運営者 Bitlet 姉妹サービス
952件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第5日12月17日) さらに、平成18年度からは、主に小学校高学年を対象に、自転車運転免許講習会を月1回開催しており、合格者には自転車運転免許証を交付しています。   もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) 2点目に、LRT以外の公共交通の優先すべき課題として、地域内交通の改善をし、広く誰もが使える公共交通にすること、高齢者の外出支援を拡充して、免許自主返納を後押しすることは重要と考えますが、市長の御見解を求めます。  この項の第2に、小中学校の体育館へのエアコン設置について伺います。   もっと読む
2018-12-07 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第3日目12月 7日) 平成20年度に国民健康保険被保険者証がはがきサイズから、運転免許証と同じ大きさのカードサイズに縮小されました。しかしながら、70歳から74歳の国民健康保険被保険者が医療サービスを受ける際に合わせて提示が必要となる高齢受給者証は、はがきサイズのままであり、不便な状況が続いていました。   もっと読む
2018-12-07 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第4日12月 7日) 2、消防署職員の職務上必要な運転免許証取得について。  消防署職員がはしご車等消防車両を運転するために大型免許証を取得する場合は自己負担と聞いております。公費等の負担の考えがあるかお伺いします。  答弁をお願いします。 ○大島久幸 議長  当局の答弁を求めます。  小池一也消防長。 もっと読む
2018-12-06 鹿沼市議会 平成30年第5回定例会(第3日12月 6日) 2点目に、団員の自動車運転免許証の種類別保有状況をお示しください。  2つ目の中項目、消防団員の支援施策について伺います。  まず、消防団員を確保・養成するために行っている市の団員支援施策の概要をお聞かせください。  2点目に、団員として活動するために必要な資格・免許と、できればあったほうが望ましい資格・免許の種類などがあれば、その保有状況をお示しください。   もっと読む
2018-12-06 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第2日目12月 6日) 我が会派から提出した予算編成に関する要望書における未来都市うつのみやづくりについてのうち、バス路線の充実と地域内交通の促進を図ることと、高齢者・運転免許証返納者・交通弱者への公共交通の段階的無償化への取り組みの推進を図ることについてお伺いします。   もっと読む
2018-12-06 那須塩原市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−05号 単純に教員免許を持っていればいいというわけではございません。子どもと接するわけでありますので、子どもの将来に大きな影響を与える立場であるわけですので、より適性のある方々を子どもたちにかかわれるような、そういった部分も今後しっかりと考えていかなければならないなというふうには思っております。 ○議長(君島一郎議員) 12番、大野恭男議員。 ◆12番(大野恭男議員) ありがとうございます。   もっと読む
2018-10-02 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第6日目10月 2日) 東西で1,000億円にも上る税金が投入されるLRTでは解決できない、バス路線の再編や高過ぎるバス料金の課題、矛盾が顕在化している地域内交通や、高齢者の免許返納促進策等の課題も、他自治体と比べても圧倒的におくれた状況のまま手つかずです。階層性のある交通体系はいつになっても明らかになりません。   もっと読む
2018-09-25 那珂川町議会 平成30年第3回(9月)定例会-09月25日−05号 ◆9番(吉永直子君) あわせて、高校生のアルバイト収入についても、平成28年度に修学や自立のためのもの、例えば修学旅行費、クラブ活動費、大学入学金や授業料、運転免許証取得費、ひとり暮らし費用などであれば、収入認定されず、貯金していくことができるようになっています。このことについても、同様に周知していただくように求めておきます。  次に移ります。 もっと読む
2018-09-25 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第5日 9月25日) 運転免許センター線、まちなか線、口粟野線など一部の路線では利用者が増加に転じています。一時減少の一途にあった利用者が、近年増加傾向にあるのは、全国的な傾向のようです。高齢者の増加は、潜在的バス利用者の増加となっているのではないでしょうか。  働きかけ次第では、利用者はまだ増やすことができるのではないかと考えます。 もっと読む
2018-09-12 宇都宮市議会 平成30年厚生常任委員会(第1日目 9月12日) それを見定めるという意味では,今,免許証更新の場合は,認知症対策でも事前に教習所でいろいろ調べられるんですよ。ですから,あれをやるのは本当に,強いて言うと屈辱的な感じもするんだけれども,やってもらっていいかと。早めにわかればいいかなという気もあるので,できればね,毎年,保健所から健康診断の審査が来るじゃないですか。 もっと読む
2018-09-07 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第4日 9月 7日) 次は、平成28年6月の事例でありますが、栃木県運転免許センター施設内におきまして、持病の心疾患で意識を失い、心肺停止状態となった60代の男性に対して、居合わせた成人女性2名と施設関係者が手分けをして、救急車の要請と心肺蘇生を行うとともに、AEDを使用し、電気ショックを実施した結果、蘇生に成功いたしまして、社会復帰に至った事例がございました。 もっと読む
2018-09-07 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第3日目 9月 7日) こうした中、本市が地域包括ケアシステムを推進していくために、平成27年度に実施いたしました地域療養支援体制の構築に向けた基礎調査によりますと、訪問看護職員が新たに360人必要とされており、これらの看護職員の確保に向け、市医師会の看護師養成学校や市医療保健事業団の准看護師養成学校に対し支援を行っているところであり、今後は、さらなる確保に向け、新規の免許取得者を本市に誘導する仕組みづくりなどについて検討 もっと読む
2018-09-06 宇都宮市議会 平成30年第4回定例会(第2日目 9月 6日) 次に、運転免許証自主返納についてお伺いいたします。  少子高齢化社会が急速に進行する今日、これまでの社会生活に変化が求められております。それらに対応する行政、市民、企業は、それぞれの立場において試行錯誤しながら、既にこれからの社会を模索していると思います。  核家族化、家庭環境に恵まれたお年寄り、孤独な独居生活を送るお年寄り、核家族化による夫婦だけの老後生活など、社会は変化をしてきております。   もっと読む
2018-09-06 野木町議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月06日−02号 そんな中で、いわゆる高齢化の時代を迎えまして、免許証の返納とか地域住民、町民が地域公共交通に頼らざるを得ないというふうな状況になっていることは周知の事実だと思いますけれども、この中で公共交通の乗り入れということが出ておりますけれども、それに対してこの開通というのはどのような影響をはたすのか、あるいはこの計画も28年から、半ばということで、その辺も含めてちょっとこの道路を使った公共交通というのはどんなふうになるかなと もっと読む
2018-09-05 鹿沼市議会 平成30年第4回定例会(第2日 9月 5日) これに加え、これからは広い場所に新庁舎を建設し、市役所を公共交通の発着点、通過点の中心拠点として、バス、自家用車、自転車等交通手段相互の市内全域へ通じる乗換え場所とすれば、乗換え時間を開かれた新庁舎の中で過ごせ、免許証を持たない高齢者や高校生、子供たちにとって、より安心な、利便性のよい交通手段を得られることになります。  この提案に対し、市の答弁を求め、再質問といたします。 もっと読む
2018-09-05 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月05日−02号 そのような中、運転免許証の自主返納を呼びかけていますが、車に乗れなくなると不便になるためちゅうちょしているのが現状です。  ことし5月9日の下野新聞に、お隣の芳賀町では本年度から運転免許証の返納者に町内と周辺を運行する町デマンドタクシー利用券100枚を無料で交付する制度を開始しました。利用券の交付は返納時の1回のみという記事が載っていました。やはり運転免許証返納後の交通手段の確保が重要です。   もっと読む
2018-09-04 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月04日−01号 2款1項8目交通安全対策費につきましては、運転免許証を自主返納した高齢者に対し、デマンドタクシーの乗車券を交付するための費用を追加するものでございます。  2款3項1目戸籍住民基本台帳費につきましては、マイナンバー制度の開始に伴うシステム改修費用である社会保障・税番号システム改修業務委託料について追加するものであり、全額が国庫補助となるものでございます。   もっと読む
2018-06-28 小山市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月28日−06号 また、委員から、運転免許の区分に法改正があり、準中型という区分ができたことへの対応を問う質疑があり、執行部から、消防団においては法改正後に新規に自動車免許を取得する場合に、準中型の免許を取得しないと運転できない3.5トン以上の車両が現在28台あります。 もっと読む
2018-06-21 小山市議会 平成30年  総務常任委員会-06月21日−02号 29年度から今委員おっしゃったとおり、免許制度が変わりまして、準中型車ということでの免許が新たに創設されました。現在、3.5トン以上で準中型の免許を新たに取得した方が運転できる車両ということで、運転できないというような車両ですと、現在消防団の中で28車両ございます。 もっと読む