152件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

那須塩原市議会 2018-12-07 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−06号

先ほど研修ということでも、出張扱いと、あと自主でという話もありましたが、例えば県内の自治体公衆衛生学会といった学会などもございまして、そういうところにも参加をされているのでしょうか。また、そこで発表している自治体などもあると伺いました。そういった学会への参加というのは必要だと思いますが、那須塩原市のほうではやられているのでしょうか、お伺いいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  

壬生町議会 2018-09-14 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−03号

過去の災害ペットと飼い主が離れてしまう事例が多発したのを受けたもので、離れた動物保護するのに多大な労力と時間が必要となり、その間にペットが負傷、死亡しかねないという動物愛護の観点、また、不妊去勢処置がなされていない場合、繁殖してしまい、住民の安全公衆衛生環境の悪化等が懸念されることから、必要な措置として明記しています。  

鹿沼市議会 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第5日 3月19日)

日本国憲法第25条では、「すべて国民は、健康文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」、そして、「国は、すべての生活部面において、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」としており、ここで示す国民生活のアンダーラインとして、生活保護制度によって救済されていくというところでもありますが、こうした基準も下回る相対的な貧困率の中で、高齢者の方が含まれているということが危惧されているところです

那須塩原市議会 2018-02-27 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月27日−03号

下水道法では、下水道の整備により都市の健全な発達公衆衛生の向上及び公共水域の水質保全を目的とし、その役割は、生活環境の改善、雨水の排除、地域の水質保全であります。  本市の生活排水処理基本構想では、公共下水道を整備する地域農業集落排水事業で整備する地域、浄化槽で処理する地域に分け整備を進めています。  

市貝町議会 2017-12-18 平成29年 12月 定例会(第6回)-12月18日−01号

国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。」と義務を明記しています。  そこで、第1点目の質問は、公道沿線における雑草、雑木、落ち葉などの障害によって交通事故が発生し、事故当事者が損害を受け、泣き寝入りしている現状が起きています。

鹿沼市議会 2017-12-06 平成29年第4回定例会(第2日12月 6日)

地域対策を進めることは、人と猫との共生社会を実現し、環境美化、公衆衛生の観点からも市民の利益向上に結びついていきます。  平成27年度の犬猫の殺処分数を御存じでしょうか。環境省の調査によりますと、その数は年間約8万2,900頭でした。そして最新の平成28年度の殺処分数は、なんと5万6,000頭、およそ2万7,000頭も減少しております。

那須町議会 2017-09-01 平成29年  9月 定例会(第4回)-09月01日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

下水道事業につきましては、生活排水の収集処理を行うことにより、生活環境の改善や河川の水質保全、公衆衛生の向上等に大きな役割を果たしております。平成28年度の主な事業内容につきましては、幸町1地内の枝線管渠布設工事及び湯本浄化センター水処理施設耐震計画の策定業務委託であります。  

佐野市議会 2017-06-12 平成29年  厚生常任委員会-06月12日−議案審査−03号

環境政策課長(川俣浩) ただいまのご質問につきましては、私どもは公衆衛生確保の観点からの部署でございます。山城サミットということになりますと他の部署の所管ということもございますので、今後そういった視点からもこの手入れについての話を内部的にもしてまいりたいと考えております。 ○委員長(木村久雄) 鈴木委員。 ◆委員(鈴木靖宏) 今、ほかの課の担当課と協議していきたいということであります。   

佐野市議会 2017-06-08 平成29年  6月 定例会(第3回)-06月08日−一般質問−04号

公衆衛生施設は、市民や来訪者が気持ちよく利用できるものであると私は考えます。施設の状況と、今後の整備計画のお考えをお尋ねいたします。 ○議長(井川克彦) 観光スポーツ部長。 ◎観光スポーツ部長松本仁) 観光エリア内のトイレは、そこを訪れた方の印象を左右するほど重要なものだと認識をしております。それはおもてなしをあらわしており、当然観光誘客につながるものでございます。

真岡市議会 2017-02-28 平成29年  2月 定例会(第1回)-02月28日−議案質疑、一般質問−03号

しかし、将来とも市民安全で安定した飲料水を確保し、公衆衛生の向上と生活環境の改善を図るためには、水道の普及が重要でありますので、要望に基づいて地元説明会を実施してまいりました。   今後は、地元説明会やチラシ配布などのさらなるPRの取り組みを通して地域の方々に水道の必要性をご理解いただきながら、事業の採算性を考慮しつつ未整備地区の整備に努めてまいります。   

真岡市議会 2016-09-07 平成28年  9月 定例会(第4回)-09月07日−議案質疑、一般質問−02号

しかし、将来とも市民安全で安定した飲料水を確保し、公衆衛生の向上と生活環境の改善を図るためには上水道の整備が重要でありますので、今後もPR等の取り組みを通して地域の方々に上水道の必要性をご理解いただきながら、上水道の普及に努めてまいります。   次に、下水道についてお答えいたします。

鹿沼市議会 2016-09-07 平成28年第4回定例会(第2日 9月 7日)

次に、当該災害の被災ごみの量や処分の状況についてでありますが、当該の豪雨により、大量の災害廃棄物が発生したため、生活環境の保全や公衆衛生の観点から早急に処理を行いました。  処理方法としては、環境クリーンセンター内に仮置き場を設置するとともに、各自治会に仮置き場の設置を依頼し、家庭ごみを収集しました。  

那須町議会 2016-09-02 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月02日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

下水道事業につきましては、汚水の収集処理を行うことにより、生活環境の改善や河川の水質保全、公衆衛生の向上等に大きな役割を果たしております。平成27年度の主な事業内容につきましては、幸町1地内の枝線管渠布設工事及び湯本浄化センター耐震実施計画策定業務委託であります。  

矢板市議会 2016-03-07 平成28年  3月 定例会(第339回)-03月07日−02号

このことから、公衆衛生の観点からも下水道の未普及地域の早期解消に努めることが重要であると、報告書ではまとめております。  したがいまして、お尋ねの今後の対策でございますが、環境中のノロウイルスに対しましては、下水道がかなりの効果があるとのことでありますので、調査委員会の調査結果などを踏まえ、その啓発を図り、下水道の接続促進に当たりたいと考えております。  

那須塩原市議会 2015-09-08 平成27年  9月 定例会(第4回)-09月08日−03号

このような空き家の管理不十分な状態が継続しますと、防災公衆衛生景観その他生活環境保全上の問題の原因となります。このため、市では、これらの空き家の相談があった場合には、現地調査や所有者等の調査を行い、所有者等に文書等により空き家等の適正な管理を依頼しているところであります。  

那須町議会 2015-09-04 平成27年  9月 定例会(第7回)-09月04日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

下水道事業につきましては、汚水の収集処理を行うことにより、生活環境の改善や河川の水質保全、公衆衛生の向上等に大きな役割を果たしております。平成26年度の主な事業内容につきましては、幸町3、立岩地内の管渠布設工事及び湯本浄化センター水処理設備長寿命化計画策定業務委託であります。  

那須塩原市議会 2015-06-11 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月11日−04号

WHO(世界保健機関)は、平成16年の自殺予防デーに合わせて、「自殺は大きな、しかしその大半が予防可能な公衆衛生上の問題である」と世界に向けてメッセージを発信しました。  平成10年以降の自殺の増加は、経済的な理由等で社会的に追い詰められた中高年の自殺の増加が大きく影響していると考えられています。

那須町議会 2015-06-08 平成27年  6月 定例会(第5回)-06月08日−一般質問−02号

そして、8番目におきましては、入場料、参加料等の負担を求める場合には、社会通念上相当と認められる範囲内であるというようなこと、そして最後に9つ目としまして、事業を開催する場所が公衆衛生あるいは事故防止等について十分な設備を備えて、かつこれらに十分な措置がとられていることと、そういった9つの項目によりまして審査を現在もしておりますし、これからもする予定でございます。

那須町議会 2015-03-12 平成27年  3月 定例会(第2回)-03月12日−一般質問−03号

当町の場合でございますけれども、県の有識者会議等の意見も参考にしておるわけでございますが、福島県での公衆衛生学・統計学的な分析目的とは全く異なりまして、当町では子供たちの個々の健康状態を調べ、健康への不安を取り除くことを目的に甲状腺エコー検査を実施しているところでございますので、現在希望する方のみの検査を実施しております。