 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月06日−02号

だったらば、親御さんで見てくださいと言ったって、皆さん共働きで働いている人たちは、そういう就労の条件を変えられないからこそ学童保育にお願いをしているわけだから、その辺も十分に考えた上で、やっぱり今回だって実際に10名ぐらいはいるわけでしょ、学齢期に達したからもう預かれないんだということが。

那須塩原市議会 2017-12-04 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月04日−06号

これは共働きがふえてきたことが要因かなと思っております。そうすると、結婚前の一大イベントがプロポーズであり、人生で最も重要なイベントになってきております。これを思い出深いものにするために、結婚式場ではさまざまなメニューを作成し、カップルの希望をかなえております。もみじ谷大吊橋も恋人の聖地としてカップルのニーズに対応してはいかがでしょうか。  

足利市議会 2017-09-11 平成29年  9月 定例会(第3回)-09月11日−一般質問−04号

そして、経済の低迷が長く続く中、共働きが当たり前となり、仕事を持ちながら子育てしていくという高いハードルを超えなくてはならなくなってまいりまして、子育て支援のさまざまな施策を講じていただき、それらのサービスを利用しながら、仕事と子育ての両立に奮闘しているのが現状ではないでしょうか。   

那須塩原市議会 2017-09-07 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月07日−05号

◆4番(星野健二議員) 確かに今、若い世代については、共働きということで大変お忙しいところだと思うんですね。なかなか平日に検診を受けるというのが難しい方も確かにおられると思います。  先ほど、日曜日につきましては180人ということで、やはり多いんですけれども、この日曜日の検診について、今後、本市ではふやしていく計画はあるのかお伺いをいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  

佐野市議会 2017-09-06 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月06日−一般質問−03号

この計画は、共働き世帯の増加や就労形態の変化、核家族化の進行などにより、保育ニーズが多様化していることにより、老朽化した施設設備では対応が困難になっていることから、保育所を計画的に整備し、質の高い保育サービスを提供していくために策定されたものでございます。   

那須塩原市議会 2017-06-22 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月22日−06号

専業主婦世帯が減り、共働き世帯がふえているにもかかわらず、世帯所得はピーク時より2割落ち込んでいる。非正規の割合も4割を超えている、結婚して子供を持つことすら難しくなり、頼りの中間層が明らかに低所得化しつつある。苦しくなった中間層がぎりぎりのところで支援を受けずに踏ん張っている」とおっしゃっています。  

佐野市議会 2017-06-08 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月08日−一般質問−04号

本市においても、共働きやひとり親世帯高齢者の単身世帯の増加に見られる家族機能の弱体化や血縁関係、地域のつながりの希薄化により支援力が低下する時代にあり、高齢者介護子育て支援、障害者福祉、生活困窮者支援など子供から高齢者までにかかわるさまざまな分野の課題を複合的に抱えなければならない現状があります。

市貝町議会 2017-06-06 平成29年  6月 定例会(第4回)-06月06日−01号

だから、すごく共働き世帯がふえている、それに応えられていないというのが現状なわけですよ。それに応えていくのがまた行政なんだと思うんですね。だから、私たちは、そういう立場から、町民の声で要求しているわけで、何か事件事故でも起きない限りなかなか進まないというのが今の行政ですよ。  しかし、ぜひ、児童館に近いような形で整備されればということで、今後とも努力していただきたいと思います。  

さくら市議会 2017-06-05 平成29年  6月 定例会(第2回)-06月05日−02号

まず、1つ目、各施設の運営状況ですが、本市においては、共働きなどで保護者が放課後に看護できない児童を対象に、放課後に適切な遊び、生活の場を与え、児童の健全育成を図ることを目的とした放課後児童クラブは、各小学校単位で6カ所設置・運営しているところです。  まず、各施設の運営状況でありますが、氏家小学童クラブ、上松山小学童クラブ、南小学童クラブ、喜連川小学童クラブは指定管理により運営しております。