運営者 Bitlet 姉妹サービス
726件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第6日目12月20日) この陳情につきましては、「開発事業者の倒産による代物弁済であったことを踏まえると、陳情者の心情的な立場は理解できるが、現在、他の開発事業者には寄附していただく形をとっており、本件だけを買収することは、公平性の観点から適切でないと考えられることから、この陳情は不採択としたい」などの意見が多く、全会一致で不採択と決定いたしました。   もっと読む
2018-12-12 宇都宮市議会 平成30年建設常任委員会(第1日目12月12日) 2の事案の概要についてでございますが,陳情者は,昭和46年から昭和49年までの開発許可によりまして開発事業者が設置した道路等の公共施設を,開発事業者の倒産により代物弁済にて取得後,市にその公共施設の買い取り等を求めてきているものでございます。   もっと読む
2018-12-11 宇都宮市議会 平成30年第5回定例会(第5日目12月11日) このような好業績の企業の経営者が事業継承を選択しないときは廃業につながり、いわゆる黒字倒産となり、企業が有する技術、ノウハウなどの貴重な経営資源が失われることになり、地域経済にとって大きな損失であり、中小・小規模企業の事業継承は焦眉の急であります。   もっと読む
2018-12-05 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月05日−02号 内訳といたしましては、相続人の全員が相続を放棄した案件が3件、会社倒産による案件が1件、相続人を調査中の案件が2件、宛て所不明により納税通知書が届かない案件が1件となっております。  相続が放棄された案件及び会社倒産による案件につきましては、固定資産税を徴収することができないことが明らかであるため、地方税法第15条の7第5項の規定により、課税年度の年度末に不納欠損としております。   もっと読む
2018-12-04 市貝町議会 平成30年 12月 定例会(第5回)-12月04日−01号 本当に市貝町の道の駅、倒産になっちゃいますからね。そういう点においても、きちんとした財政についての考え方も必要なんです。ですから、どういうふうに道の駅を、どこにつくってどういう程度の建物をつくって、内容はどうやってやるのかです。その点についても考えを伺っておきたいと思います。  それから、この道の駅の採算の問題。 もっと読む
2018-09-14 市貝町議会 平成30年  9月 定例会(第4回)-09月14日−04号 米価の大幅な引き下げなど、地域経済の落ち込みと長期不況による地域経済の衰退、中小企業の倒産や廃業、リストラの横行、企業の移転や失業者、非正規労働者の拡大、後継者難など町民生活の環境は著しく悪化し、厳しい状況が続いています。  また、国・県などの公立補助金、負担金などが削減されている一方、地方分権の推進のもとで財源と質量、定数を無視した地方自治体への事務事業と許認可権などが押しつけられております。 もっと読む
2018-09-05 高根沢町議会 平成30年  9月 定例会(第389回)-09月05日−02号 これは、元気あっぷ公社がこれは三セクでやってきているから何とかかんとか今日来ているけれども、私は議会の方々にも、もう実質10年前には、元気あっぷ公社は経営破綻をしている、民間だったら当然倒産をしているというお話をしましたが、いわゆるですよ、概略の数字だけ申し上げておきます。   もっと読む
2018-06-20 宇都宮市議会 平成30年総務常任委員会(第1日目 6月20日) 次に,(4)の宇都宮市国民健康保険税条例の一部改正でありますが,倒産などによりまして離職した被保険者が国民健康保険税の軽減に係ります特例措置の申告書を市に提出する際に,雇用保険受給資格者証の提示を義務づけていましたが,ハローワークとのマイナンバーの情報連携により,離職の理由や年月日が確認できる場合には,窓口での提示を不要とするものであります。  資料の4ページをごらんください。 もっと読む
2018-06-14 小山市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月14日−05号 誰しも不慮の事故や病気、または会社の倒産などなど、こんなはずではなかったのにと思う事柄に出会うかもしれません。それでもそのたびに計画を立て直し、何度でも立ち上がれるのも人間の強さの一つかもしれません。   ファイナンシャルプランニングの言葉の定義は、夢や目標を達成するための総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法となっています。 もっと読む
2018-06-07 小山市議会 平成30年  6月定例会(第2回)-06月07日−01号 4番、第24条の2は、倒産や解雇などによる離職により国民健康保険税の軽減の対象となる特例対象被保険者等に係る申告に関する規定でございます。第2項は、特例対象被保険者等である旨を申告する際の手続について規定を改めるものでございます。   5番、附則第1項は、この条例の施行日を平成30年4月1日とするものでございます。    もっと読む
2018-05-10 宇都宮市議会 平成30年文教消防水道常任委員会(第1日目 5月10日) 倒産しそうな会社の社長になりました,さあ,どうやって,これ,立て直しますかなんてこと,ロールプレイでこれ,大学院でやったんだけれども。そういうことをやっていくのが1つの,自分のイデオロギーばかりにこだわらなくておもしろいと思うんで,1つの提案。   もっと読む
2018-03-22 市貝町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月22日−05号 長期に続く米価の大幅な引き下げなど、地域経済の落ち込みと長期不況による地域経済の衰退、中小企業の倒産や廃業、リストラの横行、企業の移転、非正規雇用や失業者の増大など町民生活の環境は著しく悪化し、厳しい状況が続いています。   もっと読む
2018-03-16 那珂川町議会 平成30年第1回(3月)定例会-03月16日−07号 ところが、事業者も人手不足に加えて、制度以降前より介護報酬が安くなったことも含め、サービスの撤退や倒産が相次ぐなど、受け皿となる事業者の確保は、せっぱ詰まった問題として自治体を苦しめています。国の制度に欠陥があったことは間違いなく、制度の改善を求めることはもちろんですが、今現在窮地に追い込まれている利用者を救済することが急務となっています。 もっと読む
2018-03-13 小山市議会 平成30年  2月定例会(第1回)-03月13日−06号 昨年倒産した企業115件の3倍以上の企業が倒産には至らないまでも、事業継続を断念している。背景には、経営の先細りに対する懸念や代表者の高齢化、後継者難による事業継承の難しさがあると見られるということであります。既存の中小企業は疲弊している中で、新規の企業だけに支援するというのは、市民の暮らし向きを考えずに外から人を呼び込むだけの施策と同じであり、工業団地の開発は認められません。    もっと読む
2018-03-06 宇都宮市議会 平成30年第1回定例会(第4日目 3月 6日) 昨年倒産した企業115件の3倍以上の企業が事業継続を断念しており、その背景は、経営の先細りに対する懸念や代表者の高齢化、後継者難による事業承継の難しさがあるとのことです。  昨年11月の国会で、公明党の山口那津男代表が、今後10年間に経営者の引退が見込まれる中小企業の約半数に当たる127万社超で後継者が未定とされ、放置すれば廃業が急増し、日本経済に深刻な影響を及ぼしかねない現状に言及。 もっと読む
2018-03-05 市貝町議会 平成30年  3月 定例会(第2回)-03月05日−02号 1990年以降、国保加入者が増加したのは、バブル崩壊以降の不況の長期化による中小企業の倒産や、相次ぐリストラを起源とする失業者の増加など背景にあると見られています。近年の雇用現場では、派遣やパート労働者などの非正規雇用労働者の増大、正規雇用から非正規雇用への置きかえ、フルタイムで働いても生活保護水準以下というワーキングプア世帯の増加、失業の増大などの事態が生じています。 もっと読む
2018-02-28 那須塩原市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-02月28日−04号 ◆15番(櫻田貴久議員) 減少傾向の原因なんですが、倒産だったりとか廃業だったりとかとあると思うんですけれども、なかなかその情報的な部分は公表はできなくても、担当部局としてはそういった原因は的確に捉えているという認識でよろしいのでしょうか。お伺いをいたします。 ○議長(君島一郎議員) 答弁を求めます。  産業観光部長。 もっと読む
2017-12-12 真岡市議会 平成29年 12月 定例会(第5回)-12月12日−議案質疑、一般質問−03号 従業員の離職や採用難などで十分に人材を確保できなかったことが原因で倒産した人手不足倒産も出ております。 もっと読む
2017-12-12 足利市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月12日−一般質問−02号 そして、やがて国立大学も倒産の危機、こういう時代を迎えるということであります。そして、2019年には世帯数が5,307万とピークを迎えると。そして、これからICT社会になりますが、ITを担う若い人材がピークを迎え人手不足が深刻化してくると。そして2020年、これはオリンピックの年になりますが、女性の過半数が50歳以上になってしまうと、出産可能な女性が大きく減り始めていくということであります。 もっと読む
2017-12-08 大田原市議会 平成29年 12月定例会(第4回)-12月08日−一般質問 幾ら権利があると言ってみても、倒産してしまったというものはどうしてもできないわけでありますから、これは不納欠損にせざるを得ない。 もっと読む