4830件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小山市議会 2040-06-10 06月10日-05号

引き続き個人質問を行います。  質問通告者に対し、順次、質問許可いたします。                                                       ◇ 細 野 大 樹 議員 ○福田洋一議長 2番、細野大樹議員。                  〔2番 細野大樹議員登壇〕 ◆2番(細野大樹議員) 議席番号2番、市政会の細野大樹です。

小山市議会 2031-09-27 09月27日-06号

答弁を受けて、委員から、まだ検査を受けていない方や企業への周知について問う質疑があり、執行部から、個人に対しては、「広報小山」やおーラジ、市ホームページを活用して周知しているところです。また、民間企業に対しては、今後啓発したいと考えていますとの答弁がありました。  

栃木市議会 2022-12-05 12月05日-04号

通知カードには有効期限がありませんが、個人カードには有効期限があります。署名用電子証明書の有効期限は5年になっています。有効期限が切れた場合は、マイナンバーカードは使えなくなるのでしょうか。また、子供の場合は有効期限が5年です。更新のお知らせはあるのかどうか、お伺いいたします。 ○議長(大阿久岩人君) 質問に対する当局の答弁を求めます。  橘生活環境部長。

益子町議会 2022-12-04 12月04日-一般質問-02号

過去2年間においてその表彰されている団体においても、広報「ましこ」、または町のホームページ等に掲載され、皆様広く認知されていることとは思いますが、まだまだその認知度というのが足りないのではないかなと個人的に考えております。  実際現在のホームページを見てみますと、今年度募集して、今年度も行う予定であるかどうか、まずそれだけお聞きしたいと思います。 ○議長(星野壽男) 企画課長

足利市議会 2022-09-10 09月10日-一般質問-03号

本市においても、平成30年度は市内外の個人法人団体から1,380万円余りの寄附をいただきました。生まれ育った足利市を応援したいという市外の方からの寄附に加えて、自分たちの住むまちのために役立ててほしいという市内の方たちの寄附も年々増加しています。  先日、本市のこども夢基金に寄附された女性とお話しする機会がありました。

足利市議会 2022-09-09 09月09日-一般質問-02号

年齢が低いほど個人自由だと考える者の割合が大きく、棄権した者の割合が高くなっています。特に若い20歳代の投票率の低下が深刻で、60代の投票率の半分以下にとどまっているようであります。こういった現況下での投票率向上は、行政の対応だけにとどまらず、地域企業学校など市民総ぐるみでかかわっていくことが肝要であると考えますが、担当当局の御所見をお聞かせください。

益子町議会 2022-06-04 06月04日-一般質問-01号

◆7番(直井睦) 実際この研修に当たりましては、個人のスキルアップ等も必要になってくると思います。一番私自身年齢的に近い職員の方とかお話しして、中には昇進を望んでいない方もやっぱりおられると思います。そういうやる気を引き出すではないですけれども、責任感を持ってそういう取り組みというのもこれからの研修で必要になってくると思いますけれども、そういう取り組みは現状としてどうでしょうか。

真岡市議会 2021-12-09 12月09日-02号

今回私個人としては久しぶりの一問一答方式での質問となり、皆様にはお聞き苦しい点があるかもしれませんが、しばらくの間ご清聴よろしくお願いいたします。  それでは、さきの通告に従い、3件の一般質問を順次させていただきます。執行部の明確かつ前向きな回答をお願いいたします。  まず最初に、災害の対応についてからです。

益子町議会 2021-12-03 12月03日-一般質問-01号

ただ、今後やっぱりこれだけ数がふえてきて、右肩上がりでどんどん上がっている状況を踏まえますと、やはりNPOですとか、それから一般市民の見守りとか、そういった啓発活動なんかをしていく必要があるのではないかと私は個人的に思います。

真岡市議会 2021-09-09 09月09日-02号

なお、個人住宅などの小規模な建築物などにおいては届け出対象外となっており、市民への影響は少ないものと考えております。  この計画を策定することにより自然、歴史文化景観都市景観が調和しバランスのとれた景観づくりを目指し、真岡市らしさがさらに高まるよう市民、事業者、行政が一体となって推進してまいりたいと考えております。  以上、ご答弁申し上げます。 ○星野守議長 田上教育長。   

大田原市議会 2021-09-05 09月05日-03号

しかしながら、先ほどの児童生徒にとってみると、これらは夏休みの真ん中に行われるという点、どうしても個人の経験になってしまう点、今の自分が存在しているということと広島、長崎の惨状がつながりにくい点、そんな点を考えるとむしろ先ごろ市内で開催された原爆写真展の鑑賞、鑑賞と言っていいのでしょうか、原爆写真展を見る、大田原市の戦争当時の様子を見てみる。

小山市議会 2021-09-04 09月04日-02号

さらには、マイタイムラインなど個人避難行動を作成するのもよいと思います。詳しくは、福田幸平議員にお願いをいたしますが、こうしてでき上がった地区計画が絵に描いた餅で終わらないよう、先ほど答弁にありましたように、計画の更新ですとか評価などを随時行っていくことも大切であると思います。  

栃木市議会 2021-09-04 09月04日-03号

我々は個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間育成を期する。普遍的にして、しかも個性豊かな文化の創造を目指す教育を普及徹底しなければならない。憲法の精神にのっとり、教育目的を明示し、新しい日本の教育を確立するために制定する、このように述べられております。これ以降、戦後の民主的な教育が始まったと私は思っております。そこで教育長に伺います。  

小山市議会 2021-06-07 06月07日-04号

○福田洋一議長 以上で、10番、佐藤忠博議員個人質問を終わります。  この際、暫時休憩いたします。                                      (午前10時44分) ○福田洋一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。                                      

那珂川町議会 2021-06-06 06月06日-01号

主な改正内容は、子どもの貧困に対応するための個人市民税の非課税措置に関するもの及び軽自動車税の見直しでございます。子どもの貧困に対応するための個人市民税の非課税措置は、事実婚状態でないことを確認した上で支給される児童扶養手当の支給を受けており、前年の合計所得金額が135万円以下であるひとり親につきまして、個人市民税を非課税とする措置を講じるものでございます。

大田原市議会 2020-12-16 12月16日-05号

全員協議会等でも説明はありませんでしたので、事務局を通して個人で確認したところ、ホームページに掲載した予算編成方針をもって返答にかえたいという回答をもらいました。その後、改選前に全員協議会は行われず、改選後11月21日に下野新聞報道を通して、市長の2大イベント休止の発言を知りました。